ヨシダ不動産 不動産物件、賃貸アパートの仲介 新規コンドミニアム

ヨシダ不動産のお宅拝見の第104回 特別寄稿

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨシダ不動産のお宅拝見の第104回 特別寄稿

ヨシダ不動産のお宅拝見の第104回 特別寄稿
 

   
弊社ヨシダ不動産の販売サイトのブログより記事を抜粋します。

バンコクでは注目大型プロジェクトが昨年暮れから今年初めの間に続々と完成し、順次引き渡しが行われています。

スクムビット・ソイ23の抜群の立地『Edge Sukhumvit 23』(サンシリ社)、ソイ39のこれまた好立地『The xxxx』(サンシリ社)、BTSプルンチット駅前『Noble Ploenchit』等がその代表格となります。他にもエカマイ周辺には『Rhythm 42』、『Loft Ekkamai』等も挙げられます。

全て高級物件以上のクラスで、この5件だけで3000ユニット近くが市場に供給された事になります。都心部の高級コンドはタイ人富裕層が投資目的で購入するケースが多いので、確実に半数以上は賃貸マーケットに放出されてきます

本日はタイトルにある『Sell before transfer』について書きます。

これはプロジェクトが完成間近になり、多数のユニットが転売される際に普通に目にする文言です。transferは登記移転を意味しており、つまりは「私の購入したユニットをディベロッパーからの引き渡しの前に売りますよー。」と宣伝しているのです。(略)

一度ディベロッパーから引き渡しを受け登記してしまうと、それを販売する際には諸税がかかります。特に購入してから保有3年未満で売る際には価格の3・3%に当たるビジネスタックスが課せられます。それを転売価格に反映させると当然売却が難しくなります。というのも登記前に売却してしまえば、移転費用は価格の1%ですみます。10ミリオンバーツの価格であれば23万バーツのコスト差となりますので小さくありません。
 

と言うことで、登記移転の終わっていないユニットを「未だ登記していません。お得ですよー。」と売っているわけです。

転売目的でプリセール購入しているケースは非常に多いので、プロジェクト完成間近になるとこういった物件が大量に放出されてきます。毎年7~8%平均でプリセール価格が上昇するバンコクのコンドミニアム市場ですので、3年のプロジェクトであれば20~30%、4年のプロジェクトであれば25~40%ぐらいで転売価格が付くのですが、それらの転売価格も購入したオーナーが自由気ままに決めるので大きなバラつきが出る事になります。
 

階数、人気の間取り、方角、眺望等の客観的な評価点積み上げ方式で決まるのであれば話は簡単なのですが、そこに「俺のは素晴らしいユニットなのでこれが値段だ」といったマーケットを顧みないゴーイングマイウエイ派がいたり、「転売目的で購入したので、自分のものにして賃貸に出す気はさらさらない。早く売らなければやばい」といった尻に火がついている派がいたりするので、「何でこんなに高いの?」といったユニットや、「これは割安だね?」といったものが日々登場してきます。
 

良く調べないで前者を買ってしまうとババを掴んだことになり、後者であればそれなりに良い投資物件を得たことになります。
 

投げ売り物件もあるのでは?といった淡い期待を抱く方もいそうですが、そのような事は本当に稀で、宝くじに当たる確率ほど低いとは言いませんが、商店街のハワイ旅行に当たるぐらい低いと認識してください。
 

と言うのも、バンコク中心部のプライムエリアのプロジェクトはタイと海外の富裕層が購入しますので、残金が払えないので損切するといったタイプの人はほとんどいません。「売れなかったらプランB。登記して賃貸に回せばいいよね」となるのが普通です。そしてタイミングをみて数年後売却するのです。
 

十分な手元資金を用意せずに購入に踏み切る酔狂なバイヤーもゼロではありません。しかしながら、損切をしてコスト又はコスト割れで売却するようなケースは市場に出回ることなく取引されることが一般的なので、日本に居ながらにしてそのような情報を察知するのはまず不可能です。
 

逆にそのような情報が寄せられてきたら、「詐欺かもしれない。」と疑った方が賢明かもしれません。
 

弊社にも引き渡し間近になって「売れないので何とかして欲しい。」といったお客様からの要望が寄せられることが少なくありませんが、1~2ヵ月を切っていたりすると何ともお役に立てない結果となります。でもそういった日本人の投資家の皆様は十分な資金を持っており、投げ売りすることなく登記➡賃貸と方針転換を図っています。
 

こういったお客様から相談を受けていると、購入時にきちっとした説明を受けていないケースが多く、気の毒になるほどのひどさに同情を禁じ得ない場合も少なくありません。業者選びは投資の成功・失敗に直結しますので、慎重に行ってください。
―・―・―・―・―
「ヨシダ不動産」へのお問い合わせは下の広告を参照で。

2017年35日 タイ自由ランド掲載

 

-> ヨシダ不動産のホームページ

-> タイで不動産仲介のページ

->コンドミニアムの掲示板

->新規コンドミニアム販売

->貸します情報

->賃貸アパート物件紹介

 

ヨシダ不動産の広告


 

->ヨシダ不動産の情報

->賃貸アパート仲介の情報

->賃貸アパート斡旋の情報

->賃貸アパート紹介の情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ヨシダ不動産, 不動産物件、賃貸アパートの仲介, 新規コンドミニアム
-, , , , , , , ,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.