Category Archives: 居酒屋さん

タイのバンコクでフリーコピーを発行する「タイ自由ランド」が、居酒屋の情報を提供しています。

「焼肉処 一休」では12月は毎日先着10組飲み放題!

「焼肉処 一休」では12月は毎日先着10組、ビール飲み放題!
飲み放題をオーダーの際は、スタッフに「一休」とお伝えください。

一休には個室が3室あり(8人のテープル席2室、12人の小上がり1室)忘年会や新年会にもご利用ください。

月~木曜日は生ビールご注文で、無料でもう一杯ご提供いたします。また焼肉の盛合わせセットご注文で、マッコリ(950ml)をプレゼントしております。

日本人オーナーの管理が、しっかり行き届いており、安心して食事をお楽しみいただけます。ランチ営業もしています。

場所はトンローソイ13の日本村の真向かいで店頭に駐車できます。

2016年12月5日 タイ自由ランド掲載

 

->焼肉処「一休」のホームページ

->焼肉処「一休」のページ

-> 焼肉処「一休」のFacebook

->焼肉店

 

名称未設定-8

 


->焼肉の情報

->居酒屋の情報

->ランチセットの情報

忘年会や新年会もどうぞ!居酒屋「栄ちゃん」

この時期、忘年会や新年会で利用してもらいたいのが居酒屋「栄ちゃん」。メニューは150種類ほどあり、どれもとってもリーズナブル。1階では8人のグループなどもOK。2階では20~30人まで入れる部屋がある。貸切なら100人まで大丈夫。ウィスキー、焼酎、日本酒などのお酒持ち込みは無料だから、予算を切りつめて開きたい人にはピッタリ。

17年、ソイ22で営業している店で、タイ人のママさんが店の管理をしているから、とっても規律が守られている。日本人に居心地よく飲んでもらいたいと、サービスや料理には細心の注意を払っている。

今なら生ジョッキのアサヒが100バーツのところ、69バーツで提供している。店内ではたばこもOK。焼酎の飲み放題は1時間350バーツ、2時間なら600バーツだ。

メニューでは、ママさんのお勧めは白菜のおしんこや牛スジ煮込み、肉じゃが、メンチかつ、ハンバーグなど。

そのほか、豚バラ鍋は2~3人用で、それでいて200バーツほどだから安い。味は東京の味がベースとなっている。

4人以上ならコース料理も提供でき、1人500バーツで対応している。そのほか、釣りでバンセレーやパタヤなどで釣った魚を持ち込んで料理もしてもらえ、その費用はかからない、という太っ腹だ。

2016年12月5日 タイ自由ランド掲載

->居酒屋「栄ちゃん」のページ

->タイの日本料理店

->居酒屋さん

 

名称未設定-6



 

->日本料理の情報

->居酒屋の情報

「天下一 焼きとん 焼き鳥 なぎ屋」プラカノン店はワンフロアで100名の宴会ができる広々とした店舗

本物の日本の味をバンコクで楽しめる「天下一 焼きとん 焼き鳥 なぎ屋」。備長炭で焼きあげる焼きとん、焼き鳥、日本の店舗と同じスープで仕上げる、個性的な鍋の数々。日本そのものの雰囲気の中で味わう、寿司、刺し身、海鮮焼き……。本物の「日本の味」がここにあります。

新しくオープンしたプラカノン店は、ワンフロアで100名の宴会ができる広々とした店舗。大型プロジェクターもあり、アイデア次第でいろいろな使い方ができます。敷地内に屋根つきの専用駐車場があり、バリアフリーにも対応。週末、ランチ営業中です。

プラカノン店は、ワンフロアで100名の宴会

プラカノン店の営業時間は、月~金17時~24時(L・O23時)土日祝11時~24時(L・O23時)です。

アソーク店は、団体個室、カラオケがあるので宴会に最適です。アソーク店の営業時間は17時~24時(L・O23時)

アソーク店は、団体個室、カラオケ

もつ鍋と言えばなぎ屋の名物!他所にはないビジュアルを意識して完成したニラタワーもつ鍋はなぎ屋の大人気メニュー。

もつ鍋の他、豚鍋、鳥鍋、鳥すき、牡蠣鍋などがあります。スープは王道あっさり味噌、白いこってり味噌、キムチ、魚介系醤油が選べます。もつのプリップリ感、脂の甘みは日本国産和牛もつならでは!
脂の染み込んだスープに〆はお好みで雑炊、中華麺、うどんをご用意。どのスープでも中華麺の相性は抜群です。ぜひお試しください。

2016年12月5日 タイ自由ランド掲載

 

