Category Archives: パタヤの生活情報

タイのバンコクでフリーコピーを発行する「タイ自由ランド」が、パタヤの生活情報を提供しています。

パタヤ市内に電車を!

スワンナプーム空港から車で1時間ほどあれば行けるパタヤ。ウタパオ空港の利用も解禁となり、今後は中国人観光客などがダイレクトでパタヤに向かうことも多くなる。

パタヤは以前の歓楽の街のイメージから変貌を遂げ、家族でも楽しめる街へと変わっている。さらに周辺には様々なアトラクション施設が登場し、ビーチもジョムティエンにまで広がり、バンコクに住むタイ人にも魅力のあるものへと変貌している。

一方、パタヤ市内の足といえば、乗り合いタクシーが以前と同じように走っている。どこででも乗ることができて1回20バーツ。外国人にとってはちゃんと目的地へ行ってくれるのか不安ではある。

また、パタヤのとなりの街、シラチャーは、日本人の居住が急増しており、その多くが周辺の工業団地に通う工場勤務の駐在員などだ。その居住範囲もシラチャーからレムチャバン、さらにはパタヤへと広がっており、パタヤで購入のコンドミニアムを探す駐在員などもいる。

そんななか、タイ東部特別経済地区グループのカリン氏が、今年8月に内閣にはかった提案によると、パタヤ市内の鉄道網を今後、充実させていく、というものがあった。

いわゆる市内電車のことで、バンラムンのスクムビット通りが始発で、北パタヤ通りを通り、ビーチロードとセカンドロードを循環するというもの。約8kmの行程で費用は80億バーツと割り出している。高架鉄道ではなく、路面電車でもよいとしており、費用をかけずに短期間で建設できるものを!としている。これにより、渋滞の解消につながり、さらには外国人観光客が乗りやすくなり、また高齢者や障害者も使いやすいものとなる、としている。

将来的にはバンコク~マプタプットの高速鉄道と連絡できるようになれば、としており、現在は内閣承認待ちの状態が続いている。

2016年11月5日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース

->交通網の整備


 

->路線整備の情報

->タイのニュースの情報

中国人の勢いが再びパタヤに!

パタヤでは現在、ジョムティエンビーチの道路を整備しており、観光客が急増しているビーチを見栄えよくしている。浜辺に茂っていた木々もざっくり切り落とし、歩道が整備されている。

激減したといわれる中国人観光客だが、パタヤの週末の状況を見ていると、観光バスが次々にジョムティエンにもやって来ており、また勢いを取り戻しつつあるのがわかる。

しかし、観光バスにOAトランスポートのバスは見つからない。

ジョムティエンでは一歩、通りを入ると、建設中のコンドミニアムなどがあちこちにあり、さら地になっているところも多い。将来的に中国人需要をあてこんで、格安のホテルを建てているところもあるようだ。今後はますます、パタヤ→ジョムティエンへ、ビーチ&宿泊の比重が高まりそうだ。

2016年85日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース


 

->タイのニュースの情報

パタヤナビツアー不動産の7月のオススメ賃貸物件

パタヤではサービスアパートが非常に少なく、ほとんどの物件は部屋ごとにオーナーが違うコンドミニアム形式となっております。その為、同じ間取りでも家具や内装が異なり各部屋オーナーがその時点での相場を考慮し決めますので家賃額も異なってきます。

このような事情によりパタヤナビツアー不動産ではコンドミニアム賃貸に関し各種サービスを付加したパッケージサービスをご提供致しております

入居前の各種サービスの申し込み、サポート~退去時の解約手続きまで弊社が行いますのでコンドミニアムの部屋をサービスアパートと同じ環境にてお住まい頂けます。

■以下のサービスの中よりお選び下さい:
*Wifiインターネット、ケーブルTV *日本のTV*部屋掃除
*ベッドシーツ交換 *衣類の洗濯 *ウォシュレット *浄水器 *電気・水道代金

その他ご要望に応じパッケージ対応致します。
賃貸から購入に関するお問い合わせはパタヤナビツアーまでお問い合わせ下さい。

2016年7月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> パタヤナビツアー不動産のホームページ

-> タイで不動産仲介

->パタヤの話題

->コンドミニアムの掲示板

->新規コンドミニアム販売

->貸します情報

->賃貸アパート物件紹介

->賃貸アパートの仲介

 

