Category Archives: 整形、美容クリニック

タイのバンコクでフリーコピーを発行する「タイ自由ランド」が、整形、美容クリニックの情報を提供しています。

名称未設定-2

植毛手術(毛髪復元手術)は何故可能か?

人間の頭皮にあるそれぞれの毛髪小胞は、思春期より見られる様になりますが、男性ホルモンに対して敏感に反応するか、もしくはこれらのホルモンに対し敏感に反応する事なく一生涯成長し続けるか、その状態は出生前に遺伝的にプログラムされています。
効果的な植毛手術のために

毛包は全ての男性にあり、どんなに禿げた男性にも存在します。ホルモンの影響を受けにくい強い毛髪は後頭部の馬蹄形のエリアに集中しています。この部分を「ドナーエリア」と呼びます。植毛手術ではこの部分にある余分な毛髪と毛包を取り出し、頭のてっぺんもしくは前頭部の薄く禿げている部分に移植します。植毛手術は大変に簡単なもので、通常は入院も不要です。しかし、植毛手術を受ける際は慎重に医師や病院を選ぶ必要があります。ピチェット整形外科センターでは手術前に患者さんから丁寧にヒアリングし、患者さんの希望を良く理解した上で手術を進めます。バンコクで自毛植毛して若々しい頭髪を取り戻してください。

2016年10月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> ピチェット整形外科センターのホームページ

-> 整形-美容クリニック

 

ピチェット整形外科センターの広告

クリックすると拡大してご覧いただけます


 

->整形の情報

->美容クリニックの情報

->ピチェットの情報

スクムビット・ソイ26の「A‐RISA(エー・リサ)」で話題の脂肪溶解注射

BTSプロンポン駅から歩いて行けるスクムビット・ソイ26の「A‐RISA(エー・リサ)」。日本の大学で医学を学んだ皮膚学専門の女性医師ウサニヤー先生と、整形外科医のジュンポット先生が経営するクリニックで、日本語でカウンセリングができます。

今回紹介するのは、簡単に脂肪を減らせるという話題の治療法「メソセラピー(脂肪溶解注射)」。この治療法は、体の気になる部分に脂肪を分解する安全な薬を注射することで、体の脂肪が約一週間かけて溶けて、リンパの中に入って汗や尿とともに排出されるというもの。

さらには、「カーボメット」という炭酸ガスを皮下脂肪のある部分に注入する治療も合わせて受けるとさらに効果的。こちらは脂肪を分解するだけでなく、セルライトも溶かして、肌のコラーゲンも生成してくれる効果があります。

施術は各15分ずつで終わりますので、働いている人でも無理なく治療ができます。一度に急激に痩せるわけではないので、間を空けて3~5回ほど地道に繰り返す必要があります。

 

2016年9月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> 「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックのホームページ

-> 整形-美容クリニック整形-美容クリニック

 

名称未設定-6


 

->レーザー治療の情報

->整形手術の情報

 

 

 

目元たるみに悩む男性にも「A‐RISA(エー・リサ)」クリニック

タイではお馴染みのレーザー治療や整形。いくら費用が安いといってもやっぱり不安。そんな方におすすめしたいのが「A‐RISA(エー・リサ)」クリニック。 タイ人のご夫婦が経営されているこのクリニックはもちろん日本語可能で、相談料は無料。日本の大学で医学を学んで、一般診療も可能な先生方だから、さらに安心。

「二重まぶた手術」(2万5000~2万8000バーツ)や「まぶた修正手術」(3万5000バーツ)といった目もとの治療は、日本人にニーズの多い「あくまで自然」な目もとに仕上げることも可能です。実際に、他のクリニックで手術を受け、大きすぎる目になってしまい、修正手術に駆け込む方もいるそう。

また「切らない目元のたるみとり」(2万8000バーツ)は、整形手術に比べて時間がかからないメリットもあります。たるみに悩んでいる男性にも人気です。

エー・リサクリニックは、プロンポン駅4番出口から歩いて約5分程。院内にはベビーシッターもいて、お子様のいる方でも安心。

2016年8月20日 タイ自由ランド掲載

-> 「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックのホームページ

-> 整形-美容クリニック

 

