Category Archives: 引越し

タイのバンコクでフリーコピーを発行する「タイ自由ランド」が、引越しの情報を提供しています。

日本への小荷物はクロネコヤマト

日本への小荷物を約5日間で日本の配達先までお届けします。スクムビット、シーロム地域は集荷に伺います。(ただし、ホテル等によっては伺えない場所もあります)

集荷地域以外は、弊社にお持込みいただければ、お取り扱い可能です。

お支払方法は、次の2つからお選びください。
①発送費はタイ側、日本での関税・消費税は日本側でのお支払い
②すべての費用を日本側でお支払い
(法人様の場合は全ての費用をタイ側でのお支払いも可能です)

集荷の際は弊社のドライバーが必要用紙をお持ちします。または、弊社ホームページからのダウンロードも可能です。

※お取り扱い可能な品目には制限がございますので、詳しくは弊社ホームページをご覧ください。

2016年9月5日 タイ自由ランド掲載

->クロネコヤマト(タイ)のホームページ

-> 引越のページ

 

naa1


 

->引越しの情報

 

日本への帰国、あるいはバンコクへから海外への赴任が決まったら引越しは「クロネコヤマト」へ。

まず、引越しの手順から説明します。
①打ち合わせ…資材の準備から日程まで、一切のご相談をさせて頂きます。

②荷造り…壊れものから大型家具まで、専門チームが丁寧に梱包します。衣類などを事前にご自身で荷造りすることも可能。その場合でも、梱包資材はすべて当社でご用意します。

③輸出梱包…荷物を引き取り後、長距離運送と盗難などの危険防止に備え、外装梱包します。

④航空・海上運送…輸出通関に必要な書類を作成し、税関に申告します。輸出許可後、海上・航空コンテナに積込み、仕向地に向け出荷します。日本への輸送の場合、荷物の引き取りからお届けまで航空輸送で7~10日、海上輸送で約1ヵ月かかります。

⑤仕向地到着…荷物の到着予定をお客様にご案内。到着後は、通関が終了次第お客様にご連絡し、配達希望日を伺います。

⑥配達・家内搬入…家具の据え付け、使用済資材の回収なども、お気軽にお申し付け下さい。

2016年7月20日 タイ自由ランド掲載

 

->クロネコヤマト(タイ)のホームページ

-> 引越のページ

 

名称未設定-7


 

->引越しの情報

 

 

名称未設定-6

日本への帰国、あるいはバンコクへから海外への赴任が決まったら、引越しは「クロネコヤマト」へどうぞ。

ご予約時期は『帰任が決まり次第』がベストです。「帰任時期がまだ先であるから…」とご連絡を躊躇されるお客様がいらっしゃいますが、スムーズな引越しをするためには早すぎるということはありません。スケジュールや禁制品についてのご案内も、早い時期に下見をさせていただけますとご案内がスムーズです。

また、特に3月4月は混雑しますので早めの連絡をお勧めします。

下見からお預かりまでに、荷物量が変わる場合は、その旨をお知らせいただければ、それも勘案したお見積作成が可能です。
弊社の引越しの手順を説明します。

①打ち合わせ…資材の準備から日程まで、一切のご相談をさせて頂きます。

②荷造り…壊れものから大型家具まで、専門チームが丁寧に梱包します。衣類などを事前にご自身で荷造りすることも可能。その場合でも、梱包資材はすべて当社でご用意します。

③輸出梱包…荷物を引き取り後、長距離運送と盗難などの危険防止に備え、外装梱包します。

④航空・海上運送…輸出通関に必要な書類を作成し、税関に申告します。輸出許可後、海上・航空コンテナに積込み、仕向地に向け出荷します。

⑤仕向地到着…荷物の到着予定をお客様にご案内。到着後は、通関が終了次第お客様にご連絡し、配達希望日を伺います。

⑥配達・家内搬入…家具の据え付け、使用済資材の回収なども、お気軽にお申し付け下さい。

2015年12月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> クロネコヤマトのホームページ

-> 引越のページ

名称未設定-5

名称未設定-4

日本へのご帰国が決まると、会社での諸手続きやお子様の学校の事など何かと慌しくなりますね。

 

引越作業はいつ頃行うのか、荷物は日本のご自宅にいつ頃届くのかなど、大まかに予定が見えてくると、今後のスケジュールも立てやすくなります。

帰国が決まったらまず商船三井引越センターまでご連絡ください。弊社日本人スタッフがご自宅に伺い、会社規定に合わせて荷物量をチェック致します。

 

日本に荷物を発送する際の注意事項、書類の作成方法、作業の流れ、保険等についても説明致します。

当社では、タイ側での全量梱包、日本側での全量開梱をスタンダードとしております。気持ちの良い引越しができるよう、きめ細かいサービスを心掛けておりますので、是非お気軽にご連絡ください。


