Category Archives: ランチならココ!

タイのバンコクでフリーコピーを発行する「タイ自由ランド」が、スクムビットでランチが食べられる店を紹介します。

深夜2時まで営業!お得な晩酌セット

元祖もっこり総本店は、深夜2時まで営業しており、居酒屋としても使いやすいラーメン屋さんで、仕事帰りに食事をかねて一杯やっていく人も多いです。、只今キリンとアサヒの大瓶を100Bでご提供中。おつまみも豊富にそろっていますので、ちょっと一杯という感じで、お気軽にお立ち寄りください。

お得な「晩酌セット」はビール大瓶1本(キリン、アサヒ、レオ)と49~109Bのおつまみプロモーションから2品と普通サイズのラーメン(塩・醤油・味噌)合わせて333B。ぜひご利用ください。

各種ラーメン、つけめんが評判の元祖もっこり総本店ですが、中でもインパクトのあるメニューが辛味噌地獄ラーメン。地獄の一丁目ならぬ、地獄のソイ1、ソイ2、ソイ3と辛さのレベルがアップ! ソイ1は唐辛子が大さじ1杯、ソイ2は2杯、ソイ3は山盛りの唐辛子が2杯。ただ唐辛子をいっぱい入れただけでなく、辛味噌もスペシャルな辛さになっています。飲んだ後のシメのラーメンとしてもぴったりです。

ランチから、お弁当のデリバリー、居酒屋としても幅広く利用できる元祖もっこり総本店へ、ぜひお立ち寄りください。

2016年12月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> 元祖もっこり総本店のページ

-> タイの日本料理店

-> 居酒屋さん

-> ラーメン、中華

 

元祖もっこり総本店の広告


 

->もっこりトンローの情報

->仙台ラーメンの情報

名称未設定-11

スリウォンとエカマイゲートウェイに店舗を構える「レストラン北海道」では、忘年会・新年会にぴったりな宴会コースを1000Bからご用意しております。2名からご予約承ります。

会席コースも1000Bからございます。2000Bからのコースは、2名でズワイガニ1杯付きです。

また北海道産カニ入り豪華おせちを予約受付中です。

日本直送の素材で、作られたおせち料理で、新年をお迎えください。

北海道では寿司の出前も始めております。配達エリアは、シーロム、サトーン、ウィッタユ通りエリア、スクムビット奇数側(ソイ1~71)、偶数側(ソイ2~50)です。

ランチミーティングや、宴会にも便利な出前は、人数やご予算にあわせて承ります。ぜひご利用ください。配達料は無料です。お気軽に日本語でお申し込みください。 

スリウォンの本店は、サラデーン駅からタニヤ通りを抜けて、スリウォン通りに出たすぐの所にあります。ゲートウェイ店はエカマイ駅直結です。

2016年12月5日 タイ自由ランド掲載

 

->タイの日本料理店

->居酒屋さん

->宅配-デリバリー-配達

 

レストラン北海道の広告

クリックすると拡大してご覧いただけます


 

->デリバリーの情報

->寿司の情報

生そばあずま2号店12月8日オープン!

12月8日に生そばあずまの2号店が、フジスーパー1号店のあるソイ33/1にオープンします。

2号店は全50席でテーブル個室が6部屋あり、メニューは1号店と同じで、もちろん営業時間中いつ行っても、蕎麦3玉まで同一価格です。

3玉頼んで、お子さんと取り分けて楽しむのもオッケーですので、スーパーでの買い物の際、気軽にお立ち寄りください。

営業時間は午前11時から夜の11時まで。年中無休です。プロンポン駅から近いので、仕事帰りに一杯というのも便利です。夕方5時からは、居酒屋メニューが登場します。

2016年12月5日 タイ自由ランド掲載

 

->生そば あずまのホームページ

->生そば あずまのページ

->うどん、そば

 

生そば あずまの広告

クリックすると拡大してご覧いただけます


 