パタヤナビツアー不動産の広告


 

->パタヤの新築コンドミニアムの情報

->パタヤの賃貸アパートの情報

->パタヤの賃貸マンションの情報

 

パタヤ・マラソンは7月17日

バンコクから最も近いビーチリゾートでもあるパタヤで7月17日(日)にマラソン大会が開かれます。3・7kmのキッズランからクォーターマラソン、ハーフマラソン、フルマラソンまでの4種類を行います。参加料金は500バーツ、800バーツ、1000バーツ、事前申し込みは400バーツ、500バーツ、700バーツなど距離別の料金になっています。

早朝4時スタートなので、前日までに現地入りしておいた方がいいでしょう。

2016年620日 タイ自由ランド掲載

 

->パタヤ・マラソンのホームページ

-> パタヤ・マラソンのFacebook

->パタヤの話題

->催し、イベント

-> 旅行、トラベル

 

名称未設定-9


 

->イベントの情報

->パタヤの情報

->催しの情報

 

 


パタヤナビツアー不動産6月のオススメ物件

■まさにパタヤの中心地ど真ん中、セントラルデパート至近のセカンドロード沿いに2016年オープンしたばかりの新築。五つ星クラスの最高級コンド、ゲートを通れば敷地内は別世界の高級な空間。

出入り口ゲートはセカンドロードですが、建物2棟は50M程奥まっており比較的静かでプライベートが保たれております。ロビーは大変広く豪華、フィットネス、読書ルーム、プールは2箇所、屋上と女性に嬉しい日光の当たらないプールもあり。A棟屋上には展望台が設置されパタヤの西側の海、東側の山、北にはレムチャバン、南はジョムティエンと360度の絶景!

お部屋は内装から家具、電化製品までピッカピカの新品、人気は西向きのお部屋、パタヤビーチを一望できます。タイ人や欧米人の投資対象になっておりほぼ完売しましたがまだわずかにプレセールの部屋もあり250万バーツ~、購入後の賃貸にも出しやすく弊社のオススメ物件です!!!

現在の賃貸相場も1ベッドルームで20000バーツ~、2ベッドルームで45000バーツ~と割安感が感じられます。

賃貸から購入に関するお問い合わせはパタヤナビツアーまでお問い合わせ下さい。

2016年6月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> パタヤナビツアー不動産のホームページ

-> タイで不動産仲介

->パタヤの話題

->コンドミニアムの掲示板

->新規コンドミニアム販売

->貸します情報

->賃貸アパート物件紹介

->賃貸アパートの仲介

 

名称未設定-7


 

->パタヤの新築コンドミニアムの情報

->パタヤの賃貸アパートの情報

->パタヤの賃貸マンションの情報

 

ジョムティエンにできたニンジャ・バーベキュー・ビュッフェ

海といえば、タイの近場リゾート、パタヤーだが、そのとなりのビーチがジョムティエンビーチ。最近はバンコクからタイ人がどっと押し寄せ、また、中国人の観光バスも大挙やって来て、週末や連休などはシービューのレストランはメチャ混みの状態となっている。

そんななかで、ニンジャ・バーベキュー・ビュッフェが新規オープンしたので紹介しよう。

パタヤに3店ほどある激安のムーカタ食べ放題の店だが、今回はジョムティエンに登場した。1~2階の大型の店で、駐車場もあり、道沿いには観光バスなども停められるので、中国人のツアーなども今後、押し寄せてきそうだ。

199バーツと399バーツの2種類があり、炭火焼きが食べられるのは399バーツ。シャコ、カニ、えび、貝など、399バーツなら十分に元が取れる内容で、ムーカタよりも炭火焼一直線がよいだろう。シャコも甘くてやわらかい! ムール貝もとにかく大きい!