->天下一 焼きとん 焼き鳥 なぎ屋のホームページ

->天下一 焼きとん 焼き鳥 なぎ屋のページ

-> 天下一 焼きとん 焼き鳥 なぎ屋のFacebook

->居酒屋さん

 

名称未設定-1


->やきとりの情報

->居酒屋の情報

->日本料理の情報

 

トンローソイ9の「串かつだるまトンロー店」ではタイ自由ランド読者にドリンク一杯無料でサービス

トンローソイ9の「串かつだるまトンロー店」では、タイ自由ランド読者に、ドリンク一杯無料でサービスいたします。(生ビール・チュウハイ・ハイボール・ソフトドリンク)。スタッフに「タイ自由ランドを見た」とお伝えください。

だるまの串かつの衣はきめが細かいので口の中を刺激せず、ちょうど良い大きさで、 女性やお子さんでも食べやすくなっています。

「串かつ食べ放題」も実施しており平日はBコース11時半~14時、17時~18時、21時~22時半、土日祭日はAコース11時半~14時迄となり沢山のお客様で賑わってます。

深夜2時まで営業(日曜除)しており、平日はハッピーアワーで生ビールなどが50B、「飲み放題」、居酒屋メニューも充実、無料駐車場も完備。もつ鍋、鳥白湯ラーメンや夜定食もお勧めです。

使い勝手&コスパが良い串かつだるまトンロー店へ、ぜひお越しください。年末年始も休まず営業いたします。(元日のみ17時から開店)下の広告も参照で。

2016年12月5日 タイ自由ランド掲載

 

->串かつだるまのホームページ

->串かつだるまのページ

-> 串かつだるまのFacebook

->タイの日本料理店

->居酒屋さん

 

串かつだるまの広告


 

->串かつの情報

->居酒屋の情報

 

老舗日本料理店博多の12月のお薦めは焼き鳥串盛りとにんにくミルフィーユカツ

老舗日本料理店博多の12月のお薦めは、焼き鳥串盛り5本270バーツとにんにくミルフィーユカツ250バーツです。ぜひお試しください。

駐車場は博多とフォーウィングスホテルの間のソイにあります。満車の場合は、フォーウィングスホテルの駐車場2時間無料で利用できます(一人様500バーツ以上の飲食をされたお客様に限ります)。

博多、浪花、レストランバー・アウタールーム、カラオケスナック花みずきを運営してるエナミグループの公式アプリがございます。http://introduction.bp-app.jp/th/enami/

各店舗共通でお会計1000Bごとに1スタンプ、16個貯まると500Bの電子クーポンを差し上げます。お得な情報も配信していきます。

博多の2階には、忘年会や新年会にぴったりな個室も揃っています。座敷部屋、テーブル個室があり、用途に応じてお選びください。

2016年12月5日 タイ自由ランド掲載

-> 博多のページ

->居酒屋のページ

->エナミグループの公式アプリのホームページ

-> Outer RoomのFacebook

->浪花のページ

->花みずきのページ

 


名称未設定-5

 


 

->博多の情報

->居酒屋の情報

->日本料理の情報

 

日本料理店「酒茶翁」の天然物の鯛の造り

エカマイにある隠れ家的な日本料理店「酒茶翁」では2ヵ月ごとに変わるメニューが好評で、伝統的和食と共に、和食の型にとらわれないユニークな創作メニューも豊富です。

鯛の造り(500B)は天然物で、身がしっかりしていてサッパリとしています。刺身は冷やしすぎてはいけません。一番おいしい温度でご提供いたします。ぜひお試しください。

酒茶翁には、日本酒も北海道から九州まで日本各地の銘酒が揃っているので、来るたびに銘酒と季節の料理との新しい組み合わせを楽しめるのが魅力です。

建物はかつての民家であったものをレストランに改築したもので、閑静な住宅地にひっそりと佇んでいるといった趣の店です。店内の装飾は最小限に抑えられ洗練されていますが、同時に温もりの有る居心地の良い空間を作り出しています。敷地は広く駐車スペースはたっぷりあります。

2016年12月5日 タイ自由ランド掲載

-> 酒茶翁のページ

-> 酒茶翁のFacebook

->居酒屋のページ

酒茶翁の広告


 

->個室の情報

->接待の情報

->酒茶翁の情報

->ランチセットの情報

 

鮨忠の今月のお薦めは生牡蠣、鱈白子と河豚

鮨忠の今月のお薦めは生牡蠣、鱈白子と河豚です。

クリーミーで濃厚な味わいの牡蠣には、日本酒が良く合います。また人間の体に欠かせない大事な栄養素が多く含まれており、健康食品としても素晴らしい食材です。

鱈白子は冬季間が最も美味しくなる旬の時期を迎えます。ねっとりとした食感が印象的です。

河豚は日本を代表する食文化の1つとして昔からよく食べられてきた魚です。ふぐの肉は繊維質で弾力があり噛み切ることが難しいため、切り身が透けて見えるほどの薄作りで身を細く包丁で引いて刺身にします。絶妙な旨味と歯応えをお楽しみください。

