Category Archives: 医療、健康、漢方

タイのバンコクでフリーコピーを発行する「タイ自由ランド」が、医療、健康、漢方の情報を提供しています。

「ジャパニーズ鍼灸クリニック」の健康コラム:自律神経失調症と鍼灸治療

自律神経について
自律神経には「交感神経系」と「副交感神経系」の二つの神経が存在します。全身のほとんどの器官はこの二つの神経系がバランス良く働くことで適正に保たれています。 呼吸・血液循環・消化吸収・排泄・生殖・内分泌など、自分の意志ではコントロールできない部分のシステムを調整し、生命維持に必要な体内循環を整えるのが自律神経の役割です。

こうした自律神経がうまく機能しなくなった状態が、自律神経失調症です。自律神経をコントロールする中枢は視床下部という脳の一部です。 ここは同時にホルモンの分泌中枢の役目もあるため、急激なストレスを受けて自律神経のバランスが崩れると、成長ホルモンや性ホルモンなどのホルモン分泌にも影響がでてきます。 また反対に、更年期に生じる、急激なホルモンバランスの変化は「のぼせ(ホットフラッシュ)・火照り・冷え・不眠・精神不安」などの自律神経失調症状をもたらすことにもなります。

近年の傾向
近年、交感神経の過緊張症ばかりでなく、副交感神経の過緊張症が多くなってきています。その原因は、頭脳活動が増える一方で、重労働や1日の歩行量が減り、身体運動の絶対量が落ちてきていることがあると思われます。

また、子供においても、外で思いきり遊ぶ機会が減り、反対に室内でTVを見たり、テレビゲームをしたり、夜まで塾通いをしたりと、身体に対する刺激量が急激に減少しています。

副交感神経の過緊張が起きると、腸の働きが過剰に亢進し、腸自体が細かく痙攣し、下痢をしたり、兎糞便(コロコロした便)になったりする症状が現れることがあります。これが「過敏性腸症候群」と呼ばれる症状です。

また、過緊張状態が長く続くと、副交感神経そのものが疲れ果て、活動そのものが急激に低下します。皮膚・粘膜の分泌異常やバリア機能の低下が起こり、外的刺激に対して非常に敏感になります。それに伴い、免疫力も急激に落ち込みます。

副交感神経の活動は30歳を超えると、歳とともに低下していきます。それにより外的刺激に対するバリア機能が落ち、免疫機能低下による疾患が発生しやすくなります。

「顆粒球」と「リンパ球」
新潟大学の安保徹先生は、白血球の一種の「顆粒球」と「リンパ球」のはたらきに着目して、アレルギーの発生原因を説明されています。「顆粒球」は交感神経が活発なときに多く産生され、不必要な細菌等を破壊します。しかし数が多くなり過ぎると、活性酸素を大量に産生してしまい、人体の中の粘膜や細胞組織を破壊し始め、胃潰瘍やガンなどの組織破壊の原因にもなります。

「リンパ球」は異物に対する抗体の種類を記憶することに長け、おたふく風邪やはしかなどの生涯免疫を獲得する役目を果たしています。副交感神経が活発化すると、リンパ球は増加します。

リンパ球が増えることは免疫力が高まることにつながりますが、副交感神経が過剰に亢進してしまうと、リンパ球も過剰になり、外部刺激に対して敏感になりやすくなります。アトピー性皮膚炎に罹っている人のリンパ球数は、健康な人に比べてかなり過剰に多くなっているという報告がなされています。

そのようなことから、アトピー、喘息、アレルギー性鼻炎などのアレルギー疾患は全て副交感神経の過緊張状態で起きていると考えられます。ただ、ステロイドの長期使用をしたアトピー性皮膚炎罹患者は、顆粒球が逆転して多くなり、過剰な顆粒球産生により、皮膚の組織破壊が起こっていると言われています。

また、最近耳にする「子供のうつ」は、副交感神経の過緊張状態で起きているのではないかと考えられています。

鍼灸と自律神経
鍼灸やマッサージなどの外的刺激は、過緊張状態に陥った自律神経の働きを和らげることが出来ます。さらに、皮膚刺激を通して脳の視床下部にも良い影響を与えて、ホルモン分泌のバランスを整えることにもつながります。

最近の研究では、「気持ちいい」という快刺激が脳内のβエンドルフィン等の神経ペプチド(※)の分泌を活性化させ、自律神経の機能を正常化させる働きがあることが分かっています。

鍼やお灸の気持ちの良い治療を受けた後、ふぅっと楽になるのは、治療の気持ちよさがβエンドルフィンを活性化させ、自律神経の働きを効果的に和らげるからなのでしょう。

※神経ペプチド:脳内には60種類以上が存在し、自発運動、食運動、体温調節運動、疼痛、睡眠、学習、記憶などその機能は多機能にわたって深く関わっている。βエンドルフィンはその働きから、「脳内麻薬物質」とも呼ばれている。

自律神経失調症は、肩こり・冷え性・不眠症・下痢・便秘・食欲不振やどの場所が悪いかはっきり分からない「不定愁訴」などの症状を一緒に伴っている場合が多くみられます。 当院の鍼灸治療では、各患者さんがその時に抱える具体的な症状に合わせて、柔軟に対応・治療していたしております。 鍼治療で治癒を期待することは症状によっては難しいですが、週に1回でもコンスタントに通院していただくことによって、数ヵ月後には効果が現れてくるように思われます。また、より早く、より良好な回復を目指すために、日常生活におけるちょっとした工夫やアドバイスをお伝えすることもあります。 愁訴のない、心地の良い暮らしが出来るようサポートさせていただいております。