「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックの広告


 

->美容の情報

->美容クリニックの情報

->美容整形の情報

ピチェット先生の整形外科センターで高く美しい頬を作る

バンコクでの整形・性転換ならピチェット先生の整形外科センターへご相談下さい。
 

同クリニックでは『頬の増加、頬の移植、えくぼの創造』など頬の整形手術も行っております。

高く突き出した頬骨はきれいな顔の要素のひとつです。今日では、この際立った特徴は移植によって作り出すことができます。若かった頃にお持ちしていた高くて形のいい頬骨を取り戻したい方、そのような物を持ったことのない方、頬移植手術があなたに劇的な変化をもたらせます。

多くの方にとって、頬移植手術はよりバランスの取れた顔の輪郭をもたらします。頬への移植片にはいろんな形や大きさのものがあります。

頬移植手術はバランスの取れた顔の輪郭をもたらし、非対称性あるいは生まれつきの欠点を修正してくれます。頬移植手術が他の手術とともに行われる場合は、移植片は他の手術でできた傷口から挿入されます。

頬移植手術だけが行われる場合には、移植片は歯ぐきに近い上唇の内部から挿入されます。傷口は体と違和感のない特殊糸で縫います。

体の動きおよびお食事の制限などの手術後の詳細な注意事項も同クリニックで指導します。
 

また、ピチェット先生のクリニックでは、事前の質問もメール、電話にて日本語で受付けております。

2016年8月20日 タイ自由ランド掲載

-> ピチェット整形外科センターのホームページ

-> 整形-美容クリニック

ピチェット整形外科センターの広告

クリックすると拡大してご覧いただけます


->整形の情報

->美容クリニックの情報

->ピチェットの情報

ソイ26の「A‐RISA(エー・リサ)クリニック」でホクロ・イボ・あざの除去 名称未設定-8

皮膚科医のウサニヤー先生と、整形外科医のジュンポット先生の常駐するソイ26の「A‐RISA(エー・リサ)クリニック」。

2人はタイ人のご夫婦で、過去に近畿大学で医学を学んだため、日本語が話せます。また、日本人のためのクリニックですので、説明も丁寧で、日本人の求めるニーズにあった治療、カウンセリングを行っています。

女性だけでなく、男性も気軽に通えるクリニックです。

多くの人には必ずほくろがあります。たくさんある人も珍しくありません。

ほくろは、多くの人では小児期から思春期にかけて増えてきますが、中には一生増え続ける人もいます。女性の場合、 ホルモン量の変化に対応して変化します。妊娠中はほくろができる、大きくなる、色が濃くなるなどの変化がみられます。一度できたほくろは自然には消えません。

皮膚の色が薄い人では、主に日光にさらされる部分にできます。患部表面が乾き、1~2日で膜(カサブタ)が張りましたらお化粧でカバーして頂けます。それほど目立つ状態ではありませんが、治療した部分は少し赤味がありますので、お化粧をされていない場合は、周囲の方も気付くかもしれません。

ほくろ除去は1個500バーツからの料金です。

 

 

 

 

 

2016年8月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> 「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックのホームページ

-> 整形-美容クリニック

 

「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックの広告


 

->美容の情報

->美容クリニックの情報

->美容整形の情報

 

 

 

 

 

名称未設定-5

●脂肪吸引手術
脂肪吸引はある特定の部分、例えば腹部、尻、臀部、腿、膝、上肢、あご、頬、首等より余分な脂肪を取り除き体型を整える処置です。脂肪吸引(脂肪切除、トウメセント、超音波脂肪吸引とも呼ばれています)はダイエットやエクササイズの障害となる脂肪沈殿を取り除き、スタイルやプロポーションを改善する手術です。

脂肪吸引によって身体のバランスを取り戻す事が出来ますが、ある部分は釣り合いがなくなってしまいます。この手術はその年齢と身長において標準体重の範囲にある患者さんに効果的です。