時間制限もなく、1人399バーツのほか、飲み物は別途。氷が50バーツ。そのほかはサービス料などなし。

シービューというわけではないが、シーフード、特にシャコをがつがつ食べれば十分に価値がある食べ放題だ。
℡ 062‐604‐6633(タイ語)

2016年5月20日 タイ自由ランド掲載

 

->ニンジャ・バーベキュー・ビュッフェのページ


 

->シャコ食べ放題の情報

->かに食べ放題,の情報

->パタヤで食べ放題の情報

->パタヤのシーフードの情報

 

 

 

タイの不動産調査会社などによると、パタヤの新規コンドミニアム販売は現在、停滞しており、大手開発デベロッパーなどは経済回復を待っている状態。過去4年ほどで1年当たり15000ユニットは新規で販売されていたが、2015年は8500ユニットにとどまり、新規物件を控えている状態だ。

それでも、建設された新規物件の全体のうち26%は売れ残っており、その販売が現在は主流になっている。

景気の低迷を受けてバンコクに住むタイ人などの購入が減り、またロシア人の購入も減っている。

特に打撃を受けているのはナージョムティエンの地域で、販売は振るわず、すでに6400ユニットが出回っているが、どのデベロッパーも新規の物件は、景気回復を待っている状態。すでにさら地にしているところも多いが、計画の見通しは立たない。

来年の2017年には、景気回復とともにパタヤの新規コンドミニアム販売も回復すると見られるが、まだ流動的だ。

 

2016年5月20日 タイ自由ランド掲載

 

->タイのニュース

->コンドミニアムの掲示板

->新規コンドミニアム販売

->「貸します」情報

->賃貸アパート物件紹介

->賃貸アパートの仲介

->賃貸オフィス仲介


 

>新築コンドミニアムの情報

->新規コンドミニアムの情報

->パタヤの新築コンドミニアムの情報

->コンドミニアムの情報

 

パタヤで不動産購入する日本人が増えてます

世界でも有数のビーチリゾートであるパタヤは都会と自然の両面を合わせ持ち、国際空港からのアクセスも良く首都バンコクにも近い、1年中暖かく物価も安い。世界でもハワイと並びリピート率の高いパタヤは今後も人口増加が見込まれ開発が進む事が確実視されております。

 

大型ショッピングモールのハーバーパタヤもオープン、パタヤ初のマックスバリュもあります。

またバンコクアソークにあるターミナル21もパタヤに建設を開始したとの事です。

 

スクンビット通リとセントラルロードの交差点にはバイパス工事が進んでおり、既にビーチロードでは1車線増やし交通渋滞が緩和、歩道も広く綺麗になり午前中はジョギングや散歩する人々で賑わってます。以前のような夜の部分の強いイメージを一部の地域以外は払拭しつつあります。

また市内主要箇所にバイパスや立体交差など道路整備も進んでおり、年々増加する観光客、人口の増加に備えている状況です。

 

既に欧米人、タイ人などの投資の対象となっておりますがまだまだ他国に比べれば割安、不動産購入し賃貸に出している部屋オーナーが年々増えております。不動産価格も年々上昇中の今、少しでも早く購入してとりあえずは賃貸に出しておく、銀行に現金を預けておくよりは良い、と考えられていると推測されます。

ここ1~2年は日本人の方々もビーチリゾートでのセカンドハウス、購入して賃貸に出す、リタイヤ後の住居として先に買っておく等、購入される方が年々増えてます。

 

購入から不動産登記、その後の部屋管理まで日本人スタッフがお手伝い致します。

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

 

2016年5月5日 タイ自由ランド掲載

 

 

-> パタヤナビツアー不動産のホームページ

-> タイで不動産仲介

->パタヤの話題

->コンドミニアムの掲示板

->新規コンドミニアム販売

->貸します情報

->賃貸アパート物件紹介

->賃貸アパートの仲介

 

 パタヤナビツアー不動産の広告


 

 

->パタヤの新築コンドミニアムの情報

->パタヤの賃貸アパートの情報

->パタヤの賃貸マンションの情報

 

 

”Centric Sea”パタヤで買うならこの物件!

クリックすると拡大してご覧いただけます

■セントラル地区のセカンドロード沿いに2015年オープンしたばかりの新築。

パタヤ市内中心地では最も高い建物で高層の2棟と低層の1棟の計3棟から成る敷地内は大変広く中心地にもかかわらず静かな環境が保たれておりセキュリティ、スタッフも対応も行き届いており物件管理も非常に良いので安心して居住する事が出来ます。
 

近隣には高層の建物がなくお部屋からの眺めは絶景のオーシャンビュー。ビーチロードの北から南まで一望、北はレムチャバン、西の沖合にはラン島、南はジョムティエンまで見渡せます。

