LINEで送る
Pocket

バンコク都内では交通路線網の整備が進められているが、オレンジラインのタイ文化センター~ミンブリー21kmについては、事業費925億バーツで全体で6契約となっており、7月15日からの入札で20社が名乗りを上げている。カーン・チャーン社、ユニック・エンジニアリング社、イタリアン・タイ社、シノータイ・エンジニアリング社などで、チャイナ・コミュニケーション、チャイナレイルウェイ、チャイナステートなど中国系も入札に参加している。

この10~11月には決定し、来年早々、契約する見込みで、6契約の内容は、1 タイ文化センター~ラムカムヘン12の地下鉄部分、2 ラムカムヘン12~フアマークの地下鉄部分、3.フアマーク~クロンバーンマーの地下鉄部分、4.クロンバーンマー~ミンブリーの地上路線部分、5.メンテナンスの場所、駐車場などの整備、6.鉄道路線等の敷設などとなっている。

 

2016年8月20日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース

->交通網の整備


 

->路線整備の情報

->タイのニュースの情報

 

Comments are closed.

Post Navigation