LINEで送る
Pocket

名称未設定-2

仕事帰りに蕎麦十番に寄った。素材から徹底的にこだわった本格的な日本の手打ち蕎麦が食べられるが、内装はモダンでひとりでも気軽に入りやすい。

豊富な種類の酒が揃っており、その酒にあう一品料理も充実しているのも売りだ。蕎麦十番は、カジュアルにも使えるし、ビジネスでの接待にも使える便利な店だ。

1階のカウンターに座った。職人がカウンター越しに蕎麦を打つのが見える。これからまさに打ち立ての蕎麦を食べられると思うと心が弾む。

海老天せいろをオーダー。待っている間、とんとんとんとリズミカルに蕎麦を切る音を聞いていると、同店のメニューに書いてある「手打ち蕎麦は一期一会」という言葉の実感が湧く。

やって来た蕎麦をまずひと口。やっぱり打ちたては違うと感動。その上品な香りをしばし堪能した。

揚げたての天ぷらはころもがしっかり素材の旨みを閉じ込めていて、口の中はサックリした食感と旨みでいっぱいになる。蕎麦屋の天ぷらはうまいといわれるのに納得。

しばし夢中で食べていたが、カウンターに座っていた先客は、蕎麦をすするときズズッと短い音を立てているのに気づいた。自分はちまちまお上品に食べていた様で、蕎麦をもっと勢いよくズズッとすすってみると、こうした方が蕎麦の香りが強くなった。ズルズルすするのではなく、ズズッと短めが粋だ。

仕事帰りに、ひとりでちょっと一杯やるならカウンター、仲間と一緒ならテーブル席もある。

3階にはモダンでスタイリッシュな個室もあり、各部屋の仕切りを取れば、最大34名までの大宴会も可能。予算内で宴会を、という場合は要予約で1000バーツ~のコース料理を利用するのもおすすめだ。

 

2016年9月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> スクムビットソイ33の「蕎麦十番」のページ

-> スクムビットソイ33の「蕎麦十番」のFacebook

->うどん、そば

->寿司十番 のFacebook

->寿司十番のページ

->タイの日本料理店

->居酒屋さん

-> 囲炉裏十番のFacebook

->囲炉裏十番のページ

-> イタリアン酒場ザ・ばーるのページ

-> イタリアン酒場ザ・ばーるのFacebook

 

スクムビットソイ33の「蕎麦十番」の広告


 

->手打ちそばの情報

->蕎麦十番の情報

Comments are closed.

Post Navigation