●腹部形成手術
腹部整形とは真ん中から下腹部にかけての余分な皮膚及び脂肪を取り除き、腹壁の筋肉を締める手術です。この手術によって出っ腹を劇的に萎める事が出来ます。

腹部形成手術は、ある特定個所から脂肪を取る脂肪吸引に較べ見た目に効果的です。しかし腰及びへそ周辺に傷跡が残ります。

人はそれぞれ違った構造上の問題を抱えており、各自にあった対処が必要になります。先生のクリニックで自分にはどんな形成手術、美容整形手術が必要なのか相談してみて下さい。

比較的スタイルは良いが脂肪がたくさん溜まっているか、もしくはダイエットや運動をしても解決出来ない腹部の弛んだ皮膚にお悩みの方(女性・男性)に、この腹部形成手術は最適です。 特に数回のお産によって腹部の筋肉及び皮膚が弛み、元の状態に戻らなくなってしまった女性の方には大変有効です。お年を召した年代の方で、肥満によって皮膚の弾力性が無くなってしまった場合も元通りになります。ただこれから将来お子さんを出産する予定の方はこの手術は受けないで下さい。腹部形成手術によって締まった筋肉は妊娠中に再び分離してしまう可能性があるからです。再び広がってしまった皮膚は元通りにならない可能性があります。クリニックでの検査にて、昔の腹部の傷を見てこれからの手術が可能であるかどうかチェックします。帝王切開やその他の手術の後に見られる様な腹部の傷は、この腹部形成手術にて目立たなくする事が出来ます。

この腹部形成手術によって外見が良くなりますし、自信を取り戻す事も出来るでしょう。ただ必ずしも理想通りのスタイルになるわけでもありませんし、他人の接し方が変わる訳でもありません。この手術によって何が得られるのかを良く考えてみて下さい。多くを望み過ぎない事が懸命です。

バンコクでの整形・性転換ならピチェット先生の整形外科センターへご相談下さい。事前の質問もメール、電話にて日本語で受付けております。

2016年8月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> ピチェット整形外科センターのホームページ

-> 整形-美容クリニック

 

名称未設定-4

クリックすると拡大してご覧いただけます


 

->整形の情報

->美容クリニックの情報

->ピチェットの情報

ピチェット先生の整形外科センターの脂肪吸引と腹部形成手術

●脂肪吸引手術
脂肪吸引はある特定の部分、例えば腹部、尻、臀部、腿、膝、上肢、あご、頬、首等より余分な脂肪を取り除き体型を整える処置です。脂肪吸引(脂肪切除、トウメセント、超音波脂肪吸引とも呼ばれています)はダイエットやエクササイズの障害となる脂肪沈殿を取り除き、スタイルやプロポーションを改善する手術です。

●腹部形成手術
腹部整形とは真ん中から下腹部にかけての余分な皮膚及び脂肪を取り除き、腹壁の筋肉を締める手術です。この手術によって出っ腹を劇的に萎める事が出来ます。

腹部形成手術は、ある特定個所から脂肪を取る脂肪吸引に較べ見た目に効果的です。しかし腰及びへそ周辺に傷跡が残ります。

比較的スタイルは良いが脂肪がたくさん溜まっているか、もしくはダイエットや運動をしても解決出来ない腹部の弛んだ皮膚にお悩みの方(女性・男性)に、この腹部形成手術は最適です。 特に数回のお産によって腹部の筋肉及び皮膚が弛み、元の状態に戻らなくなってしまった女性の方には大変有効です。お年を召した年代の方で、肥満によって皮膚の弾力性が無くなってしまった場合も元通りになります。ただこれから将来お子さんを出産する予定の方はこの手術は受けないで下さい。腹部形成手術によって締まった筋肉は妊娠中に再び分離してしまう可能性があるからです。再び広がってしまった皮膚は元通りにならない可能性があります。クリニックでの検査にて、昔の腹部の傷を見てこれからの手術が可能であるかどうかチェックします。

