LINEで送る
Pocket

ダイソーはスクムビットに4店舗

タイでは60バーツ均一でお馴染みのダイソー。日本人が多く住むスクムビット界隈には、アソークのターミナル21店、トンローのJアベニュー店、ソイ26のKビレッジ店、エカマイ・ゲートウェイ店の4店舗があります。

どの店舗においても陳列商品は基本的に同じですが、客層により、売れ筋商品は違いがあります。

スクムビット界隈の店舗では、メラミンスポンジ、粘着テープクリーナーなどの生活用品とインスタント食品が、日本人主婦に良く売れているそうです。

最近、ダイソーでは車のシャンプーやワックス、ホイールクリーナーなど、車関連の商品の売れ行きが伸びていますが、これらはスクムビットの店舗より、郊外店で圧倒的に売れています。

日本人にもっと知ってもらいたいおススメ商品を聞くと、まず紹介してくれたのが「激しく光る棒」。コンサートなどで使われるペンライトで、パーティやカラオケでみんなに配れば、盛り上がることでしょう。アイデア次第でいろいろ使う機会がありそうです。

その他、座布団ジャンボ(100B)、13種類あるペットフードもおススメとのことです。

スクムビットにある4店舗の特徴を見てみると、日本人率が高いのは、トンローのJアベニュー店2階にある店舗で、隣接するヴィラ・マーケットの買い物客が多く立寄っていきます。子ども連れも多いので、お菓子がよく売れています。タイではダイソーでしか買えないお菓子もあります。

先日、立寄ったときには、レインコートや傘などが店頭に置かれており、雨季ならではの陳列になっていました。

交通の便が抜群に良いのが、地下鉄とBTSが交差するアソークのターミナル21の店舗。食料品売り場のある地下LG階にあります。

サイズはJアベニュー同様の小型店舗ですが、大きなショッピングモールの中にあるので、いつも賑わっています。

客層は、タイ人、バンコク在住の外国人、観光客と幅広く、中東からの観光客などは、日本風の食器など珍しがって買っていました。

同じくBTS直結で行きやすいのが、エカマイ・ゲートウェイ2階の店舗。この店舗は193㎡と、ゆったりとしています。

若いタイ人女性や学生が多く、コスメ関係や文房具がよく売れているようです。

Kビレッジ2階にあるダイソーも広々しています。Kビレッジは、駅から離れていますが、広い駐車場があるので、車で行くには便利です。

Kビレッジは週末は、食事や買い物に訪れるタイ人や外国人家族でにぎわいます。家庭用品、食品、コスメ、まんべんなく売れていて、車で来る人が多いためか、一度に大量に購入していく傾向があるようです。

日本と同じダイソーが近くにあるのは、何かと心強いものです。新商品も頻繁に登場していますので、ぜひお近くのダイソーへ行ってみてください。

2016年8月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> DAISOのホームページ

-> DAISOのFacebook


 

->60バーツショップの情報

->ダイソーの情報

->60バーツ均一の情報

Comments are closed.

Post Navigation