鮨忠では、築地市場より週三回、仕入れをしておりホールにも日本人が常駐していますので、日本同様のきめ細やかなサービスで安心です。 併設のカーニバル焼肉では創業以来、自慢の自家製タレ、上質なお肉を提供し続けており、こだわりぬいた神戸牛を始め上グレードの和牛を数種類日本より仕入れています。

鮨忠本店(オールシーズン店)には、個室が3部屋(4名、 6名、12名)あり、トンロー別館には、個室が9部屋(畳テーブル個室8部屋、テーブル個室1部屋)あります。ぜひご利用ください。 本店の場所はウィッタユ通りのオール・シーズンズ・プレイス内、CRCタワーの3階。トンロー店はトンロー・ソイ8の8トンロービル2階にあります。

2016年12月5日 タイ自由ランド掲載

-> 鮨忠のホームページ

-> 鮨忠のページ

-> 接待に使える店特集

-> 寿司、刺身特集

 

鮨忠の広告


 

->寿司と刺身の情報

->接待の個室の情報

->鮨忠の情報

 

囲炉裏十番のお得な囲炉裏お任せコース

囲炉裏十番は、鮮魚と囲炉裏焼きが売りで日本酒、焼酎、ワインの品揃え豊富で、酒を引き立てる料理を数多く用意しています。日本人が味を管理しているので安心です。

囲炉裏お任せコースは、7品で1000Bから。プラス500Bで飲み放題プランも付けることができます。

自家製の燻製は酒との相性抜群でぜひ試してほしい逸品。素材そのものの味にさらに、燻製独特の風味がプラスされ、より深い味わいを楽しめます。

仕上げに目の前で焼く鴨ロース炭焼きも、鴨の旨みを堪能できてお勧めです。

店内は調理場を囲むようにカウンターがあり、魚が焼けるにおいや、時折あがる藁焼きの炎は、店内に活気をもたらしています。

23席のカウンター席のほか、8名様用個室が1部屋。10名様用個室が3部屋あり、個室は繋げると最大38名の宴会もできます。

場所はソイ49の奥。一軒家で駐車場はたっぷり。接待から会社帰りの気軽な立ち寄りまで様々なシーンで使えます。

2016年12月20日 タイ自由ランド掲載

-> 囲炉裏十番のFacebook

->囲炉裏十番のページ

->タイの日本料理店

->居酒屋さん

-> イタリアン酒場ザ・ばーるのページ

-> イタリアン酒場ザ・ばーるのFacebook

-> スクムビットソイ33の「蕎麦十番」のページ

-> スクムビットソイ33の「蕎麦十番」のFacebook

->うどん、そば

->寿司十番 のFacebook

->寿司十番のページ

 

囲炉裏十番の広告

 


->囲炉裏十番の情報

->居酒屋の情報

生そばあずま2号店12月8日オープン!

12月8日に生そばあずまの2号店が、フジスーパー1号店のあるソイ33/1にオープンします。

2号店は全50席でテーブル個室が6部屋あり、メニューは1号店と同じで、もちろん営業時間中いつ行っても、蕎麦3玉まで同一価格です。

3玉頼んで、お子さんと取り分けて楽しむのもオッケーですので、スーパーでの買い物の際、気軽にお立ち寄りください。

営業時間は午前11時から夜の11時まで。年中無休です。プロンポン駅から近いので、仕事帰りに一杯というのも便利です。夕方5時からは、居酒屋メニューが登場します。

2016年12月5日 タイ自由ランド掲載

 

->生そば あずまのホームページ

->生そば あずまのページ

->うどん、そば

 

生そば あずまの広告

クリックすると拡大してご覧いただけます


 

->あずまの情報

->天丼の情報

->手打ちそばの情報

個性ある居酒屋さんが並ぶソイ22の奥、パーク24の完成でソイ奥も変わる?