引っ越しの手順

年末も近づき、日本への一時帰省や、小旅行の計画を立てている人も多いこの時期。さて、その中に、実は来年の本帰国が決まっているという人はいないでしょうか?そんな人は、12月の今の時期から引越し準備を始めましょう。

最優先にすべきことは、引越し業者の選定と予約。あまりに早い時期だからと躊躇する人も多いそうですが、本帰国が決まり次第、予約をしてしまうのをおすすめします。

まずは、電話で予約をし、作業日を仮押さえしておくのがベスト。その後は①日程調整と②荷物の仕分けを進めていくことが引越しをスムーズにするコツと「商船三井引越センター」日本人担当者からのアドバイス。

電話予約の後は、引越し業者の日本人担当が下見に来てくれて、荷物の量をチェックしたり、「日本に送れるもの、送れないもの」等を注意事項として下見の際に案内してくれます。

 

2015年12月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> 商船三井引越センターのホームページ

-> 引越のページ

 

名称未設定-3

クリックすると拡大してご覧いただけます

 タイヤマト運輸株式会社では日本への小荷物を約5日間で日本の配達先までお届けします

タイヤマト運輸株式会社では日本への小荷物を約5日間で日本の配達先までお届けします

 

日本への小荷物を約5日間で日本の配達先までお届けします。スクムビット、シーロム地域は集荷に伺います。(ただし、ホテル等によっては伺えない場所もあります)

 

集荷地域以外は、弊社にお持込みいただければ、お取り扱い可能です。(受け付けは平日8時半~17時半、土曜日8時半~17時半)

お支払方法は、次の2つからお選び下さい。
①発送費はタイ側、日本での関税・消費税は日本側でのお支払い

②すべての費用を日本側でお支払い

(法人様の場合は全ての費用をタイ側でのお支払いも可能です)

 お取扱いできるお荷物は重量25㎏以内、サイズは縦横高さの合計が160cm以内となります。また、お荷物発送の際にはインボイス(お荷物内容明細)が必要になります。集荷の際は弊社のドライバーが必要用紙をお持ちします。または、弊社ホームページからのダウンロードも可能です。

※お取り扱い可能な品目には制限がございますので、詳しくは弊社ホームページをご覧下さい。

2015年5月20日 タイ自由ランド掲載

-> タイヤマト運輸株式会社のホームページ

 

タイヤマト運輸株式会社の広告

タイヤマト運輸株式会社の広告

 

 

 

タイでの広告は料金と効果を考えれば断然、タイ自由ランドです

タイでの広告は料金と効果を考えれば断然、タイ自由ランドです

 

タイに住む日本人とともに、日本に住む日本人でタイに来る人などに、効果的に告知するのはタイ自由ランドの広告が一番です。

何といっても、広告料が断然安い! 広告というのは3ヵ月載せてすぐ効果が出るものでもありません。1~2年と継続して、衆知していくのがよい。

そういう意味でタイ自由ランドの広告料は、ほぼ名刺サイズでは、1年契約をすれば1ヵ月分2回掲載で、4640バーツという値段です。広告料を切り詰められるのがわかると思います。

この料金に含まれるものとして、


①広告掲載が基本として上げられます。広告内は毎回変更が可能で、デザイン等はもちろん、編集部が作成します。

②編集部による取材、記事の作成が料金に含まれます。これは広告枠とは別に紙面に設けられるもので、広告だけでは伝わらない店の雰囲気等がこの記事により、より印象深くなり、集客効果が見込めます。

③紙面に載せた記事と広告をホームページ1ページ分として作成します。


まだホームページがない、という店もこの1ページ分を宣伝に利用できます!

④店の詳細をホームページ1ページ分として作成します。これにより「店の名前、バンコク」でグーグル検索しますと、ほぼ1位、あるいは3位以内には表示されます。このページを御社のフェイスブック等にリンクさせるため、御社のサイトも検索で上位に上がっていきます。これにより、日本にいて、タイに来る日本人の目にも留まりやすくなります。

これらすべての作業が上記の広告料金のなかに含まれます。

広告料金と広告効果を考えれば断然、タイ自由ランドです。特に新規でレストランを出される方など、下の広告内の阿久根までどうぞ。

2015年2月20日 タイ自由ランド掲載

-> タイ自由ランド広告募集

-> タイ自由ランドのホームページ

 

タイ自由ランド広告募集

タイ自由ランド広告募集

 

 

引越しのポイントは?手順を覚えて スムーズな引越しを!

引越しのポイントは?手順を覚えて スムーズな引越しを!