->あずまの情報

->天丼の情報

->手打ちそばの情報

出店場所は自らの足で探す!ウェスト社タイ代表の川野さん

12月初旬にフジスーパーのあるソイ33/1に2号店をオープンする「生そばあずま」。

ちょうど1年前の12月に1号店をソイ33にオープンし、8月には焼肉あずまをソイ31にオープンした。来年はさらに出店のペースをあげてトータル10店舗を目指したいと、運営するウエスト社タイ代表の川野敦史さんは話す。

最初の3店舗は、不動産業者を通さず、川野さん自身が、自分の足で探したという。

1号店をソイ33にオープンする時は、なんでそんな風俗店街に出すのか、ソイの奥でランチは難しいなど、ネガティブな意見が多かったそうだが、川野さんには、価格に見合ったお客さんが納得できる料理とサービスを提供すれば、多少の立地の悪さは問題ないとの信念があった。

人が良い物件だと言っても、自分の目で見て、自分の頭でよく考えることが大切という。バイクであちこち走り回り、店舗物件を探しているそうだが「やっぱり住んでみないとわからないことは多いですね」と話した。

1号店はオープンすると同時に、予想以上に家族連れが来てくれて、平日は駐在員や旅行者、週末は家族連れと、一週間通して客足の途絶えないバランスの良い店舗となり、順調に売上げを伸ばしていった。

今は3店舗ともプロンポンに集中しているが、出店のペースを上げるにあたり、アソークやトンローなどへも広がっていきたいという。

また店舗を増やしていくには、タイ人客をもっと取り込んでいく必要があるという。現在、タイ人客の比率は、生そばあずまが1割強、焼肉あずまが2~3割だそうだ。

川野さんは以前ニューヨークで10年間、ウエスト社の海外支店の立ち上げ・運営に携わってきた。

ニューヨークでも最初は日本人の顧客をメインにした店を開き、徐々にアメリカ人にターゲットを広げていった経験があり、ニューヨークで歩んだ道をバンコクでも再現して行きたいと話す。

アメリカでは、出店への道筋が整っており、当時は日本食ブームという追い風もあったので一気に店舗を増やすことが出来たそうだ。

バンコクでは、食材のルート開発など一からのスタートで、壁にぶつかることも多いそうだが、幸いにも従業員の確保については苦労していないと言う。

来月オープンの生そばあずま2号店もすぐスタッフが集まり、現在研修中だ。長く働いているタイ人スタッフが多く、彼らが、新しいスタッフを誘ってくれるのだ。人が足りないということがなく、募集をしたことがないというのは驚きだ。

川野さんはタイに来る前は、タイ人は働かないと聞かされていたそうだが、あずまのスタッフは、みんな本当によく働いてくれると感謝している。「社風ですかね」とさらりと言うが、労働時間をなるべく短くし、利益に応じて、きちんとキックバックすることを心がけているという。

またタイ人にもポジションをつけ、責任感をもってもらうことで、彼らのやりがいを生み、一生懸命やっていれば、新店舗で上のポジションにつけるので自然にモチベーションもあがるのだろう。

生そばあずま2号店は、最初はうどん居酒屋にしようというアイデアもあったそうだが、フジスーパーの近くで家族連れも気軽に入りやすいのは、蕎麦だということで、生そばあずま2号店で進めることになったという。

2号店は1号店をちょっと小さくした感じで全50席(1号店は65席)。テーブル個室が6部屋あり、メニューは1号店と同じで、もちろん蕎麦3玉まで同一価格。川野さんは「3玉頼んで、お子さんと取り分けて楽しんでください」と言う。お持ち帰りのお弁当も販売する予定だ。

運営するウエスト社は、九州、福岡を中心に、うどん、焼肉、そば、中華、ステーキハウスなどのチェーン店を約200店舗展開していて、ロケーションや客層に合わせフレキシブルに店舗をオープンできるのが強みだ。

将来的にシーロムやデパートのフードコートへの出店も模索しており、タイでも、うどん居酒屋、立ち飲み屋などいろいろな業種を展開していきたいという。

2016年11月20日 タイ自由ランド掲載

->タイ関連コラム

->生そば あずまのホームページ

->生そば あずまのページ

->うどん、そば

 

生そば あずまの広告


 

