Tag Archives: シルバーパレス

タイのバンコクで、北京ダックが自慢の「シルバーパレス」を紹介します。

名称未設定-2

シーロム通りのバンコク銀行本店すぐ近く、ソイピパット入口から進んで、左側にある中華料理店「シルバーパレス」。

バンコクでは創業29年で、すでに日本人のリピーターが多い老舗の中華料理店。円卓がたくさん並び、広い店内。どことなくレトロな装飾が老舗の中華店らしく、高級感もしっかりあります。さらには場所もシーロム通りからすぐと便利で、ビジネスでの利用におすすめです。また、個室もあるので、接待や家族行事にと改まったイベントにも使えます。

同店は、本場の香港料理をベースにしていて、盛り付けもどれも豪華で目でも楽しめる料理ばかり。「食材は厳選した物を使っているけれども、値段はリーズナブルにおさえています」と語るオーナー。

例えば、日本人に人気の北京ダックは、まるまる1羽でなんと850バーツ。そして、今ならプロモーション価格でなんと599バーツ。1羽で3人前以上の量があるので、ぜひ大勢で来てほしいとのこと。ビジネスや家族での予定がある人は、ぜひこの機会に利用してみて下さい。
そして、前菜でぜひ食べてほしいという、オーナーおすすめの一品が、彩り鮮やかで見た目も美しい「オリエンタルサラダ(350バーツ~)」。前菜といえば、ピータンなどがポピュラーですが、こちらは、同店オリジナルのメニューだそうで、味だけでなく見た目も楽しめます。トマト、ホウレン草、錦糸卵、メロン、リンゴ、ハム、ダックがきれいに並び、上には中華麺がトッピングしてあります。ピーナッツソースをよく絡めて食べますが、このピーナッツソースが、北京ダックや棒棒鶏などのソースのような、やみつきになる甘辛さが特徴。濃厚な味わいで、たっぷりソースをからめて食べてしまいます。特に固めに茹でた中華麺とソースの相性がよく、だから、麺も入っているんだと納得。また、ダックのしっかりした身と甘味のあるフルーツとの相性もとてもよく、考え出された組み合わせです。

また、日本人に人気というのがえび料理。どれも大振りのえびを贅沢に使っています。

豆腐の上にえびのすり身を乗せて蒸した「豆腐のエビすり身のせ蒸し(180バーツ~)」は、薄めの味つけのあんと、柔らかい豆腐がとても優しい味わいです。

もうひとつのおすすめは、日本人には定番のエビマヨネーズ。「エビフライのクリームソース和え(550バーツ~)」という名前でメニューに載っています。通常は特製のソースで味付けしていますが、わさびソースに変更することも可能です。甘辛く濃厚だけれども、しつこくないソースと、ぷりぷりしたえびの触感がたまりません。受け皿になっている麺の素揚げは、香港から取寄せた極細の麺だそうで、さくさくした触感をえびと一緒に楽しむのもよいです。

一方で、オーダー式の飲茶ビュッフェを499バーツを楽しむこともできます。ビュッフェがいやな人は通常メニューの注文も可能。

ビュッフェは、本格的な飲茶を中心にスープや炒め物、デザートなどのメニューがあり、とてもお得な内容となっています。通常メニューと同様の良質な食材を使っているので、まずはランチで味を試してみるのもおすすめです。ビュッフェタイムは平日はランチタイムのみの11時~2時の間、また、土曜日は11時~2時の間と、午後6時~10時の間に利用できます。車で来る場合は、建物内に無料で駐車可能です。

2013年12月5日 タイ自由ランド掲載

名称未設定-1