本帰国のシーズンがやってきました!
引越し予定のある人は、もう予約は済んだでしょうか?混み合うこの時期は、まずは、予約が最優先!まだの人は、余裕を持って準備しましょう。

さて、今回は日本への引っ越しの一般的な手順をフローチャートにまとめました。

海外引越しは日系の専門業者に頼むのが安心。しっかりサポートしてくれて、関税手続きなど分からないことにも丁寧に答えてくれます。 引越し当日も業者にお任せできますが、「貴重品を船便の箱に入れてしまった…」など、重大なミスがないように、予め、できることをしておくのがよいです。

荷物の仕分けと必要書類の準備は特にしっかりと!

手荷物、航空便、船便それぞれきちんと仕分けておけば、当日もスムーズです。


商船三井引越センター

「タイから日本へのお引っ越しは、小規模なものでも責任を持ってサービスを提供するのがモットー」というのが、「商船三井引越センター」。

同社の日本人担当者より、『今年は既にお引越しの繁忙期に突入しております。日本帰国のご予定御座いましたら、なるべくお早目にお問い合わせ下さい』とのことです。

商船三井引越センターは日本人スタッフが常時控えており、メンテナンス・スタッフも抱えているのが強み。細かなところまで面倒見てくれないんじゃないの? なんて心配はご無用です。

全ての工程で、「外部の業者に仕事を投げない」というのがウリで、それによって一貫したきめ細かなサービスができるということです。

-> 商船三井引越センターのホームページ

-> 引越のページ

商船三井引越センターの広告

商船三井引越センターの広告

 


クロネコヤマト

日本への帰国、あるいはバンコクへから海外への赴任が決まったら引越しは「クロネコヤマト」へ。

まず、引越しの手順から説明します。

①打ち合わせ
資材の準備から日程まで、一切のご相談をさせて頂きます。

②荷造り
壊れものから大型家具まで、専門チームが丁寧に梱包します。衣類などを事前にご自身で荷造りすることも可能。その場合でも、梱包資材はすべて当社でご用意します。

③輸出梱包
荷物を引き取り後、長距離運送と盗難などの危険防止に備え、外装梱包します。

④航空・海上運送
輸出通関に必要な書類を作成し、税関に申告します。輸出許可後、海上・航空コンテナに積込み、仕向地に向け出荷します。日本への輸送の場合、荷物の引き取りからお届けまで航空輸送で7~10日、海上輸送で約1ヵ月かかります。

⑤仕向地到着
荷物の到着予定をお客様にご案内。到着後は、通関が終了次第お客様にご連絡し、配達希望日を伺います。

⑥配達・家内搬入
家具の据え付け、使用済資材の回収なども、お気軽にお申し付け下さい。

-> クロネコヤマトのホームページ

 -> 引越のページ

クロネコヤマトの広告

クロネコヤマトの広告

 

2015年2月5日 タイ自由ランド掲載

 

 

 

 

名称未設定-1

 

2月ごろから始まる、日本への本帰国ラッシュ!どこも大変込み合いますので引越しの手配はお早めにどうぞ。

帰国の荷造りをしていると、どんどん出てくる不用品。まだ使えるけれども日本に持って帰れない物もある。そんなときにぜひ活用してほしいのが、バンコクにあるリサイクルショップの買取りサービス。家具や家電を買い取ってくれる店もあり、場合によっては家まで買取りに来てくれます。また、小さい物なら、そのまま店舗に直接持ち込んでもOK。

どうせ捨てるのなら有効活用してみてはいかがでしょうか。ささやかながら、お金になって返ってくるのもうれしいです。


 

名称未設定-4

名称未設定-2

日本への小荷物を約5日間で日本の配達先までお届けします。スクムビット、シーロム地域は集荷に伺います。(ただし、ホテル等によっては伺えない場所もあります)

集荷地域以外は、弊社にお持込みいただければ、お取り扱い可能です。(受け付けは平日8時半~17時半、土曜日8時半~17時半)お支払方法は、次の2つからお選びください。
①発送費はタイ側、日本での関税・消費税は日本側でのお支払い
②すべての費用を日本側でお支払い
(法人様の場合は全ての費用をタイ側でのお支払いも可能です)
※お取り扱い可能な品目には制限がございますので、詳しくは弊社ホームページをご覧ください。


名称未設定-5

海外引越し、なんと80年以上、独自のノウハウで梱包からお届けまで安心してお任せできる「商船三井」。

見積もりから引越し当日まで、日本人スタッフが対応します。

通常、海外引越しは、勤務先の会社規定によって、航空便と船便を併用される人が多いですが、荷物の種類や大きさにより、航空便、または、船便のみで発送する方が、的確で、安く手配できる場合もあります。見積もり・下見の際にアドバイスできますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