->タイ関連コラムの情報

->あずまの情報

->天丼の情報

->手打ちそばの情報

 

 

 

 

 

 

「もっこりシーロム本店」の絶品! 炙りチャーシュー

今やシーロムの日系ラーメン屋さん、居酒屋さんといえば、「もっこりシーロム本店」がタイ人にも日本人にも衆知されています。大通りから少し入ったところにありますが、タイ人でごった返すタラートのすぐ近くで、夕方からは周辺の通り沿いにも駐車できるので、ごはん処として、単身の駐在員にもピッタリです。

こじんまりした店内に入って、メニューを開いて、「炙りチャーシュー(188バーツ)」と「天津チャーハン(218バーツ)」をたのみました。

もっこりのチャーシューといえば、分厚くて脂身もトロットロでボリュームたっぷりです。炙ったチャーシューにネギと辛味噌を付けていただきます。十分に味が染み込んでいて、いわゆる絶品ですね。この店の代表メニューといっても過言ではないです。

続いては、天津丼の中がチャーハンになった「天津チャーハン」をいただきます。こちらは昨年からメニューに加わっているのを知っていましたが、なかなか食べる機会がありませんでしたが、念願かなって、ようやく食べることができました。

たっぷりとかかっている餡の味は天津丼で何度も食べたことがありますが、中がチャーハンになるとどうなるのか…食べてみるといいですね!

チャーハンにはチャーシューがゴロゴロ入っているので、ごはんだけの時よりも肉が加わるので新鮮な感じです。

ほかにも食べたいメニューがたくさんあるので、また行ってみたいと思います。

なお、もっこりシーロム本店のメニューはシーロム・サトーン周辺ならデリバリーも可能です。

少し早いですが、年末年始の休業日のお知らせです。12月23日(金)は22時までの営業、24日から新年は1月4日(月)までお休みとさせて頂きます。1月5日から通常営業です。

2016年11月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> もっこりシーロム本店のページ

-> もっこりシーロム本店のFacebook

->ラーメン、中華

 

名称未設定-4


 

–>もっこりシーロムの情報

->ラーメンの情報

 

手間ひまかけて仕込みをした「串かつだるま」の串かつ

串かつといえば、昭和4年に大阪の新世界で創業した「ソースの二度漬けは禁止やで!」のフレーズでお馴染みの「串かつだるま」。その味をバンコクで楽しめるのがトンローソイ9の「串かつだるまトンロー店」。

衣はきめが細かいので口の中を刺激せず、ちょうど良い大きさで、 女性やお子さんでも食べやすくなっています。ソースは程よい程度に絡まり、衣の食感を失うこともありません。 週替わりの「オススメ串かつ」は新鮮で、手間暇掛けて仕込みをした自慢の串かつはトンロー店オリジナル。「串かつ食べ放題」も実施しており平日はBコース(388B)

11時半~14時、17時~18時、21時~22時半(ご飯、枝豆、みそ汁付き)

土日祭日はAコース(499B)11時半~14時迄(にゅう麺ミニ、玉子かけご飯、ご飯、つきだし一品、デザート、ソフトドリンク付き)となります。

深夜2時まで営業(日曜除)しており、平日はハッピーアワーで生ビールなどが50B。「飲み放題」、居酒屋メニューも充実しています。

 

2016年11月20日 タイ自由ランド掲載

 

->串かつだるまのホームページ

->串かつだるまのページ

-> 串かつだるまのFacebook

->タイの日本料理店

->居酒屋さん

 

串かつだるまの広告


 

->串かつの情報

->居酒屋の情報

 

毎月28日は亀王デー  亀王らーめん半額

店名を冠した亀王らーめんは、一見こってりしているように見えますが、後味はとてもすっきりしています。コクがありながら豚骨らーめん独特のにおいもなく、とても飲みやすい洗練されたスープでストレート麺との相性もばっちり。なるほど女性に人気というのも納得です。何度食べても飽きない完成されたバランスの良いラーメンです。箸で簡単に切れる程柔らかいチャーシューは、スープに良くなじんでいて、とろ玉をトッピングするのもお勧めです。