スクムビット・ソイ22の街歩きをしてみました。このソイのとなりで開いている「ダイナソープラネット」。エンポリアム、エムクオーティエに続き、ザ・モールグループが3つ目のショッピングセンターとして建設する場所ですが、まだ機が熟していないのか、建設は様子見の状況のようです。それで、この場所を利用してこのような催しをしています。

ソイ22の入り口に構えるのがホリデーイン。ザ・モールのショッピングセンターができれば、きっと、このホテルとも一体感が生まれるのでしょうが、今は突出した建物、という感じで、ソイ22には似つかわしくない。

さて、通りを歩くと、昔と同じようにゴチャゴチャした感じ、歩道はせまいし、そこに屋台は出ているしで、人が向こうから歩いて来ると、わざわざ歩道をおりなくてはなりません。

そんななか、見上げると、焼肉玄風館の一角があります。ここも何か異彩を放っていて、老舗の風格があり、この店や能登を目的にやって来る人もいるでしょう。

さて、通りを歩くと、呼び込みのマッサージ店が連なり、昔と変わらない風景です。また見上げると、リージェンシーパークがチェックインになっています。チェックインといえば、ソイ41のタイ自由ランドの向かいにありますが、そのオーナーが買ったのでしょうか。そういえばここは昔、インド系オーナー、チェックインもインド系オーナーで、そういうつながりがあるのでしょう。インド系ですが、代々、タイにいて、IDカードを持つタイ人ですね。

さて、ゴチャゴチャした雰囲気は続き、昔からあるバー街を素通りして、改装中のマリオットホテルに出ます。

マリオットホテル

そう、ソイ22のシンボルといえば、インペリアル・クイーンズパークホテルでした。あの華頂はどこへ行ったのでしょう。取り壊さないで改装が進み、まもなくマリオットホテルとしてオープンの見込みです。

クイーンズパークといえば、日本人ご用達のホテルで、彼ら観光客が周辺で一大消費をしていましたが、それにあやかっていた日本料理店「姉御」は向かい側にありましたが、その場所は再開発中でした。

それを過ぎると、新設の店舗群の一画が出現。「狐のおうどん」という店が目に飛び込んできます。りっぱな造りで、入って見たくなります。きつねうどんといえば、関西だから、関西系のうどんでしょう。カップラーメンにはきつねうどんがありますが、関東ではほとんど、きつねうどんは食べないですね。

「狐のおうどん」 「姉御」

その一角の中の方に、カラオケっぽい店があり、よく見ると、居酒屋「姉御」がありました。とってもりっぱな造りで驚き。長年やって来たかいがありましたね。でも家賃は高そうです。

その一画を過ぎると、何もない。あるのはマッサージ店。ソイ20に抜ける通り。そして、巨大な子どもの学校。サイナムティップという学校です。夕方にでも歩こうものなら、彼女らが歩道を占拠します。ソイ22の入り口まで歩く子どもも結構います。基本的にタイの学生は仲間がいると横柄。だから歩道も占拠しがち。

それを過ぎると、大駐車場とシーロムサウナ。そしてさらに行くと、ソイ16の方に抜ける道。これを少し入ると、「栄ちゃん」の看板が見えます。このあたりに長くやっている居酒屋さん。

「栄ちゃん」

次号のタイ自由ランドに広告が載りますが、店内は落ち着いた造りで、名前そのままのママさんがオーナー。れっきとした、おふくろの味の居酒屋さんで、しめサバ160バーツ、栄ちゃんハンバーグ160バーツ、いか納豆140バーツ、ナポリタン170バーツなど。一軒家だけど、駐車場がないので周辺を探さなくてはいけないが、シーロムサウナの場所に停めるのがよいでしょう。

さて、ソイ22の通りに戻って、消防署を通り過ぎると、ものこのあたりは庶民風の雰囲気です。商業長屋が連なります。

その中に出現するのが居酒屋「こいも」。外からはいまいち、想像できませんが、中はシックな装い、りっぱな造りで、2~3階は個室が揃った居酒屋さん。本紙にも広告が載っていますが、年末年始の仲間うちの小宴会に使ってもらいたい。

そして、そこを過ぎると、こじんまりした居酒屋「古都」。タニヤの日本料理店で腕を振るっていたリーさんが独立して●年になる店。ホッと落ち着く、庶民派の店内が魅力です。

さらに行くと「肥後もっこす亭」が出現。居酒屋風の店構えで、字も間違えていないのでタイ系ではないと思われます。場所的には、間違って出店?という気もしますが、さきほどの狐にしてもこの店にしても、とりあえず場を踏んで、機が熟したら、メジャーな場所へ、というステップを踏むための、足ならしの場所として考えるのがよいでしょう。目ざすは奇数ソイでしょうか。

居酒屋「こいも」 居酒屋「古都」 「肥後もっこす亭」

通りに戻って少し行くと、ありました「豚珍館」。こんなところにオープンしていたんですね。昔はソイ24にありました。そこから移転を重ね、行きついたのはここですね。タイ自由ランドにも昔、広告を載せていたので、思わず入って食事をしました。

豚珍館

結構、落ち着いた造りで、とってもシンプルな店内。とんこつラーメンが205バーツ。以前よりかなり値段が上がったような気はします。やって来たラーメンのスープを一杯。う~ん、納得の味ですね。でもフヨフヨの細麺はいまいちでしょうか。