バンコクでの整形・性転換ならピチェット先生の整形外科センターへご相談下さい。事前の質問もメール、電話にて日本語で受付けております。

2016年7月5日 タイ自由ランド掲載

-> ピチェット整形外科センターのホームページ

-> 整形-美容クリニック

ピチェット整形外科センターの広告

クリックすると拡大してご覧いただけます


->整形の情報

->美容クリニックの情報

->ピチェットの情報

「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックでホクロ取り

生まれつき顔にあったホクロを「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックで取ってもらいました。年々ホクロが大きくなっているような気がしていたのですが、昨年ホクロから出血したこともあり、いつかは取ってしまおうと思っていました。

ホクロ取りは前もって予約を入れておいたので、順番待ちもなくスムーズです。受付で問診票を書いてから、ウサニヤー先生に診てもらい、すぐに処置室に向かいます。

そこそこの大きさだったのですが、麻酔クリームを塗ってからホクロの近くに麻酔を打ってってもらいます。すぐに麻酔も効いて、レーザーでホクロを取ってもらいました。レーザーで焼かれているような感じはありますが、痛みもほとんどなくあっという間に終了しました。

傷口が化膿しないように塗り薬と小さな絆創膏、それに抗生物質の飲み薬を頂きました。傷口は数日でふさがり、施術から3週間ほどでほぼ目立たなくなりました。ちょっと赤い色はしていましたが、男性なら特に気にならない感じです。鼻の皮膚は顔の中でも薄いので、ほかの場所よりは治るのに時間がかかるそうですが、その後は赤みも消え、今はほとんど目立ちません。

ホクロ取りは小さなものなら500バーツから出来るそうなので、タイ滞在中に気になるホクロは取ってしまいましょう。男性にもおすすめです。

 

2016年6月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> 「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックのホームページ

-> 整形-美容クリニック

 

「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックの広告


 

->美容の情報

->美容クリニックの情報

->美容整形の情報

 

 

 

 

 

名称未設定-9

日本の大学で医学を学んだウサニヤー先生とジュンポット先生が経営する「A‐RISA(エー・リサ)」クリニック。日本語での診察ができるため、日本人が多く通うクリニックです。男性患者も非常に多く、「ワキガ治療」は大変人気だそうです。

わきが(ワキガ・腋臭症)は、ワキの下、以外でも乳輪、外陰部、外耳道といった部位に存在しています。

このワキガを治療するための方法はいろいろありますが、ニオイの強い方と弱い方で治療法も異なってきます。

なお、ワキガ治療は日本に比べ、タイでは大変安く治療できるのもメリットです。

ワキガかどうか気になる方は、ワキガのセルフチェックをしてみてください。 1つでも該当する人は、ワキガの可能性があります。 

治療法①医師が直接目で確認しながらニオイの元となるアポクリン腺と汗の元となるエクリン腺を除去します。
治療法②ボトックス…ボトックスをワキの下に注入すると、アポクリン汗腺やエクリン汗腺といった汗腺の活動が抑制され、当然ニオイの軽減、つまりワキガの抑制も期待できるわけです。

ボトックスは1万5000バーツ、手術は3万5000バーツです。

2016年6月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> 「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックのホームページ

-> 整形-美容クリニック

 

名称未設定-8


 

->美容の情報

->美容クリニックの情報

->美容整形の情報

 

自毛植毛で毛髪を復元

植毛手術(毛髪復元手術)は何故可能か?

