タイ関連コラム タイ関連情報 パソコン購入、修理、IT、ソフトウェア

タイに来たらまずネット接続!

投稿日:

LINEで送る
Pocket

タイに来たらまずネット接続!

タイで新しい生活を始める人が増える季節ですが、新居や新しいオフィスに、インターネットが必要ないという人は、今の時代まずいないでしょう。

コンピューターの設置や修理を行っているブループラネット(3面に広告掲載)でも、この時期はインターネット接続や設定の依頼が増えるといいます。

タイのインターネット状況は、日本と比較するとまだまだサービスもスピードも不満を感じることが多いですが、光ファイバーも登場しここ数年でかなり良くなってきています。

自分の部屋でネットを使う場合は、共有のWi-Fiを使うか、個人で部屋にネットを設置することなりますが、アパートは共有のWi-Fiというところが多く、毎月のネット使用料として500~700バーツほどアパートに払います。

個人で部屋に回線を引くことを禁じているアパートもありますが、それがアパートの収入源にもなっているからです。

使用する際はアパートから与えられたパスワードを使うという仕組みですが、気を付けたいのは、この場合、ネットで日本のテレビが見られるというサービスは受けられません。

また共有の場合、住人が一斉に使うとスピードは確実に落ちます。

Wi-Fi完備というと聞こえは良いですが、各部屋にLANを引くよりも安くコストダウンの場合もあり、ネット環境は入居してからはじめて問題がわかる事が多く、家主とトラブルになるケースが多いです。

アパートだけでなくレンタルオフィスでも共有Wi-Fiで、個人的に回線を引けないところがあるので、ネットを多用するビジネスは、事前にネット環境をチェックするのが賢明です。

個人で部屋に回線を引く場合、TRUE、TOT、3BB、SINETなどに申し込みますが、まず住んでる場所で、その会社の回線が使えるかどうか確認をしないと契約できません。入居に日系不動産屋を利用すると、申し込みまで通常やってくれます。

各社サービス内容や質、価格でしのぎを削っていますが、コンドミニアムなどでは、回線の関係で最初からTRUEが何本、TOTが何本と割り当てがあり、自分で選べないこともあります。

バンコク市内でも、エリアにより接続が安定しなかったり、回線速度に上限があったりして、タイのインターネットのインフラは、まだまだ発展途上といったところです。

顧客獲得のため各社ひんぱんにプロモーションを行い、多種多様なパッケージを提供していますが、普通に個人で使うのであれば、回線の速度は上り(アップロード回線)1Mbps(メガビットパーセカンド)以上の一番安いプランで十分といわれます。

各社の最安値を見てみるとTRUEは、下り15Mbps、上り1・5で月額599バーツ。3BBは下り10Mbps、上り1Mbpsで月額590バーツ。SINETは下り25Mbps、上り8Mbpsが月額699バーツとなっており、各社一番安い回線は、アパートの共有Wi-Fi使用料とだいたい同じです。

下り50Mbpsとか75Mbpsなどという高速回線もありますが、高い金額を払い速い回線を使っても、日本など海外のサイトを見る場合は、そこまで極端なスピードの差はでません。

理由は海外からのデータがインターネットのタイと海外との接続ポイント(インターネットゲートウェイ)を通る際、どうしてもスピードが落ちるためで、速い回線を設置しても海外のサイトは遅くなってしまうのです。

タイには複数のインターネットゲートウェイがありますが、タイ政府はインターネットゲートウェイを中国のように一本化する政策を進めています。

一本化すると一箇所で国外へのアクセスを管理できるので検閲という面では効率アップですが、インターネットゲートウェイがひとつしかないと、そこにトラブルがあったとき国外へのアクセスが麻痺してしまう危険性があります。

また今まで複数あったゲートウェイをひとつにするので、通信速度の低下が懸念されており、今後問題化しそうです。

 

2016年2月20日 タイ自由ランド掲載

 

★★ 関連リンク ★★

-> 【タイ】タイ警察がSNS監視ソフトウェアを導入

-> 海外で安全にwifiを使うための有料・無料VPNまとめ!インターネット規制にも対応!

-> タイのネット検閲が厳しくなる?シングルゲートウェイ導入をめぐってタイのネット界隈が猛反対


->インターネット接続の情報

->Wifiの情報

->日本のテレビを見るの情報

 


 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-タイ関連コラム, タイ関連情報, パソコン購入、修理、IT、ソフトウェア
-, ,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.