タイ国内交通網整備

第3の空港、ウタパオで始動

更新日:

LINEで送る
Pocket

パタヤからほど近いウタパオ国際空港については、交通省次官によると、1年で300万人を迎え入れられるようターミナルビルを建設中で、2015年の今年には完成の見込み。

今後、内閣にはかり、一般向けの発着を増やしていく方向だが、現在でもすでにバンコク・エアウェイズにより、サムイ島‐パタヤなどのフライトとして使われており、そのほか、チャーター機の発着などもあり1年で10万人が利用している。

今後、300万人に向けて開放する方向となり、台湾やロシアなど、パタヤ観光を主とする旅行者が多い地区が空港利用に興味を示している。

パタヤから30~40分ほどで行ける距離のため、ウタパオ国際空港の整備は同時にパタヤの観光客増にもつながる見込み。

2015年1月5日 タイ自由ランド掲載

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-タイ国内交通網整備

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.