この亀王らーめんを半額で頂けるのが、毎月28日の亀王デーです。(通常210Bが105B)

亀王にはラーメンに加え、個性的なご飯メニューも揃っているので、ぜひお試しください。

石焼チャーハンは、パラパラっとした旨みたっぷりのチャーハンを、アツアツでいただけます。

オムレツチャーハンは、ちょっと懐かしい味で、ボリュームもあります。

レインヒル店では、夕方5時からは、仕事帰りの晩酌にぴったりの「ほろ酔いセット」が登場します。

2016年11月20日 タイ自由ランド掲載

->亀王のFacebook

->亀王のページ

-> ラーメン、中華

-> タイの日本料理店

-> スクムビットのラーメン店

-> 居酒屋のページ

 

亀王の広告


 

->とんこつラーメンの情報

->ラーメンの情報

->居酒屋の情報

名称未設定-8

玄風館は一頭買いで素材に徹底的にこだわっていて、ホルモン、ユッケなども安心して楽しめます。 焼肉はアラカルトメニューからセットメニューまで豊富なチョイスがあり、焼肉以外のメニューも充実しています。

新店舗の日本街店では、プロモーションを継続中です!
★ 豚肉セット
通常980Bを555B
★ 牛肉セット
通常1200Bを999Bでご提供!
●さらにサントリーウイスキーのハイボールを通常150Bのところ50Bでご提供いたします。

※日本街店限定のプロモーションとなります。ご了承ください。
日本街は駐車場がたっぷりあります。ぜひお越しください。

2016年11月20日 タイ自由ランド掲載

->焼肉「玄風館」のホームページ

->焼肉「玄風館」のページ

->焼肉店

焼肉「玄風館」の広告


 

->焼肉の情報

->居酒屋の情報

->ランチセットの情報

->玄風館の情報

 

生そばあずまの豊富な組合せのセットメニュー

12月にフジスーパー1号店のあるソイ33/1に2号店を準備中の生そばあずま。営業時間中いつ行っても、そば3玉まで同一価格で、お腹の空き具合で調整できるのはうれしいですね。

先日はお昼にチキン南蛮丼セット(250B)を頂きました。南蛮丼のチキンにつけるタルタルソースが、ついてきます。チキンはもっちりした食感で、コクのある味わいの南蛮丼とさっぱりした蕎麦との組合せは、対照的ですが一緒に食べても違和感なく、日本風にアレンジされた洋食を食べたような感じでした。組合せによって、蕎麦の印象は大きく変り、それも蕎麦の魅力といえます。

生そばあずまでは、夕方5時から居酒屋メニューが登場。日替わりメニューもあり仕事帰りに一杯というのにぴったりです。小上がりや個室もあります。

場所はソイ33入口からしばらく歩いて左側です。

 

2016年11月20日 タイ自由ランド掲載

 

->生そば あずまのホームページ

->生そば あずまのページ

->うどん、そば

 

生そば あずまの広告


 

->あずまの情報

->天丼の情報

->手打ちそばの情報

 

 

 

サラデーン駅直結のカレー専門店「青りんご」

サラデーン駅から直結で行けるカレー専門店「青りんご」。タニヤプラザ2階にあり、日本のちょっと懐かしい喫茶店のようなつくりで女性も入りやすい雰囲気です。

同店のカレーは、濃厚というよりは、マイルドで深みのある味わいです。カツカレーは、やはり一番人気ですが、週替わりのお得なスペシャルメニューもあります。

先日訪れた時に、スペシャルメニューになっていたイカフライカレーを頂きました(通常250Bが220Bのサービス価格になっていました)。

揚げたてのイカフライは、外がサクサクで、中のイカはフレッシュ!適度な弾力があり、とても心地よい食感です。庶民的なイカフライも青りんごのカレーに包まれると上品な感じになります。

青りんごのカレーライスは、スパイシーなカレーライスとは違った奥深い味わいを、じっくり楽しんでください。

すべてのカレーに、サラダとデザートが付いて、VAT、サービス料込みの値段表記です。ご飯の大盛りも、無料ですので、注文の際にスタッフに伝えてください。

2016年11月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> タニヤのカレー屋さん青りんごのページ