 

2016年11月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> ジャパニーズ鍼灸クリニックのFacebook

-> 医療-健康-病院-歯科

 

ジャパニーズ鍼灸クリニックの広告


 

->ジャパニーズ鍼灸クリニックの情報

->鍼灸治療の情報


 

元気プラザのお客様の声をご紹介

今回は元気プラザお客様からうかがった事例をご紹介させていただきます。皆様のご参考になればと思い、ご紹介させていただきます。

大人の方

——————————————————————
●肩こりがひどくて病院に2年間通っていたが、元気プラザで1週間で痛みがなくなった。
●片頭痛で悩んでいたが痛みが取れた。
●夜、寝つきが悪く悩んでいたが、子供の時のようにすっと眠れるようになった。
●疲れが取れ、体が軽くなった。
●腕にしびれがあったが、取れた。
●時間はかかったが、腰の痛みが取れてきた。
●骨折後に痛みがあったが、痛みが軽くなった。
●糖尿病で毎日インシュリンを打っていたが、半年ぐらいたったらインシュリンを打たなくても良くなった。
●脳梗塞で倒れたことがあるが、これに座ると体調が良くなる。
●このヘルストロンに座ると集中でき気がたくさん出る(プロの気功師の方)
●目の下にクマができていたが、元気プラザに通うようになってクマが取れた。

——————————————————————

お子様

——————————————————————
●よく風邪を引いていたが、引かなくなった。
●学校から帰るとグッタリしていたが、元気になった。
●副鼻腔炎で病院に通い抗生物質を投与していたが、通い始めて1か月で改善した。
●子供の体力がなく、病院通いの日々であったが、病院に行かなくても良くなった。
●よくお腹をこわしていたが、こわさなくなった。
●子供の集中力が増した。試験の前に必ず来る。

——————————————————————

ペット

——————————————————————
●犬が歩けなくなり病院に行ったが治らなかったが、3か月ヘルストロンにかかったら歩けるようになった。
●ペットは医療費が高いので、病気予防のため毎日ヘルストロンにかけている。
●ヘルストロンにかかると猫が落ち着く。
●カブトムシをかごに入れ、一緒に座っていたら、元気のなかったカブトムシがすごく元気になった。
——————————————————————

しかし、効き方には個人差がございます。座っていただいたお客様全員が効果を実感されている訳ではございません。元気で血行の良い方は、ヘルストロンに座っても特に変化はあまり感じない方が多いです。どこか痛み・疲れ・不眠等の症状もお持ちの方は比較的変化を感じる方が多いです。

また、お客様により症状が緩和されるまでの期間・効き具合も違います。

特に慢性的な痛みの方は、すぐに効果が表れることは少なく、長期間通われているうちに効果が徐々に表れ気が付いたら治っていた・・・という効き方の方が多いです。

ヘルストロンは血行を良くすることで身体の免疫力高め、身体の根本から直していきます。健康な方も健康を維持するために通われることをお勧めいたします。

「元気プラザ」はスクンビットソイ33/1、「KEYBOOKS 」となりです。 フジスーパーのお買い物ついでにお試し無料体験を受けてみませんか。お試し無料体験実施中です。

2016年11月20日 タイ自由ランド掲載

->元気プラザのFacebook

-> 医療-健康-病院-歯科

 

名称未設定-2

 


 

->ヘルストロンの情報

->元気プラザの情報

腰痛治療・骨盤矯正ならあおいニュートンクリニックにお任せ!

「腰がだるくて家事をするのが辛い」「腰が痛くてゴルフを思うように楽しめない」という方も多いと思います。そんな方にご紹介したいのが、あおいニュートンクリニックの腰痛治療器プロテックとベッドでの整体を組み合わせた腰痛専用治療です。腰痛の原因は人によって様々です。股関節の硬さからくる腰痛もあれば、腸腰筋という筋肉や太ももや臀部の筋肉が緊張し骨盤を悪い方向に引っ張って骨盤の位置が悪くなり起こる腰痛もあります。中には肩の関節の硬さが腰に悪い影響を与えることもあります。大事なことは腰が痛いという症状だけに目を向けるのではなく、根本的な原因に目を向けてそこを治療することが大事なのです。

腰痛治療・骨盤矯正ならあおいニュートンクリニックにお任せ!

当院のベッドでの治療では腰痛の原因となりやすい太ももや臀部の筋肉の緊張を一つずつ緩めていきます。そのあと股関節や足首、肩の関節などを正常な位置に戻して動きを改善させる治療をしていきます。

また脊椎治療器プロテックでは腰や骨盤にかかる重力、ストレスを取り除いた状態で運動療法をおこないます。これにより腰部深部の筋肉や骨盤周囲の筋肉の血流がよくなり更に緊張が緩和します。

 

2016年10月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> あおいニュートンクリニックのホームページ

-> あおいニュートンクリニックのFacebook

-> 医療-健康-病院-歯科

 

あおいニュートンクリニックの広告


 

->あおいニュートンクリニックの情報

->腰痛の情報

->肩こりの情報

 

TCMクリニックコラム第5回 生理痛の原因・改善法は?