人間の頭皮にあるそれぞれの毛髪小胞は、思春期より見られる様になりますが、男性ホルモンに対して敏感に反応するか、もしくはこれらのホルモンに対し敏感に反応する事なく一生涯成長し続けるか、その状態は出生前に遺伝的にプログラムされています。

効果的な植毛手術のために毛包は全ての男性にあり、どんなに禿げた男性にも存在します。ホルモンの影響を受けにくい強い毛髪は後頭部の馬蹄形のエリアに集中しています。この部分を「ドナーエリア」と呼びます。植毛手術ではこの部分にある余分な毛髪と毛包を取り出し、頭のてっぺんもしくは前頭部の薄く禿げている部分に移植します。植毛手術は大変に簡単なもので、通常は入院も不要です。しかし、植毛手術を受ける際は慎重に医師や病院を選ぶ必要があります。ピチェット整形外科センターでは手術前に患者さんから丁寧にヒアリングし、患者さんの希望を良く理解した上で手術を進めます。バンコクで自毛植毛して若々しい頭髪を取り戻してください。

2016年6月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> ピチェット整形外科センターのホームページ

-> 整形-美容クリニック

 

名称未設定-6

クリックすると拡大してご覧いただけます


 

->整形の情報

->美容クリニックの情報

->ピチェットの情報

「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックで年齢にあった二重まぶたの整形

タイ人の夫婦が経営する「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックはもちろん日本語可能で、相談料は無料。日本の大学で医学を学んで、一般診療も可能な先生方だから、さらに安心。

「二重まぶた手術」(2万5000バーツ)や「まぶた修正手術」(3万バーツ)といった目もとの治療は、日本人にニーズの多い「あくまで自然」な目もとに仕上げることも可能です。

症状や程度にもよりますが、30代後半から40代以上の方の目の周りのシワについては、たるんだ皮膚を切除する「タルミ取り」の手術が必要です。目はその人の第一印象の決め手となり、目の周りがすっきりするとぐっと若い印象を与えます。

二重にするには3つの方法があります。

①上まぶたを切らずに、目の際から数ミリのところを特殊糸で縫いこんでいく方法。2~3年の維持が可能で、術時間40分ほど。即日、洗顔可能で術後の腫れが引くのは3、4日後です。この方法ですと、きれいな二重が実現しますが、目のたるみや目の周りの脂肪除去はできません。20代の方におすすめです。

②上まぶたの黒目の上の部分を数ミリ切り合わせ、両脇は特殊糸で縫いこむ方法。術時間は45~60分ほどで、7年ほど持ちます。目の腫れは1週間強続きます。脂肪除去もあわせてできて、30代前後の方に効果的です。

③上まぶたを目にそって切り合わせる方法。術時間は90分ほどで、10~15年ほどの維持が可能。腫れが引き始めるのは7~10日前後。目のたるみも脂肪も解決できます。筋力や皮膚が弱ってきた40代以上におすすめです。

2016年5月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> 「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックのホームページ

-> 整形-美容クリニック

 

 「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックの広告

 


 

->美容の情報

->美容クリニックの情報

->美容整形の情報

 

 

豊胸手術や顔の女性化も、性転換手術もお任せ

性転換手術とは?
性転換手術とは、正式には性別再判定手術といい、英語ではSRS (Sex Reassignment Surgery) と呼ばれています。性同一性障害の患者さんの精神的な性に体を合わせるため性的外見変える手術です。

2種類の性転換手術
性器を変える手術: 生まれたときの性を患者さんの精神的な性に転換すべく性器(乳房を含む)を変える手術です。性器を変えない手術: 患者さんの精神的な性に体をより近づけるため性器以外(乳房を含む)体の部分を変える手術です。性転換手術の前段階で患者さんのホルモン転換を行います。体が女として生まれた患者さんには男性ホルモン(アンドロゲン)、体が男として生まれた患者さんには女性ホルモン(エストロゲンやプロゲステロン)を投与します。これにより、患者さんの外見は希望の性にだんだん近づきます。

性転換手術のベストタイミングは?
性同一性障害を持った人にその症状が出始めるのは2~3歳のときだと言われています。性転換手術を早い段階で決断することにより、患者さんは自分の精神的な性と肉体的な性の矛盾に心を悩ます時間を短縮することができます。また、手術自体も幼いうちに行う方が成果が期待できます(これは特に男から女への性転換手術について明確です)。より簡単に手術後の環境に順応することができ、精神的な混乱も少なくて済むというメリットもあります。統計的に見ますと性転換手術を受ける年齢は18~21歳が最も多くなっています。性同一性障害を持つ人たちの多くが必ずしも性転換を求めていないこと、多くの国では未成年が性転換手術を受ける場合、親の許可を必要としていることがその主な理由として考えられます。