 

タニヤのカレー屋さん青りんごの広告


 

->カツカレーの情報

->カレーライスの情報

 

本場の豚丼ならとかち

本場北海道の豚丼が食べられる「とかち」は、オフィス街のラマ4世通りの近く、MRTルンピニ駅近くサトーン・ソイ2にも店舗があります。(上の地図参照)

バンコクではシーロムのコカ本店の近くと、BRTサトーン駅の近くにも店舗があります。シラチャ店は、イオンモールのすぐ横です。 厳選した豚肉に何度もたれをつけながら炭火で重ね焼きした本格的な豚丼を、お近くの「とかち」でお楽しみください。

口に入れると甘めの優しい味が広がるとかちの豚丼は、肉は程よく柔らかいですが、程度な噛みごたえもあり、牛丼やチャーシュー丼とは違った食べごたえがあります。 炭で肉の脂が程よく落ちて、ギトギト感が無く食べやすいです。お好みで山椒をふりかけると、また違った味わいを楽しめます。

また豚丼セットに付く豚汁は、主役の豚丼に負けぬ存在感があります。少し大きめのお椀に入っているので量も十分。しょうがの味が効いていて、こってりした豚汁の良いアクセントになっています。

2016年11月5日 タイ自由ランド掲載

-> 北海道豚丼とかちのページ

->出前、デリバリー

->日本料理店

 

北海道豚丼とかちの広告


 

->とかちの情報

->豚丼の情報

->デリバリーの情報

 

バンコクで22年の居酒屋「夢路」でもつ鍋始めました

日本の居酒屋のまま、昭和の雰囲気をかもし出すのが居酒屋「夢路」。スクムビットのソイ19にあり、BTSアソーク駅から歩いて4分ほど。車で来るなら角のロビンソンに停めるのがよい。

扉を開けると、2階への階段があり、のぼると、もうそこは本当に日本の居酒屋のまま。年季の入ったカウンターと奥にテーブル席があり、さらに3階には小上がりで各席が仕切られたスペースがあるので、駐在員同士もゆっくりできる。

串焼きが名物だが、さすが年季の入った居酒屋さんだけあって、メニューがとっても豊富。中華や洋食メニューも取り揃えていて、例えば、ボードに書かれた手書きの、その日のお勧めメニューを見てみると「あゆの塩焼き180バーツ」「ローストビーフ250バーツ」「バケットクリームチーズ・ローストビーフのせ220バーツ」「海老のアヒージョ180バーツ」「いかとんびのガーリック炒め150バーツ」「もつ鍋1人前380バーツ(2人前より)」などなど。ちなみに「もつ鍋」は新規に開始したメニュー。

とってもリーズナブルで、メニューも個性があって、日本人オーナーシェフがちゃんと隅々まで管理しているので安心だ。

1人で来てもカウンターで一杯ができるし、夜でも定食が食べられるので、試してみてほしい。

一方、昼間はランチセットを200バーツ前後で用意しており、どのメニューも細部にまでこだわった味付けと出来上がりだから、満足感が高い。

バンコクで22年になる老舗だから、タイに来たばかりでまだ行ったことがない!という人もぜひ、行ってみてください。

2016年11月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> 居酒屋「夢路」のページ

->居酒屋さん

 

居酒屋「夢路」の広告


 

->やきとりの情報

->ランチセットの情報

->夢路の情報

->居酒屋の情報


 

忘年会に一休の便利な個室・小上がり

宴会シーズン到来です!一休には、個室が3室あります(8人のテープル席2室、12人の小上がり1室)。宴会のご予約・お問合せは、お気軽にどうぞ。

場所はトンローソイ13の日本村の真向かい。家庭的な雰囲気のある一休は、仲間や家族と、肩肘張らず焼肉でワイワイするには、ぴったりです。日本人オーナーの管理が、しっかり行き届いており、安心して食事をお楽しみいただけます。