更年期とその症状は年齢とともに、女性の身体に現れる極めて自然な現象です。身体が製造しているエストロゲン、プロゲスチンなどのホルモン量が低下し、体内で急激なホルモンの変化が起こるために、現れる症状です。

ほてり、のぼせ、ホットフラッシュ、寝汗、不眠、疲労感、感情の起伏、物忘れ、頭痛、関節痛、体重の増加などの症状が現れます。身体の変化にあわせて、これらの症状も数か月から数年続きます。

東洋医学の観点から見た場合は、更年期は女性の身体の自然な変化であり、病気ではないと考えられています。また、身体を温める、冷やす、潤すといった機能が乱れたために、症状が引き起こされる考えられています。

前回までのコラムでも毎回お伝えしてきたとおり、針治療はホルモンバランスの調整や、リラックス効果を高め、感情の起伏をなだらかにするのに大変効果的です。身体の機能が自然に整うお手伝いをします。

また、更年期は生活習慣も気をつけて見直していく必要があります。

また、急激な血糖値上昇を防ぎ、体重増加を防ぐためにも、野菜、果物、ローフードを積極的に食べることをおすすめします。

ほてり、のぼせ、ホットフラッシュ、感情の起伏をさらに悪化させる食べ物もあります。肉、アルコール、砂糖、辛い食べ物、カフェインなどの食事は控えめにする必要がありますし、喫煙はおすすめしません。

このように、更年期の症状で悩む方は鍼治療と、各々にライフスタイルに合った食生活、生活習慣の改善で、根本的な解決ができます。

ソイ41のTCMクリニックでは、院長のエミー先生が個別にカウンセリングを行い、治療と生活習慣改善のアドバイスをしていきます。そのほか、重い生理痛、子宮内膜症、不妊治療、PMS治療などもの治療も行っています。

2016年10月20日 タイ自由ランド掲載

-> 医療-健康-病院-歯科

 

名称未設定-1


 

->漢方薬の情報

->針治療の情報

->鍼灸治療の情報

 

 

目の健康にルテイン卵「瞳」とヘルストロン

最近の私の行動パターンのひとつに、元気プラザさんのヘルストロンに行く前に、お昼ごはんをトマトヌードルで食べることがありました。食べるのはいつも決まっていて、豚丼に生卵です。ところが最近、フジスーパーに行ってみると、生で食べられるルテイン卵「瞳」という商品を発見。ルテインは目に良いというのを聞いていたので、これをご飯にかけて毎朝卵かけご飯で食べることにしました。

タイに住んでもう15年ぐらい。タイでは生卵を食べるのは危険だとずっと思ってきましたが、以前にシーロムの牛野屋さんがオープンしたころ生卵があったので、豚丼にかけて食べると懐かしい味に感動したのを覚えています。やっぱり、日本人は卵かけごはんですね。

目を守ることで有名なルテインですが、ウェブで調べてみると、
「ルテインは、有害な光から目を守り、紫外線やブルーライトなど光をブロックする役割がある。さらに、細胞に光が到達してしまった時でも、紫外線やブルーライトを受けた時に発生する、活性酸素を抑えてくれる作用がある」とのこと。

そして最近の研究では緑内障の改善になるかもと期待されてるらしいです。これは、緑内障でパソコンやスマホで目が疲れてる私にピッタリの商品。毎朝、卵かけご飯を食べることにしました。

ヘルストロンはただ座ってるだけなので、ほんとにこれ体にいいのかなと最初思ったことがあります。でも何回か通っているうちに、よく眠れて目覚めがよくなったり、座っていると左側の側頭部、昔小学生のときに走ってるバスにぶつかって脳震とうをおこした場所あたりが、なにやらピクピク刺激を受けるような感じがしています。体の悪い部分が改善されているのでしょうか。今ではヘルストロンは体に良いと確信して続けて通っています。

ルテイン卵「瞳」も、生食が可能な安全・安心な玉子だと信じて毎朝食べることにしました。きっとヘルストロンとルテイン卵「瞳」、さらに、目の運動できっと私の視力も改善されると信じています。

信じるものは救われる、信じるか信じないかはあなたしだいです。

 

2016年10月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> 元気プラザのFacebook

-> 医療-健康-病院-歯科

名称未設定-1


 

->ヘルストロンの情報

->元気プラザの情報

 

「ジャパニーズ鍼灸クリニック」の健康コラム:頭痛と鍼灸治療

頭痛は大きく分けると下記の4つの分類に分けられます。鍼灸治療の適応となるのは主に以下の3つの症状となります。

1)片頭痛
2)緊張型頭痛
3)群発頭痛

頭痛は慢性化すると、長期間の薬の服用で、薬が効かなくなり頑固な頭痛になります。そのような方にも治療はとっても効果的で、時によっては即効性があります。 治療は主に緊張した頭のまわりの筋肉や、頚、肩のまわりの筋肉をほぐし、頭への血行を正常にし、筋緊張緩和だけでなく、心身のリラクセーション効果も期待できます。

①緊張型頭痛 頭がしめつけられるような痛み
肩や首の筋肉の緊張によって頭が痛む「緊張型頭痛」は、肩こり人口が多い日本人にはもっとも起こりやすいタイプの頭痛。頭をしめつけられるような重苦しい痛みがいつからともなく始まり、連日ダラダラと続く頭痛です。

緊張型頭痛の特徴
•後頭部から首筋にかけて、ジワーっと両側が痛む
•頭を鉄の輪でギリギリとしめつけられるような痛み、頭の上に重石が乗ったような頭重感
•首や肩のこりをともなう
•いつとはなしに痛みが始まり、ダラダラと続く
•首を回すと、フワッと一瞬めまいがすることがある
•一日中パソコン操作を行う人に多い