お部屋は内装から家具、電化製品までピッカピカの新品。最上階屋上にはプールにフィットネスがあり海を見ながらエクササイズ! 広~いガーデンもありお子様と散歩も出来ます。

まだプリセールの部屋もあり240万バーツ~、リセールの部屋でも1ベッド300万バーツ~とこの物件、スペックでは割安感があります。パタヤの数あるコンドミニアムの中でも値崩れしにくく相場も上がっていくのでは。一番堅い物件かと思われます。

購入後の賃貸にも出しやすく弊社のイチオシ物件 !!!
現在の賃貸相場も1ベッドルームで22000バーツ~、2ベッドルームで45000バーツ~と割安感が感じられます。

賃貸から購入に関するお問い合わせはパタヤナビツアーまでお問い合わせ下さい。

2016年4月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> パタヤナビツアー不動産のホームページ

-> タイで不動産仲介

->パタヤの話題

->コンドミニアムの掲示板

->新規コンドミニアム販売

->貸します情報

->賃貸アパート物件紹介

->賃貸アパートの仲介

 

パタヤナビツアー不動産の広告


 

->パタヤの新築コンドミニアムの情報

->パタヤの賃貸アパートの情報

->パタヤの賃貸マンションの情報

一時は活況を呈していたパタヤの新規コンドミニアムはここ1~2年、停滞気味で、タイの景気低迷に加え、パタヤで大きな比重を占めるロシア人が45%減となったことも大きい。ルーブル安により、帰国する在タイロシア人や旅行者減が大きく響いている。

現在、パタヤでのコンドミニアムの全部屋数は65430室で現在、建設、計画中の物件は30000室あるが、買い手がなかなかつかないためオープンをずらすところや、工事を中断するところも出ている。

2016年3月5日 タイ自由ランド掲載

 

->タイのニュース

->コンドミニアムの掲示板

->新規コンドミニアム販売


 

->タイのニュースの情報

->コンドミニアムの情報

->パタヤのコンドミニアム売買

 

 

「パタヤナビツアー不動産」ではパタヤでの各種パッケージサービス承りますクリックすると拡大してご覧いただけます

パタヤではサービスアパートが非常に少なく、ほとんどの物件は部屋ごとにオーナーが違うコンドミニアム形式となっております。その為、同じ間取りでも家具や内装が異なり、各部屋オーナーがその時点での相場を考慮し決めますので家賃額も異なってきます。

このような事情により「パタヤナビツアー不動産」ではコンドミニアム賃貸に関し各種サービスを付加したパッケージサービスをご提供致しております

入居前の各種サービスの申し込み、サポート~退去時の解約手続きまで弊社が行いますのでコンドミニアムの部屋をサービスアパートと同じ環境にてお住まい頂けます。

■下記サービスの中よりお選び下さい。
*Wifiインターネット ケーブルテレビ *日本のテレビ *部屋掃除 *ベッドシーツ交換 *衣類の洗濯 *ウォシュレット *浄水器 *電気・水道代金

その他ご要望に応じパッケージ対応致します。

2016年3月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> パタヤナビツアー不動産のホームページ

-> タイで不動産仲介

->パタヤの話題

->コンドミニアムの掲示板

->新規コンドミニアム販売

->貸します情報

->賃貸アパート物件紹介

->賃貸アパートの仲介

 

パタヤナビツアー不動産の広告


 

->パタヤの新築コンドミニアムの情報

->パタヤの賃貸アパートの情報

->パタヤの賃貸マンションの情報


 

名称未設定-6

海辺のレストランというと、パタヤやジョムティエンに多いが、わざわざジョムティエンまで行かなくても、パタヤの入り口にもこんな店がありました!

JE JUK」というシーフード・タイレストラン。スクムビット通り沿いでハイウェイに向かう別れ道のすぐそば。

JE JUK2とJE JUK3があり、どちらも海辺のレストラン。

例えば、パタヤからシラチャーに向かうと、左手に看板があり、左折して入っていきます。奥の方まで行くと、大きな駐車場があり、オープンエアの席が広がっています。とってもぜいたくなテーブルの配置。まさに海沿いのレストランです。

シーフードがとってもリーズナブルで、子犬の持ち込み可。まさにプライベートビーチのそばのレストランという感じ。昼間はあまり人も来なくて、夕方からは結構、タイ人が押し寄せてきます。