おつまみもございますので、居酒屋感覚で、仕事帰りに立寄るのもよいでしょう。

月~木曜日は生ビールご注文で、無料でもう一杯ご提供いたします。

またプロモーションとして焼肉の盛合わせセットご注文で、マッコリ(950ml)をプレゼントしております。ぜひこの機会にご利用ください。

仲間や家族と、肩肘張らず焼肉でワイワイ

新登場の一休盛り(1900B)は、日本産和牛ステーキ/和牛スーパーカルビ/中落ちカルビ/ミスジの盛り合わせで、高品質の和牛をはじめ、貴重なミスジも楽しめます。

ランチ営業もしており、ランチセットは160Bからあり、リーズナブルでボリューム満点のランチです。

店頭に駐車できます。

2016年11月5日 タイ自由ランド掲載

->焼肉処「一休」のホームページ

->焼肉処「一休」のページ

-> 焼肉処「一休」のFacebook

->焼肉店

 

名称未設定-14

 


 

->焼肉の情報

->居酒屋の情報

->ランチセットの情報

「串かつだるま」のシメに人気の鶏白湯ラーメン

「串かつだるま」の串かつは牛・豚・鶏。シーフード・野菜など単品のアラカルトメニューやお得なセットメニューも充実しており1名様からご家族連れまで楽しめます。週替わりの「オススメ串かつ」は新鮮で、手間暇掛けて仕込みをした自慢の串かつはトンロー店オリジナル。

「串かつ食べ放題」も実施しており平日はBコース(388B)
11時半~14時、17時~18時、21時~22時半(ご飯、枝豆、みそ汁付き)

土日祭日はAコース(499B)11時半~14時迄(にゅう麺ミニ、玉子かけご飯、ご飯、つきだし一品、デザート、ソフトドリンク付き)となり沢山のお客様で賑わってます。

深夜2時まで営業(日曜除)しており、平日はハッピーアワーで生ビールなどが50B。「飲み放題」、居酒屋メニューも充実しています。

シメに人気なのが、鶏白湯ラーメン。鶏の旨みがじっくり出ており、コクがありながら、口当たりはさっぱりしています。

もつ鍋や夜定食もお勧めです。無料駐車場も完備しており、車でのお越しにも便利です。

2016年11月5日 タイ自由ランド掲載

->串かつだるまのホームページ

->串かつだるまのページ

-> 串かつだるまのFacebook

->タイの日本料理店

->居酒屋さん

 

名称未設定-1


 

->串かつの情報

->居酒屋の情報

玄風館日本街店、2種類の秘伝のタレが自慢

玄風館は2種類の秘伝のたれが評判。香味野菜がたっぷり入ってる甘だれと、ちょっとスパイシーなくせになる赤だれの2種類です。赤だれを入れない方もいらっしゃいますが、赤6割、甘ダレ4割の配合が1番美味しく食べられます。ぜひお試しください。

玄風館は一頭買いで素材に徹底的にこだわっていて、ホルモン、ユッケなども安心して楽しめます。 焼肉はアラカルトメニューからセットメニューまで豊富なチョイスがあり、焼肉以外のメニューも充実しています。

新店舗の日本街店では、プロモーションを継続中です!
★ 豚肉セット
通常980Bを555B
★ 牛肉セット
通常1200Bを999Bでご提供!
●さらにサントリーウイスキーのハイボールを通常150Bのところ50Bでご提供いたします。
※日本街店限定のプロモーションとなります。ご了承ください。

また日本街限定の新メニューの上カルビ筋石焼カレー(300B)も登場しています。ぜひお試しください。

日本街店は3~4人にぴったりのボックス部屋、煙の吸引器が付いているカウンター、さらに10~12名の部屋と10~16名の部屋が1つずつあり、ひとりでも仲間とでも、どんなシチュエーションでも楽しめます。日本街は駐車場がたっぷりあり、車でのお越しにも便利です。

2016年11月5日 タイ自由ランド掲載

->焼肉「玄風館」のホームページ

->焼肉「玄風館」のページ

->焼肉店

名称未設定-3


 

