Category Archives: ミャンマー関連

タイのバンコクでフリーコピーを発行する「タイ自由ランド」が、ミャンマー関連の情報を提供しています。

人手不足はタイも日本も同じようである。バンコクでは若いタイ人が1ベッドのコンドミニアムを購入し、なかなか子どもをつくれない、という状況も増えている。日本のように、子ども1人目に月々いくら、というのもタイでは将来的にあるかも知れない。

少子高齢化は日本が先を少し行っているが、タイでも今、起こりつつある状況だ。

そんななか、バンコクでは、日本人オーナーの料理店などではミャンマー人のスタッフが雇われ、マッサージ店などもミャンマー人などが増えている。ロータスにあるフードコート内のおかず屋さんにもミャンマー人は働いており、まさにタイ人社会で足りないところをおぎなっている感じがある。

そういうところはタイ人のうまさかも知れない。日本のようにここまでは外国人労働が可能とか、まず線引きをして、そこから入れていく、というのではなく、足りないからまず入れる、という柔軟さだ。もちろん、他国と陸続きか、島国かという違いはあるが、足りないから流入している、という状況で、以前は日本人の店などに地元の警察官が乗り込み、ミャンマー人が働くためのワイロを請求していたが、これだけミャンマー人が浸透してくると、どうなるのだろう。

タイでは外国人労働者としての枠に「ミャンマー人、カンボジア人、ラオス人」を入れているが、彼らには1~2年までの期限付きで労働許可が出されており、そういう制度が今後はもっと緩和されていくのだろう。

先日、ファミリーマートに行くと、レジで前の客が「あそこのタバコ!」などと注文していて、その会話がうまく成り立たないようなので、客はミャンマー人?と思ったが、店を出て連れのタイ人が「こんなところにもミャンマー人が働いているんだね!」と言い、レジで応対していたのがミャンマー人だというのがわかった。そういえばセブンイレブンなどではまだミャンマー人のスタッフを見ていないが、近い将来、そういうことになるのだろう。(M)

 

2016年2月5日 タイ自由ランド掲載

->タイ関連コラム

->タイ関連コラムのtagページ

 

 

ホテル不足のミャンマー・ヤンゴンにヤマホテルがオープン

昨年の総選挙によりアウンサン・スーチー氏主導の民主派政権が今年の春から発足することになったミャンマーは、今後の動向が世界から注目されています。

ミャンマーの最大の都市であるヤンゴンは、日本人の訪問者が年々増えていますが、ホテルは慢性的に不足しており、古い設備のわりに宿泊料金は高く、バンコクから出張の場合、日帰りして経費を節約するというビジネスマンもいます。

昨年9月ヤンゴンの中心部にオープンした「ヤマホテル」は、既存のビルをホテルにリノベーションしたホテルで、タイを含む世界8カ国で海外不動産コンサルティングを展開しているステイジア・キャピタル・グループが運営。同社グループで企画・設計・施工・運営を行う最初のホテル・プロジェクトで、年末年始は稼働率70〜80%になり、このままの高稼働を維持したいといいます。

ヤマホテルは8階建てで、特徴的なのは個室6室、ドミトリー72床とドミトリーの比率が高いこと。ドミトリーは、旅行者だけでなくビジネスマンにも多く利用されています。

個室は50%が日本人客で、長期滞在のビジネスマンの予約でいっぱいとのこと。

一方、ドミトリーは9割が外国人客で、アセアン諸国のビジネスマンとヨーロッパ人旅行者が多数を占めます。最近はビジネスマンの比率が高まっており、そのうち2〜3割がリピーターといいます。

ビジネスマンの出張でドミトリーに泊まると聞くと、びっくりしますが、ヤマホテルのドミトリーは、プライベート空間が確保されたしっかりした造りになっており、ちょっとカプセルホテルのようなイメージ。二段ベッドが置いてあるだけのドミトリーとはまったくの別物で、これならビジネスマンも快適に過ごせます。すで滞在期間が3ヵ月に及んでいる滞在者もいるそうです。

またいつでもミーティングなどに使える共有部分もあり、出張者の視点から設計されているのがわかります。

料金はドミトリーが一泊約2000円、個室は約6000円からで、同等の設備を備えた個室は、ヤンゴンでは軽く1万円以上しますので、かなりリーズナブルな料金設定といえます。

まだまだインターネット・インフラの脆弱なミャンマーでは、格安ホテルでは、ほとんど使用に耐えない状況ですが、ヤマホテルは、高速な回線を設置しており、宿泊客からは、ネット環境を評価する声が多く聞かれます。

