タイのニュース タイ国内交通網整備 新規コンドミニアム

BTS駅沿いでコンドミニアム、資産価値上がる

更新日:

LINEで送る
Pocket

スクムビットなど、都心ではコンドミニアムの高値が続くが、BTSサナムパオ、アーリー、サパンクワイの各駅周辺でも、土地代はこの5年で5~25%上がっている。

プラスプロパティー社によると、5~6年前は高層コンドミニアムは1㎡当たり9~10万バーツだったが、それらの物件を現在、売買すると1㎡当たり14~15万バーツになるという。

また、これらの物件の賃貸では1㎡当たり570バーツほどで、一番人気の1ベッドルーム30㎡ほどの部屋は、1ヵ月の家賃、17000~18000バーツほどでタイ人、外国人とも需要が多く、オーストラリア人、インドネシア人、ニュージーランド人などに人気があるという。

また、2ベッドルーム65㎡では、家賃35000バーツほどになる。

2016年12月20日 タイ自由ランド掲載

->バンコクの開発

->タイのニュース


 

->大型開発の情報

->タイのニュースの情報


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-タイのニュース, タイ国内交通網整備, 新規コンドミニアム
-, ,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.