Tag Archives: エノキ

タイのバンコクで、エノキが食べられる店を紹介します。

名称未設定-1

前号にBTSオンヌット駅近くの食べ放題の店が載っていましたが、その店のすぐ近くにもっと有名な店があるので、そこを紹介しましょう。

「BEST BEEF ベストビーフ」という店で、車でスクムビット通りを走っていると、大きな看板が目に入ります。ビュッフェ形式でビーフを食べさせてくれる店です。

オープンエアででっかい。駐車場も70台ほどは大丈夫そう。ただ場所柄、車で来る人はBTSオンヌット駅を過ぎてUターンしなくてはならないので、ちょっとじゃまくさいです。

店内はとてつもなく広く、テーブルが向こうの方まで並んでいて、タイ人で結構にぎわっています。最初に店員にビュッフェ形式をたずねます。1人219バーツで2時間限定。ビールの飲み放題込みだと1人329バーツ。タイ人と来たので、1人219バーツ、シンハービールは1本95バーツのオーダーの方がお得と判断しました。

さて、オーダー形式のビュッフェですが、テーブルの上に置いてあるチェックシートは「タイ語」。日本人はオーダーできません!(タイ語が読めないと)

そのタイ語のシートにはビーフ各種、ポーク各種、イカ、えび、サラダ、エリンギ、キムチなどがのっており、チェックはいっしょにきたタイ人にまかせました。

ほどなく、タレがやって来て、1人3種のよう。1つはタイ人向けシーフードの辛いタレ。もう1つはマカームの辛いタレ、そして3つ目は何と、しょうゆダレでした。これは日本人にはよい!

そのうち、鉄板などがテーブル上で用意されて、マーガリンのようなものもやって来て、これなら牛肉はうまくやけるかも知れません。

そのあと次々にお皿がやって来て、さっそく牛タンを味見。タイ肉にしては結構、良質なお肉です。しょうゆダレにつけるとなかなかおいしい。

ただ、ここで気づいたことは、上にまわっている扇風機の追い風の席に座らないと、炭の火が飛び散ることですね。1人219バーツですから、これくらいはしょうがないと思います。さらにバターを敷いて焼いているので、結構、油が飛び散る。

昔の日本の焼肉のようですね。テーブル上は結構、ベタベタ。でもそれを差し引いても、なかなかコストパフォーマンスの高い食べ放題です。

まわりの席を見るとチムチュムの鍋をオーダーしていて、それもあるんですね。さらにエノキもオーダーができるようで、こちらも、エリンギとエノキを追加オーダーしました。

このエリンギのバター炒めがおいしかったです。歯ごたえもよく、コリコリしていて新鮮。素材は結構、いいものを使ってそう。だからタイ人でこれだけ人が入るのでしょう。少なくとも100人はいましたね。

近くに座った欧米人のグループは別途にメニュー表を見せられていたので、そこに食べ放題のメニューがのっているのでしょうか。日本人のグループが来た時もそうなるのでしょう。

タイ人向け焼肉で1人450バーツで食べ放題、などとやっている店がありますが、それと同等のクオリティーで、1人219バーツ、ビール飲み放題込みで329バーツは安いでしょう。

ちなみに、タイ自由ランドのタイ人スタッフ総勢で、2度もここで宴会を開いており、そのうち、19人で行ったときは6800バーツで、とっても安上がりで済んでいるので、会社の宴会にもいいかもしれません。

一度試してみて下さい。毎日営業で、午後4時から午後0時まで、予約もできるようです。
02-742-9416


名称未設定-2

BTSオンヌット駅周辺は、高層のコンドミニアムが次々に建てられ、様変わりしていますが、駅前にある簡易のタラートはそのまま残っています。夕方から賑わうところで、欧米人や日本人なども多く利用しています。

一方、タイ人はテイクアウトで利用する人が多い。その中でひときわ目立っていたのが、「名物パッタイ」の売り場で、年季の入ったおばさんが、大きな中華なべを使ってつくっていて、いつも6~7人が待っている状態でした。

それがいつの間にか、違うパッタイ屋さんになって、名物さんはいなくなってしまいました。
あの名物パッタイはどこに行ってしまったのだろうと

思っていると、向かいのソイ52の脇のところでひっそりと営業しているではないですかのを発見しました。結構、顧客も引き連れて移動していました。

おそらく、家賃が高くなって、頭に来たのか、家主とけんかして、タラートの場所を引き払ったのでしょう。

タラートにある時、何度か食べて、「普通の味だなあ」と思ったのですが、先日、そのタラートに新しく入ったパッタイを食べて、そのあと、ソイ52の脇に移った名物パッタイを食べてみると、やはり、おいしい。小エビもよいものを使っているし、ソースの味がよい、とあらためて、名物パッタイのよさがわかりました。1個40バーツです。夕方から開いています。

 

2014年1月5日 タイ自由ランド掲載