まあ、タイ人オーナーがいっしょうけんめいやっているようなので、応援したい店ですね。

さて、店を出て、見上げると、高層コンドミニアムの「パーク24」の建設がソイ22~24にまたがって行われており、50階建てなどが姿を表しています。ソイ22からも行き来ができるようになり、この大型プロジェクトが完成すれば、このソイ22の通りも変わると思われますが、それもおそらくは2~3年先となります。今の時点ではまだこの現状を維持していくという感じでしょうか。

 

2016年11月20日 タイ自由ランド掲載

 

->ダイナソープラネット

->焼肉玄風館

->狐のおうどん

->古都

->豚珍館

->豚珍館

->タイ関連コラム


 

->タイ関連コラムの情報

->居酒屋の情報

->日本料理の情報

->とんこつラーメンの情報

->ラーメンの情報

 

 

 

 

 

 

 

 

出店場所は自らの足で探す!ウェスト社タイ代表の川野さん

12月初旬にフジスーパーのあるソイ33/1に2号店をオープンする「生そばあずま」。

ちょうど1年前の12月に1号店をソイ33にオープンし、8月には焼肉あずまをソイ31にオープンした。来年はさらに出店のペースをあげてトータル10店舗を目指したいと、運営するウエスト社タイ代表の川野敦史さんは話す。

最初の3店舗は、不動産業者を通さず、川野さん自身が、自分の足で探したという。

1号店をソイ33にオープンする時は、なんでそんな風俗店街に出すのか、ソイの奥でランチは難しいなど、ネガティブな意見が多かったそうだが、川野さんには、価格に見合ったお客さんが納得できる料理とサービスを提供すれば、多少の立地の悪さは問題ないとの信念があった。

人が良い物件だと言っても、自分の目で見て、自分の頭でよく考えることが大切という。バイクであちこち走り回り、店舗物件を探しているそうだが「やっぱり住んでみないとわからないことは多いですね」と話した。

1号店はオープンすると同時に、予想以上に家族連れが来てくれて、平日は駐在員や旅行者、週末は家族連れと、一週間通して客足の途絶えないバランスの良い店舗となり、順調に売上げを伸ばしていった。

今は3店舗ともプロンポンに集中しているが、出店のペースを上げるにあたり、アソークやトンローなどへも広がっていきたいという。

また店舗を増やしていくには、タイ人客をもっと取り込んでいく必要があるという。現在、タイ人客の比率は、生そばあずまが1割強、焼肉あずまが2~3割だそうだ。

川野さんは以前ニューヨークで10年間、ウエスト社の海外支店の立ち上げ・運営に携わってきた。

ニューヨークでも最初は日本人の顧客をメインにした店を開き、徐々にアメリカ人にターゲットを広げていった経験があり、ニューヨークで歩んだ道をバンコクでも再現して行きたいと話す。

アメリカでは、出店への道筋が整っており、当時は日本食ブームという追い風もあったので一気に店舗を増やすことが出来たそうだ。

バンコクでは、食材のルート開発など一からのスタートで、壁にぶつかることも多いそうだが、幸いにも従業員の確保については苦労していないと言う。

来月オープンの生そばあずま2号店もすぐスタッフが集まり、現在研修中だ。長く働いているタイ人スタッフが多く、彼らが、新しいスタッフを誘ってくれるのだ。人が足りないということがなく、募集をしたことがないというのは驚きだ。

川野さんはタイに来る前は、タイ人は働かないと聞かされていたそうだが、あずまのスタッフは、みんな本当によく働いてくれると感謝している。「社風ですかね」とさらりと言うが、労働時間をなるべく短くし、利益に応じて、きちんとキックバックすることを心がけているという。

またタイ人にもポジションをつけ、責任感をもってもらうことで、彼らのやりがいを生み、一生懸命やっていれば、新店舗で上のポジションにつけるので自然にモチベーションもあがるのだろう。

生そばあずま2号店は、最初はうどん居酒屋にしようというアイデアもあったそうだが、フジスーパーの近くで家族連れも気軽に入りやすいのは、蕎麦だということで、生そばあずま2号店で進めることになったという。

2号店は1号店をちょっと小さくした感じで全50席(1号店は65席)。テーブル個室が6部屋あり、メニューは1号店と同じで、もちろん蕎麦3玉まで同一価格。川野さんは「3玉頼んで、お子さんと取り分けて楽しんでください」と言う。お持ち帰りのお弁当も販売する予定だ。

運営するウエスト社は、九州、福岡を中心に、うどん、焼肉、そば、中華、ステーキハウスなどのチェーン店を約200店舗展開していて、ロケーションや客層に合わせフレキシブルに店舗をオープンできるのが強みだ。