->焼肉の情報

->居酒屋の情報

->ランチセットの情報

->玄風館の情報


 

「なにわ串道 はなび屋」の一押しメニューは牛すき鍋

スクムビット・ソイ49のラケットクラブとサラデーン駅直結のタニヤプラザ2階にある「なにわ串道 はなび屋」。

スクムビット店は、1階と2階に分れていて、広々として開放感があります。1階は小上がりがあり、2階はゆったりくつろげるテーブル席が並んでいます。

スクムビット店は、昼は主婦層を中心に、ランチメニューが好評ですが、夜に居酒屋として使うのもお勧めです。

一押しのメニューのひとつ牛すき鍋は、日本から厳選した和牛をリーズナブルな価格で楽しめる一品(和牛790B オーストラリア牛490B)。1人前からオーダー可能で、1人前でも大満足の量です。

鍋をメインにバラエティにとんだ居酒屋メニューを楽しむのも良いでしょう。本場大阪の串カツもあります。

「なにわ串道 はなび屋」の一押しメニューは牛すき鍋

日本人スタッフが常駐しているのも安心で、グループでもお一人でも、気軽に立寄りやすい雰囲気です。

またグループでの宴会などに便利で、これからのシーズンにぴったりなお得な飲み放題付きコースもございます。お一人様872B(税・サ込み980B)。

コースは制限時間2時間で、大人6名以上からご利用になれます。前日までに予約をお願いします。料理の内容等、詳細はお気軽にお問合せください。

スクムビット店は、ラケットクラブの駐車場を利用頂けます。タニヤ店は、49B均一の大きな焼き鳥が好評です。

2016年11月5日 タイ自由ランド掲載

 

->なにわ道 はなび屋のホームページ

-> なにわ道 はなび屋のFacebook

->なにわ道 はなび屋のページ

->タイの日本料理店

->居酒屋さん

 

なにわ道 はなび屋の広告


 

->日本料理の情報

->居酒屋の情報

->ランチセットの情報

 

わがままなオーダーが通るもっこりシーロム本店

食べ物の好き嫌い、食べ方など十人十色です。ランチセットが食べたいけど、今日のセットのレバニラ丼は好きでない、チャーハンだったら良いのになーぁ。豚肉は嫌いなので鶏肉に変えて欲しいなーぁ。

こんな時、お客様のワガママなご要望にも材料さえあれば99%お応えする、「もっこりシーロム本店」。

例えば、ランチセットの丼物を変更する、塩ラーメンにカキを3個入れて欲しい、麻婆丼と麻婆茄子丼のハーフ&ハーフが食べたい、ハンバーグカレーライスに目玉焼きをのせてほしい、たこ焼きラーメンが食べたい、などなどメニューにないもの、嫌いな物を他の物に変えるなど出来る限り対応しておりますので、日本人オーナーシェフにお気軽に声をかけてみてください。

とにかくメニューが豊富なので、さまざまなアレンジの可能性があるのではないでしょうか。材料があればほぼ作ってもらえるのなら、日本の魚市場でよくある勝手丼のように好きなものだけをのせた丼も楽しめそうですね。まずは、お店で相談してみて下さい。

今回の写真での紹介は、新メニューのたこ焼き丼。たこ焼きとごはんのマッチングは病みつき間違いなしです。そして、ミックスフライはボリュームもあり、食べごたえあります。新鮮な素材をフライにしており、広島産カキフライは開けた際、中からのプ~ンと香る素材のにおいが何とも言えません。

もっこりシーロム本店のメニューはシーロム・サトーン周辺ならデリバリーも可能です。

2016年10月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> もっこりシーロム本店のページ

-> もっこりシーロム本店のFacebook

->ラーメン、中華

 

名称未設定-12

 


 

–>もっこりシーロムの情報

->ラーメンの情報

日本料理店「酒茶翁」ではビールや酒に合う多彩なメニュー

日本料理店「酒茶翁」では2ヵ月ごとに変わるメニューが好評で、伝統的和食と共にユニークな創作メニューも豊富だ。

和食という枠にとらわれず、自由な発想が良い。たとえば豚肉とニンニクの芽、トマト、もやしを炒めて、ピリ辛味に仕上げた一品。スタミナも付きビールにとてもよく合う。敷居が高いイメージがあるが、こういった一品料理も揃っているので、仕事帰りに一杯という感じで、気軽に立寄ることもできる。

