タイ国内交通網整備

3路線は日本が契約勝ち取る?

更新日:

LINEで送る
Pocket

鉄道敷設でタイ政府は日本政府と交渉へ。

12月にタイ政府は中国と鉄道敷設の覚書を交わし、ノンカイ-コラート-ケンコーイ-マプタプットの734kmとケンコーイ-バンコクの133kmについて、今年から7年かけて完成させることに合意している。

続いての3路線についても中国などが関心を示しているが、タイ政府は日本とまず交渉するとしており、日本政府に配慮した形だ。

この3路線は①ターク-ピサヌローク-ペチャブーン-コンケン-ムクダハン ②カンチャナブリー-バンコク-ラヨーン ③バンコク-チェンマイ-チェンコーン となり、特にバンコク-チェンマイは中国も強い関心を示しているため、日本が契約を勝ち取るまで、まだ予断を許さない状況だ。

2015年1月5日 タイ自由ランド掲載

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-タイ国内交通網整備

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.