手術後の患者さんの気持ちは?
性転換手術を受けた患者さんのほとんどは、性を変えたこと自体に満足するそうです。しかし、その人たちの多くはしばしば自分の外見にいらいらします。例えば、「男から女へ」の手術をした患者さんには、ひげ、大きな手と足、声の質、のどぼとけの存在など、手術とホルモン提供では完全に変えられない部分に不満を感じます。
一方、「女から男へ」の手術をした患者さんには、新しい性器に不満を感じます。いずれにせよ、一番大切なのは、その人たちが自分の個性に合った性で生きて、まわりの人と心地よく接することができることです。

顔の女性化も重要
顔の女性化手術は、男性から女性への性転換(MtF)手術後に起こる可能性のある顔の骨格奇形症状の回避あるいは緩和のために行います。女性になるために性転換手術をした男性の顔がそのまま男性であったり、以前より男性的になったりすることは女性になりたいと願う患者さんにとり美的にも社会生活上でも大きな問題になります。

この種の顔の手術は女性化だけでなく、例えば事故により顔に大きなダメージを負ってしまった場合や顔に遺伝的奇形がある子供などの場合にも行われます。

なお、ピチェット先生の整形外科センターでは日本語にて、電話、メールでの質問を受け付けています。また、性転換手術の写真は、ホームページには掲載していませんが、ご希望の方は左下の広告内の連絡先にご連絡ください。

 

2016年5月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> ピチェット整形外科センターのホームページ

-> 整形-美容クリニック

 

名称未設定-1

クリックすると拡大してご覧いただけます


 

->整形の情報

->美容クリニックの情報

->ピチェットの情報

 

 

 

 

 

整形手術では、地元のタイのほか日本でも有名な、タイのヤンヒー病院で、最近の中国医療の人気を受けて、中国漢方治療センターを病院内に2000万バーツかけて設立し、漢方治療を行っていくとしており、当初は病院全体の収入で10%増を見込んでいる。

一般の薬を使わない漢方治療は、タイ人の間でも人気で、最近は針治療などもいたるところで行われている。

ヤンヒー病院では、漢方薬の充実を図り、不妊治療や高血圧、アレルギー、ストレス、心筋梗塞など、病院の治療では改善が難しい症状を、漢方などで治療していきたいとしている。

2016年5月20日 タイ自由ランド掲載

->ヤンヒー病院のホームページ

->タイのニュース


 

->タイのニュースの情報

->病院の情報

->漢方薬治療の情報

 

 

 

 


自然な二重まぶたになりたいという人はピチェット先生の整形外科センターへ

タイ・バンコクで安く安全にプチ整形。自然な二重まぶたになりたいという人は、ピチェット先生の整形外科センターへどうぞ。

二重まぶたの整形は美容外科の中で最も手軽に受けてもらえる手術のひとつです

一重の人が単に二重まぶたにしたいという美的な要望だけでなく、加齢により生じるまぶたのたるみ、腫れまぶた、左右非対称のまぶたもプチ整形の対象です。下のまぶたも整形が可能です。大きすぎるまぶたの膨らみ、シワ、クマなど様々な悩みも美容外科手術で簡単に解消します。

まぶたのプチ整形だけで患者さんの美容に関する要望に全面的に応えることはなかなか難しいのが現状です。そのような場合、美容外科のドクターは他の手術も同時にすることを勧めることがあります。

また、整形後のまぶたの形は年齢 や遺伝により変化してしまうこともあることを知っておくべきでしょう。

まぶたの脂肪吸引の成果はそのまま保たれますが、中には何年後かに新たに整形をする患者さんもいます。まぶたの整形手術の効果は術後2~3週間で現れます。

ピチェット先生のところでは、通訳は無料でつけてもらえます。料金も安心のパッケージ料金で、アフターケアもバッチリです。

質問は日本語OK。電話でも日本語でもどうぞ。

2016年4月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> ピチェット整形外科センターのホームページ