②偏頭痛 こめかみが脈にあわせてズキンズキ
頭痛持ちの代名詞のようになっている「片頭痛」。左右どちらかのこめかみが(両側のこともある)ズキンズキンと脈とともに痛み、女性に多いのが特徴です。親が頭痛持ちだと、子供も片頭痛を起こしやすいと言われています。

③群発頭痛 男性に多い強烈な痛みの頭痛
片頭痛や緊張型頭痛に比べて患者数も少なく、一般にはあまり知られていない頭痛ですが、痛みの強さは桁ちがい。「群発期」と呼ばれる頭痛発作が起こる時期は2年に1回から毎年1、2回という人が多いようです。

群発頭痛の原因は残念ながらはっきりわかっていません。ただ発作中は目の後ろあたりにある太い血管(内頸動脈)が腫れ、その血管により周りにある神経が刺激されて、激痛が起こると言われています。痛みと同時に充血や鼻水、発汗などの症状が現れるのは、自律神経の刺激によるものです。

④危ない頭痛 脳などの病気が原因で起こる頭痛です。
頭痛のなかには、放っておくと生命の危険にかかわる病気がひそんでいることがあります。疑わしい場合、心配なときには医療機関を受診してください。

2016年10月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> ジャパニーズ鍼灸クリニックのFacebook

-> 医療-健康-病院-歯科

ジャパニーズ鍼灸クリニックの広告


 

->ジャパニーズ鍼灸クリニックの情報

->鍼灸治療の情報

 

お子さんの血流は大丈夫ですか?

子供といえば、体温が高くて“冷え”や血行不良とは無縁な印象ですが・・・・。

しかし、最近は体温が低い子供や血行が悪くて血色の悪い子どもが増えているようなんです。

学校から帰ると、エアコンの効いた部屋でゲームで遊ぶというのが普通ではありませんか?

また、塾通いが大変で、外で遊ぶ暇なんてないという子供も…。

これでは、筋肉も発達しないので、筋肉からの発熱が低くなり当然、体温が低くなってしまいます。(体温の約40%前後は筋肉による発熱)

また、学校での人間関係や、塾通いによる精神的なストレスが血行に悪影響を与えている点も見過ごすことはできません。ストレスは過度に血管を収縮させて血の流れを悪くしてしまいますので、身体の冷えを促進してしまいます。

元気プラザのお客様にはお子様もいらっしゃいます。血流が良くなることにより、「風邪を引きにくくなった」「集中力が高まった」「アトピーが改善した」等のお声をいただきました。

体に電気を通して危険はないの?という方もいらっしゃいますが、ヘルストロンは体に電気を通している訳ではありません。

電界の中に体を置いて、全身の血流を良くしているのです。副作用も一切ございません。日本では100万台以上売れている実績もございます。

一度、お子様と一緒にお試し体験をしてみませんか。下の広告も参照で。

2016年10月20日 タイ自由ランド掲載

-> 元気プラザのFacebook

-> 医療-健康-病院-歯科

 

名称未設定-1


 

->ヘルストロンの情報

->元気プラザの情報

 

TCMクリニックコラム第4回 PMS(月経前症候群)について

PMS(月経前症候群)とは、生理開始日の1~2週間前から始まる身体や精神の不調のことをいいます。

症状が始まると、その不調は5~10日間続きますが、生理が始まるとともに、通常の状態に戻る女性がほとんどです。中には生理期間中に症状を感じる人もいます。

右表を見て、生理開始日前に当てはまる症状はありませんか?これらの症状がたまに現れるくらいなら問題はありません。PMSとは、毎回定期的に症状が出る場合をいいます。

PMSはホルモンバランスの影響が大きいと考えられていますが、東洋医学の観点からは、体内を巡る『気血』が充分に作られておらず、停滞している状態と考えられています。

そして、全身の気の流れをよくし、ホルモンバランスを整えるためには、針治療が実に効果的なのです。

さらには、針治療は心を穏やかにし、リラックス効果を促進する働きをする自律神経のバランスを整える効果もあります。

また、漢方も気の流れをよくしたり、身体の不調を改善していく効果が高いので、針治療と合わせて処方していきます。

ソイ41のTCMクリニックでは、針と漢方で治療し、また生活習慣も改善していくことで、根本的な原因を解決しますので、一時的な治療ではなく、将来に渡っての健康的な身体作りのお手伝いをします。

治療期間は3~6か月ほどをおすすめします。症状に心当たりがあり、いつも我慢をしていたという方、身体的にも精神的にも快適な生活が送れますので、この機会に治療に取り組んでみませんか?

また、重い生理痛、子宮内膜症、不妊治療など女性特有の症状がある方はぜひ、エミー院長に相談下さい。

2016年10月5日 タイ自由ランド掲載

-> 医療-健康-病院-歯科

 

名称未設定-1


 

->漢方薬の情報

->針治療の情報

->鍼灸治療の情報

 


 

 

名称未設定-6

「首・肩こりがつらくて仕事や家事に集中できない」「頭痛がひどくて鎮痛剤を手放せない」という方も多いと思います。そんな方にご紹介したいのが、あおいニュートンクリニックの脊椎専用治療器プロテックとベッドでの整体を組み合わせた治療です。

