タイ国内交通網整備

エカマイの東部行きバスターミナルがバンナー周辺に移転へ

投稿日:

LINEで送る
Pocket

タイ交通省によると、BTSエカマイ東部行きバスターミナルについては移転の方向で、バンナートラート通り周辺で、15~20ライの土地を探している。

一方、現在、チャトチャクにある北部、東北部行きバスターミナルも移転の方向で、ランシット方面でタマサート大学あたりまでの地域としている。

予算が30億バーツにのぼるため、現在、政府の承認を待っている状態で、予算が決まれば場所の選定となる。

BTSエカマイ駅前のバスターミナルについては、手狭になっており、また、乗り入れのため、スクムビット通りの渋滞を招くなどとしており、バンナー通りへの移転が検討されているが、バンナー交差点でバンコクモールを建設中のザ・モールが近くの土地を提案しているといわれるが、合意には至っていない。

バンナー通りに移転すれば、バンコク都内に入って渋滞に合っていた分、時間が短縮され、パタヤへも2時間かからずに到着できそうだ。

移転先の完了については、立ち退き、整地などを含め建設期間3年間としている。

 

2014年8月5日 タイ自由ランド掲載

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-タイ国内交通網整備

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.