-> 整形-美容クリニック

 

名称未設定-19

クリックすると拡大してご覧いただけます


->整形の情報

->美容クリニックの情報

->ピチェットの情報

 

 

名称未設定-8

 

名称未設定-9

皮膚科医のウサニヤー先生と、整形外科医のジュンポット先生の常駐するソイ26の「A‐RISA(エー・リサ)」。

2人はタイ人のご夫婦で、過去に近畿大学で医学を学んだため、日本語が話せます。また、日本人のためのクリニックですので、説明も丁寧で、日本人の求めるニーズにあった治療、カウンセリングを行っています。

女性だけでなく、男性も気軽に通えるクリニックです。


多くの人には必ずほくろがあります。たくさんある人も珍しくありません。

ほくろは、多くの人では小児期から思春期にかけて増えてきますが、中には一生増え続ける人もいます。女性の場合、 ホルモン量の変化に対応して変化します。妊娠中はほくろができる、大きくなる、色が濃くなるなどの変化がみられます。一度できたほくろは自然には消えません。

皮膚の色が薄い人では、主に日光にさらされる部分にできます。患部表面が乾き、1~2日で膜(カサブタ)が張りましたらお化粧でカバーして頂けます。それほど目立つ状態ではありませんが、治療した部分は少し赤味がありますので、お化粧をされていない場合は、周囲の方も気付くかもしれません。

ほくろ除去は1個500バーツからの料金です。

 

2016年2月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> 「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックのホームページ

-> 整形-美容クリニック整形-美容クリニック

 

「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックの広告

 

 


->A‐RISAクリニックの情報

->ほくろ除去の情報

->レーザー治療の情報

->整形手術の情報

 

 

 

 

タイの「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックで安くワキガ治療

日本の大学で医学を学んだウサニヤー先生とジュンポット先生が経営する「A‐RISA(エー・リサ)」クリニック。日本語での診察ができるため、日本人が多く通うクリニックです。男性患者も非常に多く、「ワキガ治療」は大変人気だそうです。

わきが(ワキガ・腋臭症)は、ワキの下、以外でも乳輪、外陰部、外耳道といった部位に存在しています。

このワキガを治療するための方法はいろいろありますが、ニオイの強い方と弱い方で治療法も異なってきます。

なお、ワキガ治療は日本に比べ、タイでは大変安く治療できるのもメリットです。

ワキガかどうか気になる方は、ワキガのセルフチェックをしてみてください。

1つでも該当する人は、ワキガの可能性があります。 

治療法①医師が直接目で確認しながらニオイの元となるアポクリン腺と汗の元となるエクリン腺を除去します。
治療法②ボトックス…ボトックスをワキの下に注入すると、アポクリン汗腺やエクリン汗腺といった汗腺の活動が抑制され、当然ニオイの軽減、つまりワキガの抑制も期待できるわけです。

なお、治療費は現金支払いで、3%オフです。

2016年1月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> 「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックのホームページ

-> 整形-美容クリニック

 

A‐RISA(エー・リサ)」クリニックの広告

タイで整形手術やレーザー治療は「エーリサ・クリニック」

タイでは整形手術や、レーザー治療でのシミとりなど、日本の何分の一の値段でできて、とにかく格安。そして、医療レベルも高いので、安全面でも問題なし。というのはよく聞きますが、異国の地で、いざ治療を受けようとすると、やはり勇気がいります。

そんな人におすすめなのが、スクムビット・ソイ26にある「エーリサ・クリニック」。

皮膚学専門のウサニヤー先生と、整形外科医のジュンポット先生が経営するクリニックで、夫婦の2人は、以前日本の近畿大学で医学を学んでいたため日本語がしっかり通じます。

また、同クリニックは患者のほとんどが日本人のため、日本人の不安な点や、日本人好みのスタイルなども熟知しているので、整形を行なう際も、とても自然なスタイルを提案してくれます。