まずベッドでの整体治療では骨盤を中心に体の歪みを丁寧に整えていきます。首、肩こりの大きな原因の一つとして
骨盤の位置が悪いということが考えられます。骨盤を悪い方向に引っ張ってしまう筋肉を一つずつ丁寧に緩めていきます。
首・肩が凝るからといって首や肩を揉んでいても、ほとんど効果はありません。それは首・肩こりは、あくまで症状であり根本的な
原因は他にあることが殆どだからです。当院の首・肩こり治療はほとんど首や肩には触りません。根本的な原因に目を向けてそこを治療することが大事なのです。首や肩にほとんど触らず肩こりが治ってしまいますので、治療後に驚かれる方も多いです。

また脊椎治療器プロテックではヘッドギアを装着し頸椎にかかる頭の重みを取り除いた状態で、下半身の運動をしていきます。

これにより下半身と上半身の連動がスムースになり、肩こりが起こりにくい身体になっていきます。

日本人スタッフ常駐で患者さんひとりひとりに合わせた丁寧な整体治療をしてくれるので安心です。治療をご希望の方はお気軽にお電話ください。左下の広告も参照にしてください。

 

2016年10月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> あおいニュートンクリニックのホームページ

-> あおいニュートンクリニックのFacebook

-> 医療-健康-病院-歯科

 

あおいニュートンクリニックの広告


 

->あおいニュートンクリニックの情報

->腰痛の情報

->肩こりの情報

 

ワーン先生

ワーン先生のワーン・シン・漢方クリニックの針治療は、1回30~40分ほどで1200バーツほど。針の本数によって値段が変わってくる。

糖尿病などは針治療と漢方薬の治療を併用。女性によくある不眠症やストレスなどは頭皮への針治療、そして足への針治療が効果的という。

一方、漢方薬の治療では、冷え症や肝臓、じん臓などの病気など。脳梗塞なども治療で改善する。1週間ごとに症状を聞き、少しずつ調合を変えていく。

ワーン先生は、針治療と漢方薬治療でタイの公認の医師として許可を得ているので安心だ。

2016年10月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> 医療-健康-病院-歯科

 

名称未設定-6


 

->漢方薬治療の情報

->針治療の情報

->漢方薬の情報

 

 

血流を良くすることが 女性にとって大切な理由とは?

血液には、2つの働きがあります。
1・血液循環 酸素や栄養分を全身に運ぶ
2・新陳代謝 老廃物・痛みの原因となる疲労物質や発痛物質などを回収する

血液の循環と新陳代謝のことを合わせて「血めぐり」といいます。「血めぐり」は、人間の生命活動に重要な役割を担っています。

最近は血めぐりの悪い人が増えています。その原因は、食生活の変化、運動不足や薄着志向などさまざまですが、なかでも注意したいのが、ストレス。ストレスがかかると抹消血管が収縮し、血めぐりが悪くなる原因となります。

血めぐりが悪くなると、冷えや肩こり、腰痛、胃腸の不調、肌あれなど、さまざまな不調を引き起こします。
こういった症状の根っこにある血めぐりから意識し、血流の良い身体づくりを目指しましょう。

【血めぐり不良が引き起こす可能性のある症状例】
1・身体の不調
・頭痛・疲れ目・便秘・下痢・月経痛(生理痛)・疲れ・だるさ・食欲不振・肩こり・関節痛・腹痛・むくみ・腰痛
2・肌の不調
・シミ・シワ・くすみ・ニキビ・乾燥・クマ・吹き出物・肌あれ

食生活の改善・運動不足の解消を普段から心がけることは、もちろん大切ですが併せて、ヘルストロンを利用することをお勧めします。

ヘルストロンは主に体の表面にある毛細血管の血流を良くしていきます。1回座っただけでは、なかなか体感していただくのは難しいですが
1週間、1か月と続けていただくと、体調の変化を実感していただけると思います。

10月19日(水)はフリーデイ(一日無料でお使いいただけます)当日、初回ご来店いただいたお客様に、プレゼント実施致します。フジスーパー1号店へお出かけのついでにお立ち寄りください。

2016年10月5日 タイ自由ランド掲載

 

->元気プラザのFacebook

-> 医療-健康-病院-歯科

 

名称未設定-1


 

->ヘルストロンの情報

->元気プラザの情報

 

 

 

「ジャパニーズ鍼灸クリニック」の健康コラム:小児向けの痛くない鍼『小児鍼』

「鍼」といえば、皮膚に刺す施術をイメージすると思いますが、刺すだけが鍼ではありません。主に小児向けに用いられている、皮膚に刺さない特殊な鍼について解説します

◆ 小児鍼とは?
鍼治療は、早ければ生後2週間から適応であると言われています(個人差があります)。しかし、針状のものを体内に挿入することは恐怖心を与えたり、刺激が強すぎる場合も多くあるため、小児に対しては刺激の少ない鍼を用いられます。いわゆる刺す鍼ではなく、皮膚をさすったり圧迫したりする道具を用いた治療法で、これを小児鍼と呼びます。小児鍼に用いられる道具の一部を紹介します。

◆ 小児鍼に用いられる鍼
・いちょう鍼: いちょう型のヘラのようなもので皮膚表面を押したりさすったりする。
・ローラー鍼(車鍼): 表面に突起が数個ついた小さいローラーの形状で、皮膚の上をコロコロと転がして刺激する。
・集毛鍼(しゅうもうしん): 先端に小さな鍼が剣山状に集まった形状のもので、先端をポンポンと皮膚に軽く当てて刺激をする。
こちらに挙げたもの以外にも様々な種類があり、いずれも刺さずに押したりさすったりトントンと叩いたりといった刺激を与えるための形状になっています。施術するにあたって、声をかけたり話をしながら施術したり、施術箇所にあらかじめ優しく触れたり、道具自体を怖がる小児に対しては手の中に隠して見えないように持ったりすることで、鍼に対する恐怖心を与えないことも効果を得るために重要です。

