タイのニュース タイ国内交通網整備

アセアン最大のターミナルへ !地方に伸びる路線もバンスー駅に

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

アセアン最大のターミナルへ !地方に伸びる路線もバンスー駅に

タイで最大のターミナル駅として開発が進むバンスー駅。すでに地下鉄のバンスー駅でもあり、さらに、この8月開通のバンヤイ~バンスー間の駅でもある。

さらに今後、バンコク都内で開発されるバンスー~ランシット、バンスー~タリンチャン、バンスー~タープラ、バンスー~ラーブラナの基点ともなる。

さらには、地方に伸びる路線をここに集める予定で、文字通り、アセアンの最大のターミナル駅への変貌といってもよい。

バンスー駅周辺はタイ国鉄道の所有で、その305ライを開発するのに3ゾーンに分け、事業費は680億バーツ。2017年に民間企業の入札を行い、2018年より開発し、ゾーン別に順次完成し、15年ほどですべて完成の見込み。

それに伴い、バンスー駅の周辺駅でもコンドミニアムの建設等が活発で、タオプーン駅が交通の拠点としても注目されている。コンドミニアムの建設も5棟ほどがあり、3994ユニットが売り出され、1㎡当たり85850バーツが平均。

近くのチャトチャクは131500バーツ/㎡まで上がっており、比較的リーズナブルなタオプーンが人気だ。

 

2016年5月20日 タイ自由ランド掲載

->タイ国内交通網整備

->バンコクの開発

->タイ関連コラム

->タイのニュース


 

->交通網の整備の情報

->大型開発の情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-タイのニュース, タイ国内交通網整備
-,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.