LINEで送る
Pocket

名称未設定-12

昔も今もタイで庶民の週末の娯楽といえば映画ではないでしょうか。今でも週末に映画館に行くと家族や友達、カップルでいっぱいです。昔、カンチャナブリの近くの田舎のお寺で無料で映画を上映していました。アーノルド・シュワルツネッガー主演の最初の「ターミネーター」だったと思います。タイの家族といっしょに楽しく見たのを覚えてます。今でもタイのお寺では、無料で子どもたちの喜びそうなおもしろい映画を無料で上映してるのでしょう。お寺で仏教とは関係ない映画が上映さるのはやっぱりアメージング・タイランドですね。

私の週末の楽しみも映画なんですが、最近は映画館ではなYouTube をテレビに映して楽しんで見ています。内容は海外のホラー映画が多いです。最近のホラー映画ではスマホやSNSが登場するのはあたりまえのようになってきました。これも時代の変化です。その中で最近見た映画に、「あれは何だ?」と思うシーンがありました。主人公の女性がやたらスマホのカメラを人に向けるとカメラの写真の枠で囲まれた人の顔が表示されたあとFacebookの画面と思われるものが表示されるシーンがありました。映画はアメリカのカップルがエルサレムの街を訪問して体験する悪夢の物語「Jeruzalem」です。

 

後で気になったので調べてみると、これは人工知能を使った最新の
Facebookの顔認識機能なんだとわかりました。これがきっかけで、Facebookの顔認識機能について調べてみると、いろいろ興味深い記事がWebで見つかりました。

米Facebookのマーク・ザッカーバーグさんは2016年8月29日(現地時間)、訪問中のイタリアのローマで恒例の「タウンホールQ&A」を開催し、現地の人々の質問に答えたそうです。その中で、今年の目標の「アイアンマンに出てくるJ.A.R.V.I.S.(ジャーヴィス)のようなAI()執事を自宅に構築すること」がどうなっているのか進捗をきかれると、「今のところ、照明と、門と、室温をコントロールできるようになっている。室温コントロールは私の声を認識して機能するようプログラムしたので、僕の妻には制御できないんだ」と答えたそうです。さらに、Facebookの人工知能(AI)研究にたずさわるエンジニアに教わって、同社が得意とする顔認識機能を採用したそうです。「うちの門に近づくと、コードを入力したり鍵を差し込んだりしなくても、(カメラに)顔を見せるだけで開く」とか。

Facebookの顔認識機能を担当する部署「AI」部門を統括している
Yann LeCunさんによると、顔が写っていない写真でも、髪の色や服装、または姿勢やよくするポーズなど様々で、日頃アップされている画像からこれらその人を認識する際の情報として利用し、人物を特定することができるそうです。このFacebookの顔認識機能はとてつもなく進化しているようです。

さらには、Facebookの人工知能(AI)研究チームがマシンビジョンと顔認識に関して、より多くのコードとフレームワーク、研究成果をオープンソース化すると2016年8月25日に発表しました。FacebookのこのAIによる技術がさまざまなアプリやソフトウェアで利用できるようになるわけです。これまでも、犯罪捜査、チケット転売防止、万引き防止、セキュリティなどで顔認識システムが利用されてきたようですが、きっとさまざまな場面でこのFacebookの顔認識機能技術が今後利用されると思います。

Facebookの顔認識機能技術、犯罪をおかした人物の逮捕や犯罪の予防に活用されるとよいと思いますが、一方では勝手に自分の顔を認識されてはプライバシーの侵害だという意見もあるようです。もしかしたら、会社や友達には秘密で息抜きでタイに遊びに来て遊んでたら、知らないうちにGoGoバーやGoGoボーイで騒いでる写真を誰かに撮られそれがFacebookでシェアされ、タイでの夜遊びがみんなにバレてしまう。そんな大変なことになるかも知れません。

顔を認識されないように変装するにはマスクとサングラスがよさそうですが’、逆にそんな格好では現場でめだってしまいますね。もう、昔のように”旅の恥は掻き捨て”なんてのんびり言ってる場合ではなく、”旅の恥はSNSで拡散”の時代なのかも知れません。みなさん気をつけましょう。また、犯罪を犯した人も何か悪いことを考えてる人も、もう簡単には逃げられません。渡る世間はSNSと顔認識機能ばかりです。

(A.Iナカ)

2016年9月20日 タイ自由ランド掲載

 

->マイクロソフトの女子高生AI「りんな」のホームページ

->タイ関連コラム

->工場の自動化

★★ 関連リンク ★★

->全力でFacebookの自動顔認識を検証してみた

->Facebook、AIマシンビジョン・顔認識コードをオープンソース化


 

->人工知能の情報

->IOTの情報

->タイ関連コラムの情報

->ロボットの情報

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.

Post Navigation