将来的にシーロムやデパートのフードコートへの出店も模索しており、タイでも、うどん居酒屋、立ち飲み屋などいろいろな業種を展開していきたいという。

2016年11月20日 タイ自由ランド掲載

->タイ関連コラム

->生そば あずまのホームページ

->生そば あずまのページ

->うどん、そば

 

生そば あずまの広告


 

->タイ関連コラムの情報

->あずまの情報

->天丼の情報

->手打ちそばの情報

 

 

 

 

 

 

「竹亭」では忘年会、新年会の予約受付中

竹亭名物の食べ放題ビュッフェ(481バーツ)のメニューの品数はなんと100種類以上。おつまみ、刺身、お寿司、焼き物、揚げ物、煮物、お食事と一通り揃って無制限のワンプライス食べ放題です。友人仲間同士、ご家族での会食、タイ人スタッフとの宴会パーティーなど幅広いシチュエーションで使えます。日系企業にもよく利用されています。低予算で思う存分食べて楽しんで、スタッフの士気もあがります。

アサヒ生飲み放題(374バーツ)、生、焼酎、ウイスキー飲み放題(481バーツ)もご用意しています。

食べ放題と飲み放題を合わせてぽっきり962バーツは、バンコク最強タッグです! 思い切り食べて飲んで楽しいひと時をお過ごしください。

アサヒ生ビールはジョッキ(105バーツ)とピッチャー(267バーツ)も用意しているので、1杯、2杯ビールを飲みたい方もぜひどうぞ。

定食も182バーツから15種類をご用意しています。昼も夜も同じ値段ですので、御一人様でもグループでもお気軽にご利用になれます。そのほか、アラカルト、おつまみ類も多数揃っています。

竹亭はその時の用途に合わせて、幅広い御利用ができます。忘年会にぴったりな大小個室(最大28名)もあります。ぜひご利用ください。

2016年11月20日 タイ自由ランド掲載

-> 竹亭のホームページ

-> 竹亭のページ

->タイの日本料理店

 

名称未設定-2


 

->竹亭の情報

->食べ放題の情報

->飲み放題の情報

->日本料理食べ放題の情報

->ビュッフェの情報

 

プラカノンの庶民派居酒屋「かあちゃん」

プラカノンの居酒屋かあちゃんへ、仕事帰りに寄りました。何か際立った特徴があるわけではないですが、初めてでも入りやすく、庶民的という言葉がぴったりです。そんなところが、近隣に住む日本人駐在員やロングステイヤーの支持を集めているのでしょう。

今回はひとりで行ったので、カウンターに座りました。お勧めを聞くと、鯵の刺身を勧められました。ママさんはタイ人で、スタッフもみな気さくで、気軽に話ができます。

その他、レンコンのはさみ揚げ、串カツ盛りを勧めてくれました。メニューを見ると、どれもリーズナブルな価格です。メニューにない、その日のお勧めメニューもあります。

鯵の刺身は、鯵独特の良い意味で癖のある風味が印象的。たたきもあります。レンコンのはさみ揚げは、お好みでマヨネーズか塩をつけて食べます。これはレンコンの食感が面白く、挟んであるシソの香りがアクセントになっています。かあちゃんカツセットは、ビールにぴったりの人気定番メニューで、仲間とシェアするにはぴったりです。今回3品頂きましたが、それぞれ見た目以上にボリュームがあり、おつまみとしてなら2、3人で分けてちょうどよい量です。

上階にも部屋があるので、見学させてもらいました。2階は座敷席、3階には個室があります。

場所はスクムビット偶数側。歩道橋からすぐの小さなソイの少し奥。自然とまた足を運びたくなる、そんな暖かい居酒屋です。お店のまわりの路上に駐車できます。

2016年11月20日 タイ自由ランド掲載

->居酒屋かあちゃんのページ

->タイの日本料理店

->居酒屋さん

 

居酒屋かあちゃん


 

->日本料理の情報

->居酒屋の情報

 

「レストラン北海道」では豪華おせち予約受付中

スリウォンとエカマイゲートウェイに店舗を構える「レストラン北海道」では、北海道産カニ入り豪華おせちを予約受付中です。

日本直送の素材で、作られたおせち料理で、新年をお迎えください。

北海道では寿司の出前も始めております。配達エリアは、シーロム、サトーン、ウィッタユ通りエリア、スクムビット奇数側(ソイ1~71)、偶数側(ソイ2~50)です。

ランチミーティングや、宴会にも便利な出前は、人数やご予算にあわせて承ります。ぜひご利用ください。配達料は無料です。お気軽に日本語でお申し込みください。 

スリウォンの本店は、サラデーン駅からタニヤ通りを抜けて、スリウォン通りに出たすぐの所にあります。ゲートウェイ店はエカマイ駅直結です。

 

2016年11月20日 タイ自由ランド掲載

->タイの日本料理店

->居酒屋さん

->宅配-デリバリー-配達

名称未設定-4

クリックすると拡大してご覧いただけます

 


 

->デリバリーの情報

->寿司の情報

「焼肉処 一休」では11月21日~30日までの10日間ビール飲み放題キャンペーンを開催

「焼肉処 一休」では、11月21日~30日までの10日間、ビール飲み放題キャンペーンを開催!