日本人スタッフが常駐しており、高速バスの手配なども日本語で可能という点も、日本人宿泊客にとって心強いところです。

またミャンマーは停電が多いので自家発電機を備え、洗濯機・乾燥機もあるので、長期滞在する場合に便利です。

ホテルの屋上には、ヤンゴンで有名な日本人経営のレストランKOSANカフェの4号店が営業しており、ランチ、夕飯、晩酌まで、幅広く使え重宝します。

ステイジア・キャピタル・グループの鈴木ゼネラル・マネージャーは「民主化に伴い、ミャンマーへの渡航者は急増が予測されていますが、外国人のお客様がリーズナブルな金額で宿泊できる施設はまだまだ少ないので、低額ながら長期滞在にも耐えられる宿泊環境を提供していきたい」

また「自社投資だけでなく、日系を中心にホテル事業へ参入する外資法人のサポートを行うことで、良質なホテルを大量供給しミャンマーの発展に寄与できれば」と抱負を語りました。

2016年1月20日 タイ自由ランド掲載

->ヤマホテルのホームページ

-> ヤマホテルのFacebook

-> 旅行、トラベル

-> ミャンマー関連

 

ヤマホテルの広告

 

ミャンマーでネットショップ!

ミャンマーでネットショップ!

ミャンマーでオンラインショップ www.kaymu.com.mm を運営する会社によると、現在、ミャンマー国内での会員は20万人にのぼり、この手のオンラインショップは成長が著しく、1ヵ月に20~30%増という。

 ミャンマーの店で売られているものよりも安くで買えるといい、掲載商品のアイテムも急増しているという。

 

2015年9月5日 タイ自由ランド掲載

 

 

デンマークの大手ビール製造のカールスバーグはこのたび、ミャンマーの会社と合弁で、ミャンマーでのビール生産事業を始める。1年6000リットルの生産が目標で、ミャンマー・ゴールデン・スター社と組み、パコーで工場を設立する。

また、ファストフード大手のKFCは近々、ヤンゴンで初めての店をオープンする。そして今年末までに店舗を増やすとしている。

ミャンマーではすでに韓国のロッテリアが2013年より進出しており、7店舗まで拡大している。

一方、この4月から支店業務を開始するのは日本の三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、シンガポールの銀行の3行。営業許可がおりたが、事業内容としては外資系の会社への融資などに限定される。

 

2015年5月20日 タイ自由ランド掲載

 

 

 

AFP通信が伝えたところによると、ミャンマーのヤンゴンでは最近、カフェ店が増えており、屋台のカフェの10倍以上の料金にもかかわらず、ミャンマーの人たちにも人気だ。

コーヒークラブという喫茶カフェを営業するミャンマー人によると、以前は外国人が多かったが、最近はミャンマー人が顧客の中心になっており、70%以上がミャンマー人の客なら、店はやっていける、と話している。この店では1杯2ドル(64バーツ)で、道端で売っている屋台のカフェは1杯5~6バーツ。

同店の常連のミャンマー人によると、エアコンのあるところで静かに落ち着きたいから利用する。タブレットでニュースも見たい。友だちといっしょなら道端の屋台でよいかも知れない、と笑っていた。

今後3年でこういったエアコンのある喫茶カフェが増えていくとしており、スターバックスなど大手チェーン店も出店を検討しているという。

2015年2月20日 タイ自由ランド掲載

 

「ミャンマー・コンシェルジュ」のミャンマー進出の人材紹介

「ミャンマー・コンシェルジュ」のミャンマー進出の人材紹介

 

タイの隣国ミャンマーではオフィスが慢性的に不足気味ですが「ミャンマー・コンシェルジュ」は、ヤンゴンでのレンタル・オフィスの仲介を行っています。

また、下記のサービスも行っているので、ご興味のある方は、貴社名、お名前、TEL、メールアドレス、お問い合わせ内容などを記載して、メールでお問い合わせ下さい。

①人材アウトソーシングサービス
現地のグループ企業「ミャンマーDCR」では過去に多くのミャンマー人をIT技術者に育成してきました。その経験を活かして、オフイス業務においても対応できるような人材を育成し、人材アウトソーシングサービスを提供しています。

②業務支援サービス

③会社設立など各種許認可の手続き代行

④現地ビジネス視察のコーディネート

音声4千語が収録されたミャンマー語単語帳ヤンゴンのマップ付き持ち歩きポケットガイドを紀伊國屋書店で販売中です。

ミャンマーへのビジネス進出のサポートは創立40年の日系IT企業DCRグループの「ミャンマー・コンシェルジュ」にお任せください。下の広告も参照で。

2015年1月5日 タイ自由ランド掲載

-> DCRのホームページ

 