◆ 期待される効果
小児鍼は基本的に、成長過程に見られる身体バランスの崩れによる症状に適応すると言われています。
具体的には、疳の虫(かんのむし:夜泣きやかんしゃく、ひきつけなどをさす)、不機嫌、食思不振、気管支喘息、下痢、便秘、風邪など、幅広い症状に適応されます。

◆ 小児だけじゃない小児鍼
基本的に小児に適応される小児鍼ですが、小児だけでなく、成人でも鍼刺激に対して過敏な人や鍼の刺入に抵抗感がある人に対しても適応となります。

「鍼治療の効果に興味はあるが、鍼を刺されるのは怖い!」という人も、 気軽に受けられる鍼治療として経験してみてはいかがでしょうか。

2016年10月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> ジャパニーズ鍼灸クリニックのFacebook

-> 医療-健康-病院-歯科

 

ジャパニーズ鍼灸クリニックの広告


 

->ジャパニーズ鍼灸クリニックの情報

->鍼灸治療の情報

 

 

 

 

名称未設定-2

久しぶりにヘルストロンの元気プラザさんに行きました。最後に行ってから3ヵ月ぐらいたつでしょうか。元気プラザさんに通い始めて、何年たつのか忘れてしまいましたが、初代の遠藤さんの時代からお世話になっています。

久しぶりの元気プラザさんはいつもと同じで、なんだか懐かしく感じました。午後に行ったので、以前からいるタイ人の2人がいました。店内の雰囲気もかわらず、よく見かけるけれど、話したことはあまりない常連の方もいらっしゃいました。なんだか、久しぶりに我が家に帰ったように感じました。

私の体調の方は、肉はできるだけ食べず、野菜中心、特にトマト中心の食生活を心がけているので、糖尿病の血糖値も最近のクルアイナムタイ病院の検査では、平常値でした。視力もできるだけスマホを見ないようにしていたので、以前の普通の状態に戻ったようです。そういえば、Webのmsnの記事で、「ポケモンGOを毎日14時間プレイした男 → 視力が0.9から0.2に爆下がり、眼球内で出血! 医師が注意喚起」という記事を目にしました。

やっぱり、スマホを長時間使うのは目に良くないんだと思いました。特に、「暗いところでスマホを使わないこと」だそうです。

ところで、最近の私の体調の問題は、少し右膝のくるぶしの関節が朝起きたときに少し痛むことです。やはり運動不足と気持ちは若くても、だんだん歳をとってきたからでしょうか。これではいけないと思い、また元気プラザさんのお世話になって、80歳でエベレスト登山をした三浦さんをイメージして、毎日体を鍛えようと思っています。

2016年10月5日 タイ自由ランド掲載

 

->元気プラザのFacebook

-> 医療-健康-病院-歯科

 

名称未設定-1


 

->ヘルストロンの情報

->元気プラザの情報

 

 

 

 

 

 

 

 

TCMクリニックコラム第3回 『子宮内膜症』

20~30代の女性に特に多く、不妊や重い生理痛の原因のひとつともいわれている『子宮内膜症』。

そのほかにも、骨盤や腹部の痛み、生理中の過剰な出血、月経困難症、不規則な生理周期、性交痛、生理期間中の発熱、不正出血、乳頭からの異常分泌、腹部腫瘤などの症状があげられます。

子宮の内側を覆っている子宮内膜ですが、これと同じ組織が卵管、卵巣、骨盤腹膜など別のところに発生し、それが血液として蓄積されていく症状です。卵巣にたまって『卵巣のう腫』となることもあります。

西洋医学では、この症状が悪化するまで見過ごされることが多く、手術での治療方法しか残されていないという事態になってしまいます。

一方、東洋医学では『子宮内膜症』は血液の流れが停滞することから起こると考えられています。

体内の血液の循環をよくするには針と漢方を使った治療が大変効果的で、漢方では血流をよくする、代表的な漢方薬がいくつかあり、これらをその人の状態に合わせて調合していきます。

また、西洋医学では子宮内膜症の原因は、女性ホルモンの分泌と深く関わっているといわれていますが、針治療では、これらのホルモン分泌をコントロールする自律神経を整える働きもあるので、結果、針治療はとても有効的といえます。

また、針治療はリラックス作用のあるエンドルフィンやエンケファリンなどのホルモンが分泌されるために、痛みの緩和にも役立ちます。

ソイ41の「TCMクリニック」では、2~3か月のプランで治療を行います。週2回の針治療と週1回の漢方の処方が理想です。

また、院長のエミー先生が個別に食生活や生活習慣の指導も行っていきます。 『子宮内膜症』には低脂肪で食物繊維が豊富な食品をとることがよく、乳製品は控えるのが理想です。

おすすめの食材は大根、ラディッシュ(気の流れをよくする)、海草類(身体の滞りをなくす)などです。また、身体を冷やす食べ物も極力注意する必要があります。

症状に悩んでいる人は、生活習慣から改善し、根本的な治療をしていきませんか?また、原因はわからなくても生理の症状でなんらかの悩みがある方はぜひ、一度受診してみて下さい。

2016年9月20日 タイ自由ランド掲載

-> 医療-健康-病院-歯科

 

名称未設定-1


 

->漢方薬の情報

->針治療の情報

->鍼灸治療の情報

 