この店は、バンサレーにもあり、パタヤ周辺に4店舗ほどあるようです。大衆っぽい店ですが車で行くには行きやすい所です。シラチャーからなら25分ほどだから、近いです。

2016年2月20日 タイ自由ランド掲載

 

★★ 関連リンク ★★

Je Juk (Jae Jook) Seafood Pattaya Pattayaconcierge.com

Je Juk Restaurant TripAdvisor


->Je Juk の情報

->パタヤの情報

->パタヤのシーフードの情報

->タイ料理の情報

 

 


パタヤでコンドを購入する日本人増加!4月までは税金優遇プロモーションあり

世界でも有数のビーチリゾートであるパタヤは都会の部分と自然の両面を合わせ持ち、国際空港からのアクセスも良く首都バンコクにも近い、1年中暖かく物価も安い。世界でもハワイと並びリピート率の高いパタヤは今後も人口増加が見込まれ開発が進む事が確実視されております。

タイ国内にて最初に高速鉄道が開通予定のパタヤ(バンコク―パタヤ間40分)、既にビーチロードは1車線増やし交通渋滞が緩和、歩道も広く綺麗になり午前中はジョギングや散歩する人々で賑わってます。以前のような夜の部分の強いイメージを一部の地域以外は払拭しつつあります。

また市内主要箇所にバイパスや立体交差など道路整備も進んでおり、来るべき高速鉄道開通と共に見込まれる観光客、人口の増加に備えている状況です。既に欧米人、タイ人などの投資の対象となっておりますがまだまだ他国に比べれば割安、不動産購入し賃貸に出している部屋オーナーが年々増えております。不動産価格も年々上昇中の今、少しでも早く購入してとりあえずは賃貸に出しておく、銀行に預けておくよりは良い、と考えられていると推測されます。

ここ1~2年は日本人の方々もビーチリゾートでのセカンドハウス、購入して賃貸に出す、リタイヤ後の住居として先に買っておく等、購入される方が年々増えてます。

「パタヤナビツアー不動産」は購入から不動産登記、その後の部屋管理まで日本人スタッフがお手伝い致します。まずはお気軽にお問い合わせください。

2016年2月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> パタヤナビツアー不動産のホームページ

-> タイで不動産仲介

->パタヤの話題

->コンドミニアムの掲示板

->新規コンドミニアム販売

->貸します情報

->賃貸アパート物件紹介

->賃貸アパートの仲介

 

パタヤナビツアー不動産の広告

 

 

名称未設定-2

「パタヤ・ドリームホーム」からまもなく完成する注目物件情報です。

スクムビット・ソイ49のアクア近くに映画室、カラオケルーム、露天風呂、スカイバーベキューなどの施設を備えた豪華コンドミニアム「Liv@49コンドミニアム」が3月から入居可能となっていますが、ただいま早期ご予約受付中です。日本人担当まで、お気軽に問い合わせ下さい。

ほかにも様々な物件があるので、一部を紹介いたします。

①スクムビット31の賃貸物件「サイアミーズジョイア」、②ベッドルーム、71㎡、家賃5万5千バーツ、フジスーパー2号店近くで買物や食事も便利です。

②スクムビットの高級高層コンドミニアム「Hコンド@スクムビット・ソイ43」、2ベッドルーム、73㎡、家賃6万バーツ。BTSプロンポン駅から徒歩10分。トップススーパー近く、ソイ47のレインヒルにも近く買物や食事にも便利。1ベッドルームのユニットもあります。

③販売物件。トンロー・ソイ18の「クローバートンロー」、2ベッドルーム、75㎡、9階の角部屋。テナント賃貸中で6%の確定リターン。投資用物件をお探しの方に。

2016年2月5日 タイ自由ランド掲載

->パタヤの話題

->コンドミニアムの掲示板

->新規コンドミニアム販売

->貸します」情報

->賃貸アパート物件紹介

->賃貸アパートの仲介

 

名称未設定-1

 

 

 