また、整形というと身構えてしまいますが、例えば、脂肪吸引より安全で、脂肪を溶かして尿や汗と一緒に排出する「メソセラピー」や、レーザー治療よりも負担が少なく、少しずつ回数を重ねて、肌のシミ・シワ・くすみを取り除く「IPLフォトフェイシャル」。そのほか、1箇所500バーツから対応してくれるホクロとりなどがあるので、タイに住んでいるうちに、安い費用で、治療しておきたいものです。

美容クリニックといえば、女性が通うイメージですが、同クリニックでは実際に男性患者もとても多く、年齢も若い人に限らず中年~年配の層もとても多いといいます。治療内容としては、ワキガ治療や目の下のたるみとりなどが人気で、女性が美しくなるだけでなく、男性も若々しく、健康的に変身できます。

このように、同クリニックでは皮膚に関することから、美容整形まで幅広く日本語で対応してもらえますので、タイで一度クリニックに行ってみたいという人は「エーリサ・クリニック」へどうぞ。

2014年12月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> 「エーリサ・クリニック」のホームページ

-> 整形、美容クリニック

 

「エーリサ・クリニック」の広告

 

 

ピチェット整形外科センターへ世界各国から患者が訪れる

タイで美容整形・性転換手術を考えている人はピチェット整形外科センターへどうぞ。ピチェット先生は形成外科医として長年活躍してきた実績があり、その腕が認められ、毎日、世界各国から患者がやってきます。もちろんその中には日本人もたくさん含まれています。

医療の進んでいるアメリカやヨーロッパの国からわざわざやってくる患者も多く、仕上がりはもちろんのこと、入院中の環境手配やスタッフのケア、手術前後のピチェット先生のアドバイスなど手厚いケアが好評で、母国の医療以上の満足を得たという声も多数あがっています。

気になる料金は、すべてパッケージ料金となっており、カウンセリング、検査費、入院費とすべてコミコミの料金です。

2015年11月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> ピチェット整形外科センターのホームページ

-> 整形-美容クリニック

 

ピチェット整形外科センターの広告

クリックすると拡大してご覧いただけます

 タイのピチェット整形外科センターで安く安全に整形

日本ではプチ整形は、気軽にエステに行くように利用するようになっている。しかし、値段の方は気軽に、とはいかない。その点、タイならその何分の1の値段でできて、術後はゆっくりと休めるのも魅力。ピチェット先生のセンターでは、簡単なシミとりなどはその場でできるが、ほとんどの整形は近くのカセマラート病院で安全管理の元に行う。入院も専用の個室で何の問題もない。アフターケアも万全。

2015年11月5日 タイ自由ランド掲載

-> ピチェット整形外科センターのホームページ

-> 整形-美容クリニック

 

 

ピチェット整形外科センターの内容

クリックすると拡大してご覧いただけます

 

 

名称未設定-2

日本の大学で医学を学んだウサニヤー先生とジュンポット先生が経営する「A‐RISA(エー・リサ)」クリニック。日本語での診察ができるため、日本人が多く通うクリニックです。男性患者も非常に多く、「ワキガ治療」は大変人気だそうです。

わきが(ワキガ・腋臭症)は、ワキの下、以外でも乳輪、外陰部、外耳道といった部位に存在しています。

このワキガを治療するための方法はいろいろありますが、ニオイの強い方と弱い方で治療法も異なってきます。

なお、ワキガ治療は日本に比べ、タイでは大変安く治療できるのもメリットです。

治療法①医師が直接目で確認しながらニオイの元となるアポクリン腺と汗の元となるエクリン腺を除去します。

治療法②ボトックス…ボトックスをワキの下に注入すると、アポクリン汗腺やエクリン汗腺といった汗腺の活動が抑制され、当然ニオイの軽減、つまりワキガの抑制も期待できるわけです。

なお、治療費は現金支払いで3%オフ。

 

2015年10月20日 タイ自由ランド掲載

-> 「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックのホームページ

-> 整形-美容クリニック

 

「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックの広告