名称未設定-17

針治療と漢方薬治療でタイの公認の医師として許可を得て営業するワーン先生のワーン・シン・漢方クリニック。

タイの滞在での疲れ、からだの痛み等はまず針で治療してくれる。1回30~40分ほどで1200バーツほど。針の本数によって値段が変わってくる。中国からやって来て30年の実績がある先生だから、付け焼刃の針治療とは違う。

糖尿病などは針治療と漢方薬の治療を併用。女性によくある不眠症やストレスなどは頭皮への針治療、そして足への針治療が効果的という。

一方、漢方薬の治療では、冷え症や肝臓、じん臓などの病気など。脳梗塞なども治療で改善する。1週間分まとめて調合してもらう。液状でとても苦いが、自然の漢方薬だから安心。1週間ごとに症状を聞き、少しずつ調合を変えていく。 そのほか、女性向けの美容も行っている。

ワーン先生は忙しい人だから事前の予約がよい。治療は事前の予約が賢明。

 

2016年9月20日 タイ自由ランド掲載

-> 医療-健康-病院-歯科

 

名称未設定-6

 


 

->漢方薬治療の情報

->針治療の情報

->漢方薬の情報

 

みなさんの血液はスムーズに流れていますか?

血液は全身をかけめぐり、細胞に栄養や酸素を送り、老廃物を取り除くという大切な役割を持っています。みなさんの血液はスムーズに流れていますか?

私たちの身体は、血液が全身を循環することで疲労が回復し、細胞が生まれ変わり、健康的な肌や臓器を維持しています。

この血流が悪くなってしまったら、肩こりや冷え性、いつまでも疲れがとれない夏バテなどの症状が現われます。

さらにもっとひどくなると動脈硬化、脳梗塞や心筋梗塞、糖尿病などの引き金にもなってしまいます。

これらの病気は日本人の死因の上位を占めている病気ですが、血液の流れが悪くなったり、血管に血栓が詰まったりすることが原因となって発症します。

健康のためには普段から血流を良くしておくことが大切です。

そのために「ヘルストロン」を続けてみませんか。一日20分座るだけで血流を良くしていきます。初回は無料で試していただけます。

一度座っていただければ、その気持ちよさがわかっていただけると思います。場所は「フジスーパー1号店」のすぐそば。キーブックスの隣です。

お買い物のついでにお立ち寄りください。営業時間は10時から19時。定休日は水曜日です。

2016年9月20日 タイ自由ランド掲載

->元気プラザのFacebook

-> 医療-健康-病院-歯科

 

名称未設定-8


 

->ヘルストロンの情報

->元気プラザの情報

 

TCMクリニックコラム第2回「生理痛」

ソイ41にオープンしている東洋医学専門の「TCMクリニック」。院長のエミー先生が女性特有の身体の悩みとその解決法を解説する連載コラム。第2回目の今回は「生理痛」についてお話したいと思います。

生理痛に悩む女性はとても多く、なかでも重い症状に毎回悩まされているという人もいることと思います。

生理痛は下腹部の痛みだけでなく、人によっては、腰や足まで痛みが広がる症状もあります。また、生理期間中に症状があるだけでなく、生理日前、生理後に症状があるなど人によって様々です。

東洋医学では生理痛の原因は複数の要因から起こると考えられていますが、その中でも、体内を巡る「気」と「血」の欠乏。または、これらが滞っていることが原因とされます。そのほか、肝臓、腎臓の機能の低下などもあげられます。

個人によっても原因が違いますが、生理痛の改善は治療だけでなく、何が原因なのかをつきとめるカウンセリングと診断がとても重要になってきます。

カウンセリングでは、エミー先生が生理周期や生理の状態ほか、生活環境など詳しく聞いていきます。そのほか、東洋医学特有の診断法として、肌の状態や脈の脈の状態、舌の状態なども細かく診ていくことで、その人の身体の状態を詳しく知ることができます。

治療では、漢方と針を使い、2~3か月の治療期間をめどにプランをたてていきます。

この間、漢方は1週間ごろの処方と、針治療は週に1~2回通うことがのぞましいです。漢方では、痛みを和らげる漢方を中心に処方していきますので、即効性も期待できます。

針治療でも違うアプローチで痛みを緩和していきます。冒頭で説明した「気血の欠乏・停滞」も改善できて、内臓のバランスも整えていきますので、即効性はもちろんのこと、根本的な生理痛の改善も期待できます。

科学的な研究結果でも、針治療はエンドルフィンを増加させ、痛みの伝達物質をブロックし、副腎皮質刺激ホルモンを増加させるなど、痛みを取り除くメカニズムがきちんと利いていることが証明されています。

重い生理痛で悩んでいる人は、一度同クリニックで治療してみませんか?

