LINEで送る
Pocket

名称未設定-9

オークパンサーが過ぎて11月に入るとバンコクをはじめタイの多くの地域では降雨量がぐっと減り、いよいよ乾季となります。皆様お変わりありませんか?「」の原田でございます。

私と犬の出会いは、私が生まれた生家のお隣が中型の白いミックス犬飼っていたことにはじまり、もう50年以上になります。しかしながらそれは、自身の記憶としては無く、「ヨチヨチ歩きの私が隣家とを隔てる竹垣を潜り抜けては毎日のようにその犬と遊んでいた」という両親の話によってで、また、当時のそんな場面を写した古いアルバムの中の数枚の写真がそれを物語っています。昭和30年代後半から40年代にかけてのことですから、今のように犬を飼っている方は多くはなかったはずですが、私の周りには隣家をはじめご近所や同級生、親戚等犬を飼っているお宅が少なくなく、そんな環境で育った影響か、社会人となり一人暮らしを始めて間もなくに私自身も犬を飼 い始めました。以来今日に至るまで3匹の子を送り、今は16歳の老犬を筆頭に3匹の犬と暮らしています。

ところで皆様は犬の寿命をご存知でしょうか?犬もまた人間同様、最近では医学の進歩やフードをはじめとする生活の条件や環境がより良くなり長寿化し、大型犬で15年弱、小型犬で15年から20年といわれています。また、犬の世話は手間がかかるという点では人間の赤ちゃんと同じでいわば子育てのようなものです。しかも人間はいずれ手が離れますが、犬は成犬になっても手が離れるわけではありません。さらに老犬になればより世話が必要になります。即ち一度犬を飼い始めたならその犬は最期までその飼い主を必要とし飼い主は途中で放棄は決してできません。最期まで愛し守り抜かなければならないのです。『犬を飼う』ということはそういうことで、想像も難しい 20年後の自身の暮らしと重ねて、相当の覚悟を必要とします。ですから「わんわんらんど」では皆様に子犬をご紹介する折々に、ことに犬を飼った経験がない方にはよりそういったことをお話しするようにしています。

一方、当店でご紹介する犬は、10年以上の長いお付き合いで信頼のおけるブリーダーさんが輩出し、母乳でしっかり育ち、社会化前期が過ぎたいわゆる8週齢以降で、少なくとも2回の混合ワクチンを接種済みの子犬に限っています。「わんわんらんど」の子犬紹介は『信頼のおけるブリーダーさんのもとで正しく育てられた子犬』と『きちんと最期まで世話をすると覚悟をされた飼い主となる方』を責任を持って繋ぐというポリシーのもとに行っております。

さて、現在「わんわんらんど」には2匹のトイプードルが新しい家族との出会いを待っています。
*タイニーサイズのトイプードル シルバーの男の子(5月12日生)
通常3ヶ月前後で新しい家族のもとへ行くのですが、タイミングを逃しもう6ヶ月弱になってしまいました。顔立ちも仕草もとても可愛く、ちょっと甘ったれの男の子です。初年度の混合ワクチン3回、狂犬病ワクチン1回接種済みです。早くいいご家族が現れて欲しいと願っていますので、関心のある方は是非ご連絡ください。いろいろとご相談にものります。
*タイニーサイズのトイプードル ホワイトの女の子(8月8日生)
短く小さめのマズルと丸く大きな目、白いコートはぬいぐるみのような可愛さです。11月7日に混合ワクチンの3回目接種を予定しています。

また、私の飼っているTCUPプードル(1・7㎏)の女の子が9月21日に子供を生みました。お父さん犬もTCUPプードル(1・6㎏)なのでおそらく子供もTCUPサイズではないだろうかと予想しています。生後1ヶ月間しっかりと母乳で育ち現在は離乳食で順調に成長しています。ご紹介できる時期が来ましたらこちらも追ってお知らせします。

 

2016年11月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> 日本人向けペット、ペットショップ、子犬の情報

 

名称未設定-1


 

->わんわんらんどの情報

->ペットの情報

->ペットショップの情報

->子犬の情報

 

Comments are closed.

Post Navigation