引越し当日は、送るものを仕分けしておくだけで、梱包は弊社スタッフがすべて行います。

要望に応じて適宜プランを用意できますので、なにか心配ごとがあるという方、まずはご相談下さい。


名称未設定-6

日本人が対応、査定も適正価格で行ってくれると好評のリサイクルショップ「トーキョー・ジョー」。本帰国の準備に、ぜひ同店を活用下さい。

ソイ39のプロンポン店では、不用品を持込みいただければその場で買取るサービスを行っております。また、不用品が多い、大きいという場合は、あらかじめ電話をいただくと出張で買取りにも伺います。2月ごろから予約で混み合ってきますので、余裕をもって連絡下さい。

本帰国時の買取り品は毎年本当に様々です。食器や生活雑貨の小物類から、飲まないお酒なども買取ります。また家具・家電など大きい物もお任せ下さい。さらには、服やカバン、アクセサリーも適正価格で査定しますので、大切なブランド品も誠意を持って買取り致します。

買取りが決定した場合は、その場で現金でお支払い致しますので、お小遣いもゲットできます。

本帰国の準備に、ぜひ同店を活用下さい。下の広告も参照で。

本帰国の準備は早めに!リサイクル、引越し

本帰国の準備は早めに!リサイクル、引越し

 


名称未設定-7

本帰国の際に出てきた不要な日本の本はぜひ「サンブックス」にお持込み下さい。

プロンポン駅からすぐの日本の古書店「サンブックス」では、店頭にて1冊から買取りを行っております。また、50冊以上ならご自宅まで伺います。電話かメールで日本語でお問い合わせ下さい。

なお、店頭で申し込みができるサンブックスカードの利用をおすすめします。このカードを利用すれば、合計額100バーツ以上で本を購入した場合は、合計額から10%割引します。本の買取りの場合は25パーセント増額しますという、大変お得なカードです。
なお、同店の隣ではリサイクルショップの「サンミックス」も営業中。スクムビットエリアでは出張買取りも行っております。電気製品、衣類、食器、ベビー用品、おもちゃ、靴、傘、棚、衣料品、アクセサリー、自転車、キッチン用品など買取ります。
パソコン関係の電化製品で使用できない物や、状態によっては買取りできない物もありますので、まずはご相談下さい。

本帰国の準備は早めに!リサイクル、引越し

本帰国の準備は早めに!リサイクル、引越し

 

写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。


 

 

 

 

国際宅急便と海外引越しの「ヤマト運輸」

国際宅急便と海外引越しの「ヤマト運輸」

海外引越しから、国際宅急便まで、慣れない海外での運送サービスは、日本でもお馴染みクロネコマークが目印の「タイヤマト運輸」にお任せください。

まず、国際宅急便ですが、タイから日本まで約5日間、ご希望先へお届けいたします。営業時間内であれば、スクムビット、シーロム地域では集荷サービスを行っております。また、発想後はヤマトの追跡システムにて配達状況の確認ができます。

なお、配達料金は荷物引取りから配達までを含んだ、明解かつ良心的なパック料金。お支払いは、初払い、関税のみ着払い、完全直払いの3つより選べます。

一方で、海外引越しはタイから日本、またはタイから日本以外の国や地域へもお任せです。経験豊かなプロフェッショナルが対応しますので安心です。

荷造りから梱包作業、荷物管理、運送、税関処理まで一括してサポートいたします。まずは、無料のお見積もりから、ぜひお問い合わせください。

2014年7月20日 タイ自由ランド掲載

国際宅急便と海外引越しの「ヤマト運輸」の広告

「ヤマト運輸」の広告

海外引越し、なんと80年以上、独自のノウハウで梱包からお届けまで安心してお任せできる「商船三井」。

見積もりから引越し当日まで、日本人スタッフが対応します。

通常、海外引越しは、勤務先の会社規定によって、航空便と船便を併用される人が多いですが、荷物の種類や大きさにより、航空便、または、船便のみで発送する方が、的確で、安く手配できる場合もあります。見積もり・下見の際にアドバイスできますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

引越し当日は、送るものを仕分けしておくだけで、梱包は弊社スタッフがすべて行います。

梱包時には、海外輸送に適した、どの部屋からの荷物か人目で分かる、チャック欄付き専用カートン(段ボール)を用意していますので、配送先の各部屋へ迅速な搬入が可能です。

要望に応じて適宜プランを用意できますので、なにか心配ごとがあるという方、まずはご相談下さい。

2014年7月20日 タイ自由ランド掲載

海外引越しの「商船三井」 の広告

海外引越しの「商船三井」