期間中、夜にお食事された方は、無料でビール飲み放題となります。飲み放題をオーダーの際は、スタッフに「一休」とお伝えください。

新メニューの日本産和牛特上ハラミ(490B)、日本産和牛特上カイノミ(490B)もぜひお試しください。

月~木曜日は生ビールご注文で、無料でもう一杯ご提供いたします。また焼肉の盛合わせセットご注文で、マッコリ(950ml)をプレゼントしております。

一休には個室が3室あり(8人のテープル席2室、12人の小上がり1室)宴会にも重宝します。

日本人オーナーの管理が、しっかり行き届いており、安心して食事をお楽しみいただけます。ランチ営業もしています。

場所はトンローソイ13の日本村の真向かいで店頭に駐車できます。

 

2016年11月20日 タイ自由ランド掲載

 

->焼肉処「一休」のホームページ

->焼肉処「一休」のページ

-> 焼肉処「一休」のFacebook

->焼肉店

 

焼肉処「一休」の広告

 


 

->焼肉の情報

->居酒屋の情報

->ランチセットの情報

手間ひまかけて仕込みをした「串かつだるま」の串かつ

串かつといえば、昭和4年に大阪の新世界で創業した「ソースの二度漬けは禁止やで!」のフレーズでお馴染みの「串かつだるま」。その味をバンコクで楽しめるのがトンローソイ9の「串かつだるまトンロー店」。

衣はきめが細かいので口の中を刺激せず、ちょうど良い大きさで、 女性やお子さんでも食べやすくなっています。ソースは程よい程度に絡まり、衣の食感を失うこともありません。 週替わりの「オススメ串かつ」は新鮮で、手間暇掛けて仕込みをした自慢の串かつはトンロー店オリジナル。「串かつ食べ放題」も実施しており平日はBコース(388B)

11時半~14時、17時~18時、21時~22時半(ご飯、枝豆、みそ汁付き)

土日祭日はAコース(499B)11時半~14時迄(にゅう麺ミニ、玉子かけご飯、ご飯、つきだし一品、デザート、ソフトドリンク付き)となります。

深夜2時まで営業(日曜除)しており、平日はハッピーアワーで生ビールなどが50B。「飲み放題」、居酒屋メニューも充実しています。

 

2016年11月20日 タイ自由ランド掲載

 

->串かつだるまのホームページ

->串かつだるまのページ

-> 串かつだるまのFacebook

->タイの日本料理店

->居酒屋さん

 

串かつだるまの広告


 

->串かつの情報

->居酒屋の情報

 

毎月28日は亀王デー  亀王らーめん半額

店名を冠した亀王らーめんは、一見こってりしているように見えますが、後味はとてもすっきりしています。コクがありながら豚骨らーめん独特のにおいもなく、とても飲みやすい洗練されたスープでストレート麺との相性もばっちり。なるほど女性に人気というのも納得です。何度食べても飽きない完成されたバランスの良いラーメンです。箸で簡単に切れる程柔らかいチャーシューは、スープに良くなじんでいて、とろ玉をトッピングするのもお勧めです。

この亀王らーめんを半額で頂けるのが、毎月28日の亀王デーです。(通常210Bが105B)

亀王にはラーメンに加え、個性的なご飯メニューも揃っているので、ぜひお試しください。

石焼チャーハンは、パラパラっとした旨みたっぷりのチャーハンを、アツアツでいただけます。

オムレツチャーハンは、ちょっと懐かしい味で、ボリュームもあります。

レインヒル店では、夕方5時からは、仕事帰りの晩酌にぴったりの「ほろ酔いセット」が登場します。

2016年11月20日 タイ自由ランド掲載

->亀王のFacebook

->亀王のページ

-> ラーメン、中華

-> タイの日本料理店

-> スクムビットのラーメン店

-> 居酒屋のページ

 

亀王の広告


 

