LINEで送る
Pocket

「ジャパニーズ鍼灸クリニック」の健康コラム:姿勢筋を整えて症状改善!

人は、直立歩行をするようになってから、体にかかる重力の変化が起こり、それに伴い呼吸器系、筋肉、内臓、循環系など、体に大きな負担がかかるようになりました。

この状態により出てくる症状が、貧血・冷え性・むくみ・ぎっくり腰・首痛・肩こり・腰痛・膝痛・股関節症・ヘルニア・外反母趾などです。人間以外の動物がこれらの病気になることは極めて稀です。

また、高齢者の間で特に問題となっている「ロコモティブシンドローム」。運動器症候群の略で、筋肉や骨などの衰えで歩行などに支障を生じ要介護リスクが高まる症状です。

これらの治療に最適なのが、「抗重力筋」と呼ばれる、重力に対抗して垂直姿勢を保つために使われている筋肉を正常に保つことです。

抗重力筋は正しい姿勢を保つ、姿勢筋とも呼ばれ、高齢になるほど腰が曲がってくるのは、骨の衰えとともに抗重力筋も衰えてくるからです。

抗重力筋を健康に保てば、血流や代謝も向上し、循環器系も調子が良くなり、若さと健康を保つことができます。

ソイ33/1のジャパニーズ鍼灸クリニックでは、重力に対して負担がかからないように、疾患の治療・予防や抗重力筋・姿勢筋のケアーを行い、患者様の健康維持や介護のいらない健康づくりに努めております。

日本人責任者が日本語で丁寧にカウンセリング。初診療は無料のプロモーション中ですので、この機会にぜひどうぞ。

2016年8月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> ジャパニーズ鍼灸クリニックのFacebook

-> 医療-健康-病院-歯科

 

ジャパニーズ鍼灸クリニックの広告


 

->ジャパニーズ鍼灸クリニックの情報

->鍼灸治療の情報

 

 
 

 

Comments are closed.

Post Navigation