ヨシダ不動産 賃貸オフィス、工場レンタル

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ68回目は「ジ・オパス・トンロー」

投稿日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ68回目は「ジ・オパス・トンロー」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、68回目は、トンロー通りソイ10に位置するオフィスビル「ジ・オパス・トンロー」を紹介します。この物件は第48回でも紹介しましたがスモールオフィスをお探しの企業様に人気があるので、再び紹介いたします。

トンロー通りはバンコク有数の繁華街で、たくさんの飲食店や小売店舗、商業施設が軒を連ねています。その中には芸能人やスポーツ選手など各界のセレブが集う高級店も存在し、庶民にとっては高嶺の花となっています。また、道の両側には小 ソイが20以上存在し、ソイの中には外国人向けのコンドミニアムやアパートメントが多数建ち並ぶほか、政治家や大企業トップの邸宅もあり、ハイソサエティーの住まう街区を形成しています。そんなトンロー通りのスクムビット側から700mほど入った右側にトンロー・ソイ10があります。このソイは行き止まりではなく、エカマイやプラカノン方面に通り抜けできるのでいつも交通量が多く、賑やかな街並み。そのソイを入り50mくらいの左側に2010年竣工、総階数8階建ての「ジ・オパス」があります。ガラス張りの凹凸をもつ壁面は未来的なデザインで先進性を感じさせます。
室内に入るとエレベーターは2台あり、1階から3階の低層階には主に飲食店が入っていて、4 階以上がオフィスフロアとなっています。飲食店は寿司屋、焼肉屋、日本居酒屋などのバラエティーに富んだレストランが4~5軒ほどあるので仕事後には一献を楽しめます。界隈は日本料理レストランの激戦区であり、頻繁に店舗が入れ替わることも付け加えておきます。先月も一軒オープンしました。

このビルのテナントは40~90平米くらいの広さが中心で、社員数5 ~10人くらいの小規模な会社を対象としています。特徴的なのがオフィス家具が付属品として始めから置かれている点。通常オフィスに入居する時には机や椅子、キャビネットなどを購入しなければならないので、その分経費節減ができます。また、契約期間については通常タイの商習慣ではオフィスの賃貸期間は3年契約なのですが、ここは2年契約からOKとなっているところが大きな特徴となっています。現在日系企業の入居率は約60%以上。

前述の通り、付近には飲食店や小売店舗がたくさんあり、また徒歩3分のところに銀行も立地しているので、利便性は良いでしょう。アクセスについては、幹線道路から近く高速インターからも距離が離れてないので、郊外の工業団地の取引先や関連会社へ行くのにも苦にはなりません。また、自動車以外でのアクセスはトンロー通りをスクムビットからセンセーブ運河まで循環している赤バスかバイクタクシーなどありますが、一日中運行しているのでその点も問題はありません。

ただし、セキュリティー面は少々気になります。ビル内にはセキュリティーガードがなく、外から入ってきてエレベーターに乗って直接オフィスまで行けてしまうので、その点が借りるにあたっては検討する条件になるかと思います。また、ビルには駐車スペースが少なく、近隣の系列ビルの駐車スペースまで歩いていかなくてはならないというマイナス面もあります。気温が高いタイでは歩かされることが想像以上にストレスになってしまうことも考慮に入れたほうがよいと思います。

100平米以内で賃料が上限で6 ~7万バーツ以内におさまることからも、少人数でタイに進出してビジネスをスタートをしたいと考えている企業様にはお勧めの物件

100平米以内で賃料が上限で6 ~7万バーツ以内におさまることからも、少人数でタイに進出してビジネスをスタートをしたいと考えている企業様にはお勧めの物件と言えるでしょう。


2017年55日 タイ自由ランド掲載

-

> ヨシダ不動産のホームページ

->賃貸オフィス仲介

-> タイで不動産仲介のページ

 

名称未設定-4


 

->ヨシダ不動産の情報

->レンタルオフィスの情報

->賃貸オフィスの情報

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ヨシダ不動産, 賃貸オフィス、工場レンタル
-, ,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.