DCRグループの「ミャンマー・コンシェルジュ」の広告

DCRグループの「ミャンマー・コンシェルジュ」の広告

 

 

今、世界中から高い関心を持たれているミャンマーへのビジネス進出を創立40年を超える日系IT企業DCRグループの「ミャンマー・コンシェルジュ」がサポートします。

①人材アウトソーシングサービス…弊社の現地グループ企業「MDCR」では過去数年間多くのミャンマー人をIT技術者に育成してきました。その経験を活かして、オフイス業務においても対応できるような人材を育成し、人材アウトソーシングサービスをご提供致します。
②業務支援サービス…翻訳、IT支援、営業支援
③会社設立など各種許認可の手続き代行…会社設立、店舗設立、不動産賃貸など各種手続き代行
④現地ビジネス視察のコーディネート…企業訪問先のアテンド、通訳、ホテル・レンタカー予約代行、市場調査ほか)
ご興味のある方は、貴社名、お名前、TEL、メールアドレス、お問い合わせ内容などを記載して、メールでお問い合わせ下さい。
shimemura@dot-m.co.jp

またヤンゴンのマップ付き持ち歩きポケットガイドを紀伊国屋書店で販売中です。

アイデア次第で色々な使い方ができるクラウド監視カメラ。スマートフォンやタブレットでも簡単に操作できます。例えば、お店のオーナーさんなどが外出先から携帯電話で店内の様子を見ることなどができます。

2014年12月5日 タイ自由ランド掲載

-> DCRグループのホームページ

 

注目のミャンマーへ進出支援は「ミャンマー・コンシェルジュ」がサポート

注目のミャンマーへ進出支援は「ミャンマー・コンシェルジュ」がサポート

DCRグループの「ミャンマー・コンシェルジュ」はミャンマー進出をサポート

DCRグループの「ミャンマー・コンシェルジュ」はミャンマー進出をサポート

今、東南アジアでも注目を集めているミャンマーへのビジネス進出をサポートしているのが、創立40年の日系IT企業DCRグループの「ミャンマー・コンシェルジュ」。

①人材アウトソーシングサービス(弊社の現地グループ企業「MDCR」ではすでに多くのミャンマー人をIT技術者に育成してきました。その経験を活かして、オフイス業務においても対応できるような人材を育成し、人材アウトソーシングサービスをご提供致します。

②業務支援サービス

③会社設立など各種許認可の手続き代行

④現地ビジネス視察のコーディネート

ご興味のある方は、メールでお問い合わせ下さい。

またヤンゴンのマップ付き持ち歩きポケットガイドを紀伊国屋書店で販売中です。

アイデア次第で色々な使い方ができるクラウド監視カメラ。スマートフォンやタブレットでも簡単に操作できます。

2014年11月5日 タイ自由ランド掲載

-> DCRグループのホームページ

 

DCRグループの「ミャンマー・コンシェルジュ」の広告

DCRグループの「ミャンマー・コンシェルジュ」の広告

DCR社はミャンマーのヤンゴンに駐在員で賑わう日本料理店「いずみ」経営

DCR社はミャンマーのヤンゴンに駐在員で賑わう日本料理店「いずみ」経営

ミャンマーコンシェルジュ、おしゃべりペンなど本紙広告でもお馴染みのIT企業DCR(第一コンピューターリソース)社が、ミャンマーのヤンゴンに創作和食「いずみ」をオープンしてちょうど1年が過ぎた。タイDCR社の示村社長に聞くと、お蔭さまでこの1年間で認知度も上がり、顧客数もだいぶ安定してきたという。ミャンマー人のスタッフは、真面目で学習能力が高いそうで、日本人への接客も良いようだ。

顧客のほとんどが日本人のヤンゴン駐在員もしくは出張者で、2階の個室は駐在員の宴会や会食によく使われている。

また日本の漫画や雑誌も豊富に取り揃えたり、カウンターで日本のテレビが見られるようになっていて、1人でも気軽に入りやすい雰囲気も好評だ。

ブラジルワールドカップの時は、日本戦の時間に合わせ早朝から営業し、多くの日本人が集まり、在ヤンゴン日本人の集いの場としても、徐々に定着してきている。

示村社長の話では、今ヤンゴンでは日本料理店の出店が多く競争が激しくなっており、各店それぞれ特色を出し差別化していく必要があるという。

いずみのお勧めは専用の養鶏場で丹念に育てた焼き鳥・鶏料理。また日本酒を豊富に取り揃えているのも自慢だ。

いずみの場所はヤンゴン随一のショッピングセンターであるジャンクション・スクエアからも徒歩圏という好立地だが、ミャンマー人の客は、多くはないという。バンコクでは、日本人とタイ人が同じ日本料理店で日本食を楽しむ姿は、ごく普通の光景となったが、ミャンマーでは、まだ稀なようだ。