パタヤナビツアー不動産  1月のオススメ物件クリックすると拡大してご覧いただけます

■セントラル地区のセカンドロード沿いに2015年オープンしたばかりの新築。

パタヤ市内中心地では最も高い建物で高層の2棟と低層の1棟の計3棟から成る敷地内は大変広く中心地にもかかわらず静かな環境が保たれておりセキュリティ、スタッフも対応も行き届いており物件管理も非常に良いので安心して居住する事が出来ます。近隣には高層の建物がなくお部屋からの眺めは絶景のオーシャンビュー。ビーチロードの北から南まで一望、北はレムチャバン、西の沖合にはラン島、南はジョムティエンまで見渡せます。お部屋は内装から家具、電化製品までピッカピカの新品。最上階屋上にはプールにフィットネスがあり、海を見ながらエクササイズ! 広~いガーデンもあり、お子様と散歩も出来ます。

まだプレセールの部屋もあり240万バーツ~、リセールの部屋でも1ベッド300万バーツ~とこの物件、スペックでは割安感があります。パタヤの数あるコンドミニアムの中でも値崩れしにくく相場も上がっていくのでは。一番堅い物件かと思われます。購入後の賃貸にも出しやすく弊社のイチオシ物件!!!

現在の賃貸相場も1ベッドルームで22000B~、2ベッドルームで45000B~と割安感が感じられます。賃貸から購入に関するお問い合わせは「パタヤナビツアー」までお問い合わせ下さい。

2016年1月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> パタヤナビツアー不動産のホームページ

-> タイで不動産仲介

->パタヤの話題

->コンドミニアムの掲示板

->新規コンドミニアム販売

->貸します情報

->賃貸アパート物件紹介

->賃貸アパートの仲介

 

名称未設定-9

 

 

 

 


バンコク、パタヤの不動産情報なら「パタヤ・ドリームホーム」の日本人担当まで、お気軽に問い合わせ下さい。

★バンナー、角部屋あり、土地付き2階建てタウンハウス、100㎡3BR 、今なら350万バーツ

①パタヤの高級コンド『センタラアヴェニューレジデンス』1BR3階プールビュー、2016年1月完成の新築物件が499万バーツ

②エリートカード提携コンドミニアム、20年間の長期ビザ付きです。サウス・ポイント、スタジオ30平米、2016年半ば完成予定は299万バーツ

③バンコクのトンローソイ18、クローバー・トンロー2BR、75㎡9階角部屋、テナント賃貸中6%の確定リターン720万バーツ

④スクムビットの高級高層コンド、Hコンド@スクムビット43、2BR、76㎡、北向き角部屋。プロンポン駅から徒歩10分1500万バーツ。

2016年1月5日 タイ自由ランド掲載

->パタヤの話題

->コンドミニアムの掲示板

->新規コンドミニアム販売

->貸します」情報

->賃貸アパート物件紹介

->賃貸アパートの仲介

 

名称未設定-4

クリックすると拡大してご覧いただけます

名称未設定-12

クリックすると拡大してご覧いただけます

■セントラル地区のセカンドロード沿いに2015年オープンしたばかりの新築コンドミニアム

パタヤ市内中心地では最も高い建物で高層の2棟と低層の1棟の計3棟から成る敷地内は大変広く中心地にもかかわらず大変静かな環境が保たれており物件管理も大変良いので安心して居住出来ます。

近隣には高層の建物がなくお部屋からの眺めは絶景のオーシャンビュー。ビーチロードの北から南まで一望、セントラルデパートのビルが低く感じます。また北はレムチャバン、西の沖合にはラン島、南はジョムティエンまで見渡せます。

お部屋は内装から家具、電化製品までピッカピカの新品。最上階屋上にはプールにフィットネスがあり海を見ながらエクササイズ!

まだプレセールの部屋もあり240万バーツ~、リセールの部屋でも1ベッド300万バーツ~とこの物件、スペックでは割安感があります。パタヤの数あるコンドミニアムの中でも値崩れしにくく相場も上がっていくのでは。一番堅い物件かと思われます。購入後の賃貸にも出しやすく弊社のイチオシ物件!!!

