LINEで送る
Pocket

ワンコ目線から考えたトイレの話

こんにちは、愛犬飼育管理士の山内です。年々、子犬の問い合わせが増加しており、先月は多数の『トウィンクル犬』が、素敵な家族の一員として迎えて頂きました。
 

しつけの第一歩は、何を差し置いてでもトイレ!今回は、トイレトレーニングをする前に、ワンコの目線で、トイレに関してお話ししたいと思います。

トイレの失敗は、問題行動ではない!

まず、犬の困った行動を[問題行動]と呼んだりしますが、これは人間にとって問題になる行動であり、犬に取っては正常な行動である事は少なくない事を理解してください。
 

犬がトイレ以外の場所で排泄することを[粗相]と考える飼い主が多いと思いますが、犬はきれい好きのため、寝床では排泄をしない習性はありますが、犬は一カ所で排泄する習性はない動物なのです。

マーキングも縄張りを守って暮らす犬にとっては、ごく普通の行為ですし、強い恐怖や喜び、不安を感じたときにお漏らしする行為も自然な現象です。
 

人間は、犬がトイレを失敗した場合、叱ろうとしますが、犬にとっては失敗と考えてないのです。この点をまず理解してトイレトレーニングに取り組む事が重要です。
 

トイレトレーニングは、多数の指導方法がございますが、何よりも早く取り組む事、習性になるまで続ける事が重要です。1歳を超えると10倍の労力が必要とも言われています。ワンコの目線で考え、根気よく教え、失敗させない事が秘訣です。
 

トウィンクルでは、欧米では法律で禁止されている子犬の店頭販売は行っておりません。子犬の健康面、精神面を第一に考えた、お見合い形式を取っており、犬の社会期である生後3か月は、親兄弟と過ごさせ、ワクチン接種と健康チェックを経て、健康な子犬たちご紹介しております。
 

また、引き渡しの際には、無料でトイレトレーニングを行っております。トイレのしつけは、生後4~7か月が良いと言われております。

トウィンクル犬の自慢は、皆トイレが完璧に出来る事です。これからもトイレばっちり!家族に愛される子犬たちを送り出していきたいと思います。
 

当店では、専属ブリーダーの子犬のみご提供してるため、数もとても少なく犬種も限られております。
 

他店やブリーダーで子犬を購入され方々も遠慮なくご来店ご相談ください。トイレのしつけだけでなく、予防接種、抗体検査、帰国準備などお教えいたします。トイレは、愛される家族の一員としての第一歩!家族皆で、協力して教えてあげてくださいね。

名称未設定-19

2016年8月20日 タイ自由ランド掲載

-> TwinkleのFacebook

-> 日本人向けペット、ペットショップ、子犬の情報

 

 Twinkleの広告


 

->トウィンクルの情報

->Twinkleの情報

->ペットショップの情報

 

 

 

Comments are closed.

Post Navigation