LINEで送る
Pocket

名称未設定-2

こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第9回のテーマは、「タイ人と国際結婚 タイで先に婚姻届け編その1」についてです。

タイの役所に提出する「結婚資格宣言書」と「独身証明書(婚姻要件具備証明書)」の2種類を日本大使館で作成してもらう必要があります。

そのための必要書類が以下になります。(全て申請前3ヵ月月以内に取得したもの)

〈日本人側〉
1.戸籍謄本 1部
2.住民票 1部
3.在職証明書(公証人役場にて宣誓認証を受け、地方法務局にて認証を受けたもの) 1部
タイ在住の場合は、別途ワークパーミット 原本およびコピー1部
4.所得証明書(源泉徴収票の場合は、公証人役場および地方法務局の認証が必要) 1部
5.パスポート 原本及び身分事項ページのコピー1部

〈タイ人側〉
1.身分証明書 原本及びコピー1部
2.住居登録証 原本及びコピー1部
3.パスポート 原本及びコピー1部(なければ不要)

その他婚姻歴がある場合には、離婚登録証、氏名変更がある場合には氏名変更証、子供がいる場合には子供の出生登録証が必要になります。

これらを用意し、証明発給申請書、「結婚資格宣言書」作成のための質問書に必要事項を記載して提出します。「結婚資格宣言書」(英文)、「独身証明書」(英文)の取得が可能となります。これらをタイ語に翻訳の上、外務省の認証を受けから、各役所に提出して下さい。

2016年8月20日 タイ自由ランド掲載

 

->ビジネスサポートタイランドのホームページ

->ビザ、滞在ビザ

 

ビジネスサポートタイランドの広告


 

->ビザの情報

->ロングステイビザの情報

->法律相談の情報

 

 

Comments are closed.

Post Navigation