そのほか、生理日が極端に長い・短い、周期が不安定、不妊症など、女性特有の疾患ならなんでもご相談下さい。

2016年9月5日 タイ自由ランド掲載

-> 医療-健康-病院-歯科

 

名称未設定-3


 

->漢方薬の情報

->針治療の情報

->鍼灸治療の情報

 

「ジャパニーズ鍼灸クリニック」の健康コラム:不調の原因を見極めて治療

体には前面の筋膜連結であるスーパーフェイシャルフロントライン(以下SFL)と後面の筋膜連結であるスーパーフェイシャルバックライン(以下SBL)があります。

前面の筋膜に制限があり、短縮すると体は曲がりやすくなり、後面の筋膜に制限があり短縮すると体は反りやすくなります。

例えば腰椎椎間板ヘルニアがあり、前屈で症状が悪化する場合、前面の筋膜連結であるSFLを緩めていく必要があります。

また、脊柱管狭窄症があり、後屈で症状が悪化する場合は、後面の筋膜連結であるSBLを緩める必要があります。

筋の緊張のパターンと骨盤変位の関係が一致するようであれば、治療すべきポイントが見えてきます。

●ディープ・フロント・ライン
頸部の前面にある頭長筋と頸長筋は筋膜連結により、深部体幹の連結を持つことになります。

前縦靭帯と横隔膜と連結後は骨盤を通り、股関節と密接に繋がっています。

体の芯を形成する部分でもあるので、ディープ・フロント・ラインが機能しない場合は、体全体の短縮とともに中心の破綻、好ましくない代償を生み出すことになります。

鍼治療や整体NBB治療など行う「ジャパニーズ鍼灸クリニック」では、肩こり、頭痛、片頭痛、手足のシビレ、ヘルニア、体質・姿勢改善、骨盤矯正、リフトアップ、眼精疲労、慢性疲労改善、エラスチン、コラーゲン再生など行っております。

日本人責任者が日本語でカウンセリングしますので、体の不調で悩んでいる方は、まずは一度ご相談下さい。初診療は無料プロモーションも行っております。

2016年9月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> ジャパニーズ鍼灸クリニックのFacebook

-> 医療-健康-病院-歯科

ジャパニーズ鍼灸クリニックの広告


 

->ジャパニーズ鍼灸クリニックの情報

->鍼灸治療の情報

 

 

 

 

 

 

 

首・肩こり、頭痛を骨盤から治す!

「首・肩こりがつらくて仕事や家事に集中できない」「頭痛がひどくて鎮痛剤を手放せない」という方も多いと思います。そんな方にご紹介したいのが、あおいニュートンクリニックの脊椎専用治療器プロテックとベッドでの整体を組み合わせた治療です。

まずベッドでの整体治療では骨盤を中心に体の歪みを丁寧に整えていきます。首、肩こりの大きな原因の一つとして骨盤の位置が悪いということが考えられます。骨盤を悪い方向に引っ張ってしまう筋肉を一つずつ丁寧に緩めていきます。

首・肩が凝るからといって首や肩を揉んでいても、ほとんど効果はありません。それは首・肩こりは、あくまで症状であり根本的な
原因は他にあることが殆どだからです。

当院の首・肩こり治療はほとんど首や肩には触りません。根本的な原因に目を向けてそこを治療することが大事なのです。首や肩にほとんど触らず肩こりが治ってしまいますので、治療後驚かれる方が多いです。

また脊椎治療器プロテックではヘッドギアを装着し頸椎にかかる頭の重みを取り除いた状態で、下半身の運動をしていきます。

これにより下半身と上半身の連動がスムースになり、肩こりが起こりにくい身体になっていきます。

日本人スタッフ常駐で患者さんひとりひとりに合わせた丁寧な整体治療をしてくれるので安心です。

3月下旬よりフジスーパー3号店の近くに移転しましたので注意してください。

治療をご希望の方はお気軽にお電話ください。

2016年9月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> あおいニュートンクリニックのホームページ

-> あおいニュートンクリニックのFacebook

-> 医療-健康-病院-歯科

あおいニュートンクリニックの広告


 

->あおいニュートンクリニックの情報

->腰痛の情報

->肩こりの情報

 

腰痛治療・骨盤矯正ならあおいニュートンクリニックにお任せ!

「腰がだるくて家事をするのが辛い」「腰が痛くてゴルフを思うように楽しめない」という方も多いと思います。そんな方にご紹介したいのが、あおいニュートンクリニックの腰痛治療器プロテックとベッドでの整体を組み合わせた腰痛専用治療です。

腰痛の原因は人によって様々です。股関節の硬さからくる腰痛もあれば、腸腰筋という筋肉や太ももや臀部の筋肉が緊張し骨盤を悪い位置に引っ張って起こってくる腰痛もあります。中には肩の関節の硬さが腰に悪い影響を与えることもあります。

腰が痛いからといって腰だけをマッサージしていてもよくなりません。逆に悪くなってしまうこともあります。大事なことは腰が痛いという症状だけに目を向けるのではなく、根本的な原因に目を向けてそこを治療することが大事なのです。

ベッドでの治療では腰痛の原因となりやすい太ももや臀部の筋肉を一つずつ緩めていきます。そのあと股関節や足首、肩の関節などを正常な位置に戻して動きを改善させる治療をしていきます。骨盤を正しい位置に戻し下半身のバランスをよくすると腰がよくなるだけではなく首や肩の緊張まで取れてきます。

また脊椎治療器プロテックでは腰や骨盤にかかる重力、ストレスを取り除いた状態で運動療法をおこないます。

これにより腰部深部の筋肉や骨盤周囲の筋肉の血流がよくなり更に緊張が緩和します。

当院は日本人スタッフ常駐で患者さんひとりひとりに合わせた丁寧な整体治療おこないますので安心してご来院ください。

どこに行っても良くならない腰痛でお悩みの方はぜひ一度当院の治療を体験してください。

治療をご希望の方はお気軽にお電話ください。

2016年8月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> あおいニュートンクリニックのホームページ

-> あおいニュートンクリニックのFacebook

-> 医療-健康-病院-歯科

 

あおいニュートンクリニックの広告


 

->あおいニュートンクリニックの情報

->腰痛の情報

->肩こりの情報