LINEで送る
Pocket

ディンデーンのフレッド再開発、高層コンドミニアム群に変わる!

ラチャプラロップ通りのすぐ先にあるディンデーン地区。ここには50年以上の古いアパートが大挙して残っており、この地域の開発については、タイ土地公社を中心に進められており、高層のコンドミニアムなどが順次建てられ、現在、住んでいる人たちがそこに移れるようにするという。

今年10月から、28階建てのG棟の建設に入り、完成は2018年。その後、32階のA棟、35階のD棟を2018年着工、35階のC棟などを2020年着工し、2022年までにすべての建設を済ませる。

現在、住んでいる住民向けを6546ユニットとしており、新規に住む住民向け13746ユニット。その中には公務員向けなどの物件も建設する。すでに内閣の承認を受けており、今年10月から着工する。

50年以上に渡り、代々住んでいた人などは、家賃300~3000バーツほどだったが、新しく建設されるコンドミニアムでは共益費825バーツ、固定資産税などが毎月かかり、合わせて1265バーツ~4303バーツの家賃となる見込み。

また、外部の新しく入居する公務員などが賃貸する場合は7000~8000バーツの家賃となる。

そのほか、以前からの人が購入したい場合は170万バーツほどで購入できるが、30年の長期賃借契約で、契約が切れるとまた30年の契約を結べるという。

2016年9月5日 タイ自由ランド掲載

->バンコクの開発

->タイ関連コラム

->タイのニュース


 

->タイ関連コラムの情報

->大型開発の情報

->タイのニュースの情報


Comments are closed.

Post Navigation