賃貸から購入に関するお問い合わせは「パタヤナビツアー」までお問い合わせ下さい。

2015年12月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> パタヤナビツアー不動産のホームページ

-> タイで不動産仲介

パタヤナビツアー不動産の広告

 

チョンブリーパタヤの車で回るオープンズー

チョンブリー~パタヤにかけては、なぜか動物園らしきものが多くあり、シラチャのタイガーズーやパタヤのさる育成センター、象のトレッキングセンター、ひつじファームなど。そしてなんといってもはずせないのは、カオキアオのオープンズー。やはり、一度は行ってみた方がよいかなと、向かうことにしました。

パタヤに向かうハイウェイで、バンセンの表示を過ぎてしばらく行くと、カオキアオ5kmなどと表示があり、スピードを落として進み、左折します。

そして道なりにかなり行って、車で15分ほどで到着します。

オープンズーというくらいだから、アフリカのそれを想像し、車にトラが覆いかぶさってきて、セダンじゃボコボコになるのかな、と心配しましたが、恐る恐る入ることにします。

車のまま、入場料は1人100バーツ。行き先の表示があり車で進みます。

ところどころに駐車場があり、停めて、周辺の動物を見られるようになっています。車からも鳥やカバ、ひつじなどが見られますが、檻の中に入った動物は車を停めて見た方がよい。車まで動物がやって来るということはありませんでした。

タイ人家族やツアーはおそらく、まる1日かけて園内をまわるのでしょう。東京の上野動物園に何度か行ったことのある人なら、1時間半もあれば、十分でしょう。途中、とらのショーをやる場所があって、欧米人のツアーも見に来ていて期待したんですが、ショーに慣れていない感じで、ハプニングの方がおもしろく、シラチャのタイガーズーの方がショーが洗練されていると思いました。

バンコクからは車で1時間余りで行けるので、一度は行ってみるのもよいでしょう。

2015年11月20日 タイ自由ランド掲載

 

 

パタヤナビツアー不動産のオフィスもあるセントラル地区の好立地格安コンド “Euro Condo”

■セントラル地区、ビッグCエクストラ裏手の静かな環境。区画内にはコンビニ、クリーニングショップ、カシコーン銀行や日本食レストランもあり大変便利、スクムビット通リへは裏道で2~3分、高速7号線まで5分とかからず通勤の便も抜群。

またコンドミニアムの1階にはパタヤナビツアー不動産のオフィスもあり安心です。

会社名義にて年間契約して頂ければ人の入れ替わりも可能、会社の寮としてご利用頂けます。
1ベッドルーム 62㎡
15000バーツ ~、
2ベッドルーム 92㎡
25000バーツ ~
家具、電化製品一式付き。

*インターネット、日本のTV、部屋掃除、ウォシュレット、浄水器などの各種サービスはご希望に応じてパッケージ対応致します。

 

2015年11月5日 タイ自由ランド掲載

-> パタヤナビツアー不動産のホームページ

-> タイで不動産仲介

名称未設定-4

パタヤでシーフードという時には「プリチャー・シーフード」

パタヤでシーフード、というとグーグルで検索すると、上位に出てくるのが「プリチャー・シーフード」という店。パタヤからさらにジョムティエンを通り越してたどりつく店で、今回、さっそく行ってみることにしました。

車で行く場合、場所は非常にわかりづらい。「4パーク・水上マーケット」や「MIMOSA」を通り過ぎて、バーン・アンプービーチのそば。タイ‐オーストラリアの国旗が見えたらUターンし、ナージョムティエンのソイ30、あるいは28を入ります。

道なりに行くと「プリチャー・シーフード」と大きな看板があります。

タイ人にはとても有名店らしく、週末は午前11時前でも、駐車場にかなりの台数が停まっています。簡易の造りで大きく広く、入り口には大きな水槽の中にかに、えび、魚類が入っています。

海沿いの席はほぼ埋まっていましたが、空いていた残り1つに着席。海を見渡すと、まるでプライベートビーチのように澄んでいてきれい。パタヤのビーチとは思えない。スピードボートも停まっていて確かに店のプライベートな空間のよう。う~ん、こんなシチュエーションなら料理がおいしければ、わざわざでも人はやって来るでしょう。

オーダーした海鮮はどれもハズレなしで値段も高くなく、1人当たりリオビール込みで、450バーツほどでしょうか。

ただ少し気になったのは、4、5人以上の席が主体で、1人や2人で来ると、4人以上の席に座ることになるので、ちょっと居心地は悪い。はやっていない店なら、そんな席を独占できるのですが、混んでくると、気になりますね。

ということで、この店は、「パタヤでシーフード」という時に、車でジョムティエンに足をのばし、まだ行ったことのない人を連れて、4人以上で繰り出すにはよいかも知れません。

 

2015年11月5日 タイ自由ランド掲載