酒茶翁では、全7品 2000バーツの会席料理をご用意しており宴会や会食の席にぴったりのコースだ。

日本酒も北海道から九州まで日本各地の銘酒が揃っているので、来るたびに銘酒と季節の料理との新しい組み合わせを楽しめるのが魅力だ。

建物はかつての民家であったものをレストランに改築したもので、閑静な住宅地にひっそりと佇んでいるといった趣の店だ。店内の装飾は最小限に抑えられ洗練されているが、同時に温もりの有る居心地の良い空間を作り出している。敷地は広く駐車スペースはたっぷり。

 

2016年10月5日 タイ自由ランド掲載

-> 酒茶翁のページ

-> 酒茶翁のFacebook

->居酒屋のページ

 

名称未設定-9

 


 

->個室の情報

->接待の情報

->酒茶翁の情報

->ランチセットの情報

「生そばあずま」でそばを思う存分

もりそばを食べるとき、ひと玉ならあっという間になくなってしまう。そんなときは大もりをたのむだろう。

「生そば あずま」のセットならそんな心配がない。3玉まで同じ値段で食べられるので、そばを食べたい!という人は思う存分食べられる。

例えば大きなえびが3本入った海老天丼セットなら250バーツ。天丼のほか、ちゃんとそばも付いていて3玉まで同一料金。

実際にランチセットで食べてみたが、天丼を食べながら、そば2玉を食べたが。とっても満足度の高いセットで、おなかいっぱい。

そのほか、山かけ丼セット(250バーツ)、かき揚げ丼セット(220バーツ)、カツカレーセット(280バーツ)など。カツカレーを食べて3玉そばはかなりきついかも知れない。

店内はとっても落ち着いた造りで、ランチは近くに住む日本人主婦などで混み合う。プロンポン駅前やアソーク周辺で働く日本人ビジネスマンも車でかけつけている。

11時から23時まで通しで営業しており、いつでも3玉まで同一価格というのはうれしい。17時からは通常のメニューに加えて、居酒屋メニューを揃えており、夕方からも駐在員に人気の場所となる。

 

2016年10月5日 タイ自由ランド掲載

 

->生そば あずまのホームページ

->生そば あずまのページ

->うどん、そば

 

名称未設定-5

 

クリックすると拡大してご覧いただけます


 

->あずまの情報

->天丼の情報

->手打ちそばの情報

「焼肉あずま」の女性向けのレディース・ランチセットもあり

女性向けのレディース・ランチセットもあり、個室でゆっくりするのが好きな奥様にもピッタリなのが「焼肉あずま」。

すでに「生そば あずま」の3玉まで同一価格、で好評を得ている同店の姉妹店だから、クオリティーの高さと、手頃な価格はお墨付き。

ランチのお肉も手抜きなし。満腹ランチも330バーツでカルビ、ハラミ、牛ホルモン、黒豚などがあり、ホルモンもとろけるおいしさ。選りすぐられたお肉を使っているのがわかります。

一方、お昼にぜいたくを!という時は、和牛三昧ランチ690バーツがお勧め。和牛カルビ、和牛ロース、和牛中落ちカルビがセットになったもの。お得感がある昼にまずセットをいただくのもよいでしょう。

一方、夜は日本人ビジネスマン同士でゆっくりするのにお勧め。あずま和牛カルビ390バーツなど、手頃な価格で上質なお肉が揃っています。

駐車場も十分に完備しているので、スクムビットのソイ31に車で来られるのもよい!ぜひ一度、同僚と、あるいは家族でお出かけ下さい。

2016年10月5日 タイ自由ランド掲載

 

->焼肉あずまのページ

->焼肉店

スクムビットの焼肉店

 

焼肉あずまの広告


 

->焼肉の情報

->居酒屋の情報

->ランチセットの情報