いずみの客単価はだいたい日本円にして3000円くらいだそうだが、一般のミャンマー人の月収は6~7000円なので、よっぽどの富裕層でもなければそう気軽には来れないであろうが、今後はミャンマーの富裕層も取り込んでいきたいという。

ヤンゴンは家賃の高さがネックとされるが、日本料理店にとって、まだ大きな伸びしろがあることは確かだ。

2014年10月20日 タイ自由ランド掲載

-> DCR(第一コンピューターリソース)社のホームページ

-> 創作和食「いずみ」のFacebook

 

DCR社の広告

DCR社の広告

 

 

 

「あぱまん情報」で ミャンマーのサービスアパートも紹介

「あぱまん情報」で ミャンマーのサービスアパートも紹介

バンコクでの住まいやオフィス、工場物件のほか、ミャンマーのサービスアパートの紹介もしている「あぱまん情報」。ミャンマーのサービスアパートについては、同社の山口社長(081-813-4965)までお問い合わせ下さい。日本語堪能なミャンマー人オーナーとのコネクションがあるので、言葉の心配もありません。

バンコクでサービスオフィスをさがすなら、BTSアソーク駅から徒歩5分のサーミットタワーにあるオフィスが便利でお得です。あぱまん情報が管理しているサービスオフィスで家賃のみ、というのが最大の魅力。電気、水道代、メイドサービスは家賃に含まれています。特にタイで立ち上げる日本の会社や、初めは2~3人規模で、という日本人の会社に向いています。

例えば3ヵ月からの短期契約ができるので、普通はオフィス物件だと3年契約だからその前に出て行くと保証金が戻らない、というケースがあるが、それも問題ありません。

そして、机やいすも設置されているのでカバン1つで来てすぐに仕事ができます。コピー機やミーティングルームも使えるので、日本から来た顧客対応も可能。また、会社登記などのフォローもしてもらえて、起業時のリスクを取り除ける。

2014年7月5日 タイ自由ランド掲載

ミャンマーのサービスアパートも紹介する「あぱまん情報」の広告

ミャンマーのサービスアパートも紹介する「あぱまん情報」の広告

写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。

名称未設定-10

ヤンゴンの持ち歩きポケットガイドは、名前の通りポケットに入るコンパクトなサイズで、ヤンゴンの地図も付いて観光や視察に大変便利です。

また画期的な語学教材「おしゃべりペン」に対応した、音声​付きミャンマー語単語帳を使ってミャンマー語の学習はいかがでしょうか。英語、タイ語、ミャンマー語教材が、紀伊国屋書店にて販売中。楽天、アマゾンでもご購入できます。「Active with おしゃべりペン」と検索して下さい。下の広告も参照で。

2014年6月20日 タイ自由ランド掲載

 

名称未設定-9

名称未設定-2

先日のインラック首相の失職、昨年からの反政府デモなど、なかなか政局が安定せず、経済も停滞気味のタイを尻目に、他のアセアン諸国は躍進中だ。中でもタイの両隣ラオスとミャンマーは、発展著しい。

ミャンマーへの日系企業のビジネス進出をサポートしているタイDCR示村社長によると、DCRグループのミャンマーDCRでは、4月に新入社員としてミャンマー人を50人も採用したという。社員が増えるに従い、広いオフィスが必要になるが、家賃が非常に高いのが頭の痛いところだそうだ。1年契約で1年分前払いというのが普通で現在オフィスの相場は、坪1万円くらいで東京と大差ない状態という。ヤンゴンのオフィス不足は、ミャンマー経済が活況を呈している証でもある。

アセアン諸国の中で、昨年の経済成長率1位はラオスで8・2%。2位はミャンマーの7・5%。まだGDPの低い両国と単純比較はできないが、タイは2・87%でアセアン10カ国中9位。10位は資源国ブルネイなので、実質最下位という感じだ。

ミャンマーが外国投資への門戸を開いたのは、ここ2年で、新しい投資先として日本でも大いに注目されたが、その後、積極的に進出しているかというと、そうでもないようだ。

示村社長は「ミャンマーへ視察に訪れる日系企業は多いですが、実際の投資となるとまだ少ない」と話す。

昨年のミャンマーへの国別投資額を見ると、中国が1位で投資総額460億ドル(約4兆6千億円)の30%(142億ドル=約1兆4千億円)を占め、2位がタイで21%、3位香港、4位シンガポールと続く。日本は10位で0・7%という低い割合だ。日本の投資額が、全体の1%以下というのは、意外な数字である。