->とんこつラーメンの情報

->ラーメンの情報

->居酒屋の情報

囲炉裏十番の素材の旨味たっぷりの土鍋ご飯をお試しあれ

囲炉裏お任せコース1000B~(飲み放題+500B)は、囲炉裏十番の料理を堪能できるお得なコースです。ぜひご利用ください。

ソイ49の奥にある囲炉裏十番は、一軒家で駐車場はたっぷりあり、接待などおもてなしから、会社帰りの気軽な立ち寄りまで様々なシーンで使える。週末は家族での来店も多い。

鮮魚と囲炉裏焼きが売りで、日本酒、焼酎、ワインの品揃え豊富で、酒を引き立てる料理を数多く用意している。

人気の土鍋ご飯はご注文頂いてから土鍋で炊き上げている。素材の旨味がじっくりしみ込んだ土鍋ご飯をぜひお試してほしい。魚介類や肉など、それぞれの味を仲間とシェアして楽しむのもよい。

また自家製の燻製も酒との相性抜群。

店内は調理場を囲むようにカウンターがあり、広々した開放感がある。

8名様用個室が1部屋、10名様用個室が3部屋あり、個室は繋げると最大38名の宴会もできる。

場所はスクムビット49のソイ6の交差点右折、お好み焼 広島を越え突き当り左折100mほど。一軒家を改装したモダンな雰囲気で、店前には広々した駐車場もある。

2016年11月20日 タイ自由ランド掲載

-> 囲炉裏十番のFacebook

->囲炉裏十番のページ

->タイの日本料理店

->居酒屋さん

-> イタリアン酒場ザ・ばーるのページ

-> イタリアン酒場ザ・ばーるのFacebook

-> スクムビットソイ33の「蕎麦十番」のページ

-> スクムビットソイ33の「蕎麦十番」のFacebook

->うどん、そば

->寿司十番 のFacebook

->寿司十番のページ

 囲炉裏十番の広告


 

->囲炉裏十番の情報

->居酒屋の情報

 

ビールに最適!CMC(チキン・マスターズ・カフェ)の手羽盛り

ソイ33を入って最初のソイを右に曲がった所にあるCMC(チキン・マスターズ・カフェ)。

鳥料理と世界のビールが売り。看板メニューはチキン一羽の半分をまるごと揚げたハーフカットチキン「半身揚げ」 。外はパリパリ、中はジューシーで、チキンそのものが持つ美味しさを堪能できます。

手羽盛りもお勧めの一品で、チキンの旨みを堪能できます。もちろんビールにとは最強の組合せ!

他にもチキンを使った定番からユニークな料理まで、盛りだくさんです。

1階はバーで2階がレストランになっています。世界のビールやオリジナル・カクテルもあり、気軽に立ち寄れるバーとしても使い勝手の良いお店です。

2016年1120日 タイ自由ランド掲載

->CMC(チキン・マスターズ・カフェ)のホームページ

->CMC(チキン・マスターズ・カフェ)のページ

-> CMC(チキン・マスターズ・カフェ)のFacebook

-> CMC(チキン・マスターズ・カフェ)バンコクのFacebook

->タイの日本料理店

->バー、カラオケ、スナック

CMC(チキン・マスターズ・カフェ)の広告


 

->鳥料理の情報

->バーの情報

->日本料理の情報

->チキン・マスターズ・カフェ

 

 

宴会も35人までOK、居酒屋風にも使える「お好み焼 広島」

居酒屋風にも使えることができて、宴会などをしてもとってもリーズナブルなのが「お好み焼 広島」。広島のかきやロースステーキ、えびのにんにく、サーモンのバター焼き、新鮮なホルモン焼きなど、これらはすべて鉄板焼きで出てきます。そのほか、名物の鶏のから揚げ、オリジナルのハンバーグ、そしてひと味違うと好評のポテトサラダなど。そのほか居酒屋メニューも充実しています。

もちろん、お好み焼きではそばかうどんの入った肉玉そばやイカ玉そば、えび玉そばなど、1つでも十分、おなかいっぱいになります。スタッフがつくってくれて、それを鉄板のまま、客席にもってくるので、まるで自分で仕上げたようなアツアツをそのままいただける。

今月のプロモーションは、特製の「納豆焼」で99バーツで奉仕しています。

1階はカウンター席、テーブル席で、また2階は小上がりになっており、土日曜を除いて25名~35名で貸切もできます。3階の個室は9名~15名で貸切りできます。予算に応じていろいろ調整できますので、お気軽に相談ください。

店の斜め向かいに広い駐車場があり、20台以上、駐車可能。

 

2016年11月20日 タイ自由ランド掲載

-> お好み焼 広島のページ

-> お好み焼 広島のFacebook

-> タイの日本料理店

 

お好み焼 広島の広告

 


 

->お好み焼きの情報

->お好み焼広島の情報

->鉄板焼きの情報