ミャンマー投資には、インフラ整備や、法整備の遅れなど、消極的にならざるを得ない問題%

ミャンマー人でお金持ちの人は外国で医療を受けるケースが多く、タイやシンガポール、インドに出向いており、年間で60億バーツにものぼるといい、毎年増加傾向にあるという。

ミャンマーの地元紙によると、ミャンマーでは、医療の技術が低く、医療機器も整備されておらず、医師の人手不足も深刻で、大病院であるヤンゴン・ジャネラル・ホスピタルでも、手術は待ちの状態が続き、調べるためのスキャンでさえ、待たなくてはいけない状態。

このため、お金のある人はタイやシンガポールなどに向かい、高度な医療を受けている。

このような状況のため、タイやマレーシア、シンガポールなどの民間病院がミャンマーでの投資を実行中で、ミャンマーでの医療整備の後押しをしている。

2014年5月20日 タイ自由ランド掲載

名称未設定-7

ミャンマーへのビジネス進出を創立40年の日系IT企業DCRグループの「ミャンマー・コンシェルジュ」がサポートします。

①人材アウトソーシングサービス(弊社の現地グループ企業「MDCR」では過去数年間多くのミャンマー人をIT技術者に育成してきました。その経験を活かして、オフイス業務においても対応できるような人材を育成し、人材アウトソーシングサービスをご提供致します。)

②業務支援サービス(翻訳、IT支援、営業支援)

③会社設立など各種許認可の手続き代行(会社設立、店舗設立、不動産賃貸など各種手続き代行)

④現地ビジネス視察のコーディネート(企業訪問先のアテンド、通訳、ホテル・レンタカー予約代行、市場調査ほか)

ご興味のある方は、貴社名、お名前、TEL、メールアドレス、お問い合わせ内容などを記載して、メールでお問い合わせ下さい。 shimemura@dot-m.co.jp

そのほか、音声4千語が収録されたミャンマー語単語帳が、紀伊國屋書店で発売中です。ミャンマー語学習にお役立てください。またヤンゴンのマップ付き持ち歩きポケットガイドも紀伊国屋書店で販売中です。

2014年5月5日 タイ自由ランド掲載

名称未設定-6

海外企業の進出ラッシュが続くヤンゴンでは、オフィスが慢性的に不足気味で進出企業にとって頭の痛い所ですがミャンマーへのビジネス進出を創立40年の日系IT企業DCRグループのミャンマー・コンシェルジュがサポートします。

①人材アウトソーシングサービス(弊社の現地グループ企業「MDCR」では過去数年間、多くのミャンマー人をIT技術者に育成してきました。その経験を活かして、オフイス業務においても対応できるような人材を育成し、人材アウトソーシングサービスをご提供致します)

②業務支援サービス(翻訳、IT支援、営業支援)

③会社設立など各種許認可の手続き代行(会社設立、店舗設立、不動産賃貸など各種手続き代行)

④現地ビジネス視察のコーディネート(企業訪問先のアテンド、通訳、ホテル・レンタカー予約代行、市場調査ほか)

そのほか、ミャンマー語を早くマスターするための音声​4千語付き単語帳を紀伊國屋書店で販売中です。

2014年3月20日 タイ自由ランド掲載

名称未設定-5

名称未設定-4

今、東南アジアで最も注目を集めているミャンマーへのビジネス進出をサポートしているのが、創立40年の日系IT企業DCRグループの「ミャンマー・コンシェルジュ」。

①人材アウトソーシングサービス(弊社の現地グループ企業「MDCR」では過去4年間で約200名のミャンマー人をIT技術者に育成してきました。その経験を活かして、オフイス業務においても対応できるような人材を育成し、人材アウトソーシングサービスをご提供致します。

②業務支援サービス

③会社設立など各種許認可の手続き代行

④現地ビジネス視察のコーディネート

ご興味のある方は、貴社名、お名前、TEL、メールアドレス、お問い合わせ内容などを記載して、メールでお問い合わせ下さい。
ミャンマー語を早くマスターするための音声​4千語付き単語帳を9月から発売予定です。

アイデア次第で色々な使い方ができるクラウド監視カメラ。スマートフォンやタブレットでも簡単に操作できます。例えば、お店のオーナーさんなどが外出先から携帯電話で店内の様子を見ることなどができます。ください。

2013年10月20日 タイ自由ランド掲載

名称未設定-3